Keiです。

WordPressテーマ「AFFINGER4Pro」のセールスレターを見ていると、「ん?」と思った点がいくつもありましたので、今回はその辺りについて少し。


あなたが現在「AFFINGER4Pro」に興味を持っている場合は参考にして頂ければと思います。


AFFINGER4Pro:
http://the-money.net/affinger4pro/


ちなみに先に言っておきますが、私はAFFINGER4Proを購入したわけでもありませんし、特にお勧めしたいとも思っていませんので、その点はご了承ください。

SEOテンプレートAFFINGER4の「謎の機能」


まずセールスレターを見ていて思ったのは、

「内容が分かりにくい!」

というところです。


「AFFINGER4Pro」は、“稼ぐサイトの設計図”の付録として付いてくるオリジナルなWordPressテーマであり、レターによると以下のような特徴を備えているそうです。

・デザインが簡単
・SEO対策機能・広告収入UP機能を標準装備



また、次のような要望を持っている人には最適なテーマなんだそうです。

・機能的で自由にカスタマイズできるサイトが作りたい
・見やすくリアルタイムに更新できる会社やお店のホームページを作りたい
・スマートフォンでも見やすいレスポンシブでソーシャルも活用したい
・ブログアフィリエイトやアフィリエイトサイトをしたい
・複数のタイプの異なるサイトを効率的に作成したい


まあ、まずこの時点で「初心者向けの内容じゃ無いな」とは思います。


「リアルタイムに更新できるホームページってどういうもの?」
「“レスポンシブでソーシャル”って何?」
「複数のタイプの異なるサイトって何なの?」



など疑問点が目白押しです。


辛うじて“レスポンシブでソーシャル”は意味が分かります。


Googleは2015年にモバイルフレンドリーなサイトを優遇するアルゴリズムを導入していますので、それに関する話だと思います。

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

引用:ウェブマスター向け公式ブログ


“モバイルフレンドリーなサイト”というのは、モバイル端末(スマホやタブレット端末など)でもレイアウトが綺麗に表示されるサイトの事を意味します。


そしてレスポンシブ(?)は多分“レスポンシブルデザイン”の事であり、要するに

「パソコンでもモバイル端末でもレイアウトが綺麗に表示される」

という事を意味している・・・と思われます。


ソーシャルは多分、TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で共有されやすいようにボタンが設置されていたりするんでしょう。


ですので、結局“レスポンシブ(ル)でソーシャル”とは、

・レスポンシブルデザイン対応
・ソーシャル(SNSでの共有)機能搭載


という事を意味しているんだと思います。多分。


セールスレターで紹介されているサンプルサイトにも以下のようにソーシャルボタンが記事下に表示されていますので、その事からも恐らくそうなんだろうという事が分かります。


しかし、残念ながら私の能力ではその他の

・リアルタイムに更新できるホームページ
・複数のタイプの異なるサイト


といったものが具体的にどんなサイトを指すのか、判断する事ができませんでした。

「究極の生産性」を実現するAFFINGER4Pro


AFFINGER4Proでは、普通のWordPressテーマであれば1時間もかかる作業をなんとクリック1回で実現する事ができるんだそうです。

他のWordPressテーマなら1時間かかることがAFFINGERならクリック1つ。それが何十回、何百回と重ねれば手に入れる時間は想像するまでもありません。


これは本当に凄い機能だと思います。


仮に1時間かかる作業を100回繰り返せば100時間。


AFFINGER4Proなら、仮にクリック1回に1秒かかるとしても100回繰り返して1分40秒(100秒)にしかなりません。


その差はもはや言うまでもなく歴然としています。


では、一体その「他のWordPressテーマでは1時間かかる作業」とは一体何なのでしょうか。


驚くべき事に、極めて重要であるはずのその情報がAFFINGER4Proのセールスレターには一切書かれていないのです。


何故なんでしょうか。


もしかしたら、実はそんな機能なんて無かったのかもしれません。


普通に考えれば、WordPressで1時間かかる作業なんてそうそうありませんし、そんな作業を繰り返す必要性があるのなら、それをショートカットする為のプラグインが存在していても全くおかしくないと思います。


普段のブログ記事の作成だったら1時間以上かかるでしょうが、そんなの自動化したら“稼ぐ”事は絶対不可能でしょうしね。

「稼ぐサイトの設計図」。その驚愕の内容とは?


AFFINGER4Proは、“稼ぐサイトの設計図”という

「WordPressを利用する際に常に注意すべきポイント」

の全てをまとめたマニュアルの付録になっています。


という事は、この稼ぐサイトの設計図を参考にしてAFFINGER4Proを活用していけば、必然的に“稼ぐサイト”を構築できる、という事を意味しているはずです。


稼ぐサイトの設計図の内容は以下の通りです。

・WordPress基本設定
・使用しているプラグイン
・テーマの設定
・カテゴリー
・記事の書き方
・理想のサイト構成とは?
・売る為に

ん?

何やら無料の情報でいくらでも手に入りそうなポイントが列挙されているように見えますが・・・この中に“稼ぐポイント”の全てが含まれているのでしょうか。


そして驚くべき事に、“稼ぐサイトの設計図”の内容はPDFファイルにしてわずか「33ページ」しかありません。


また、このマニュアルの注意事項として

当マニュアル及び設計資料はテーマ内容の全てを網羅したものではありません。


とも書いてあります。


これはつまり、AFFINGER4Proの説明書ではないという事を意味しているようですが、残念ながらAFFINGER4Proには専用のマニュアルは付いていません。


果たしてAFFINGER4Proを初めて利用する人はどうやってこのテーマの全体像を把握すれば良いのか、と私としては心配せざるを得ません。


まあ、特徴の1つとして「デザインが簡単」とあるぐらいですから、きっと利用すればすぐ分かるような内容になっているのだと思います。

残念ながら、サポートは行っておりません


実際、マニュアルが説明書ではない事の証明として、以下のような注意書きがされています。

付録として用意されたWordPressテーマ及びプラグインに関して以下の点をご理解の上、ご購入下さい。

サポートは行っておりません。
機能、動作及び効果の保証などはございません。他のプラグイン等と干渉する場合も可能性もございます。


“付録として用意されたWordPressテーマ”などと回りくどい表現になっていますが、これは要するに「AFFINGER4Pro」を指します。


つまりは、AFFINGER4Proに対するサポートは特にありませんし、機能・動作・効果という全ての保証は特にされていないという事です。


という事は、セールスレターに記載されているAFFINGER4Proの機能そのものが「本当にそのように動作するかどうか」すら分からないという事になるのではないでしょうか。


ちなみにAFFINGER4Proのアップデートについては、以下の記載があります。

大幅に改変されるまでは必要に応じて無料アップデートを考えておりますが、お約束及び保障はしておりませんのでご理解下さい。


大幅に内容が改変される場合は有料アップデートを考えているそうです。


“大幅に内容が改変される場合”というのがどういう場合かは分かりませんが、要するに“これまでのAFFINGER4Proじゃマズイ”という事が判明した段階で改変されるのではないかと思います。


しかし、そんな時にも有料でしかアップデートできないというのは私としては非常に微妙な感じがします。

巷に溢れるテーマを圧倒する「利用ユーザー様」の声


AFFINGER4Proのセールレターには、いくつか“利用ユーザー様の声”も紹介されています。


が、この中にも色々な疑問点があります。


例えば一番最初のこちらのユーザー様。

「稼ぐサイトの設計図」というPDFファイルの内容がすごいです。(略)WordPressでサイトを作る上で重要なことをわかりやすく解説しています。SEOからプラグイン、テーマ設定、サイトの構成にいたるまで詳細に解説しています。このPDFだけで価格分の価値はあると思うほどでした。


ユーザー様の声は基本的に引用元も併記されていますので、実際にどんなユーザー様がAFFINGER4を利用されているかを確認する事ができます。(上記引用元サイトはその後閉鎖されたようですが・・・)


というわけで上記ユーザー様のサイトを確認してみましたが、そのユーザー様がなんと

「AFFINGER4をアピールしているサイトでAFFINGER4を利用していない」

という矛盾が発見できました。


またこちらのユーザー様の声。

・AFFINGER4、細かいところまで簡単に設定できるので初心者でもサイト作るのが楽しい♪
STINGER PLUSよりも機能が多いし、ヘッダー画像のワイドと背景のYouTubeには感動しました。
早くランキングのページも作りたい。

・Theme test driveでaffinger4ちょっとずつ設定したけど管理画面スゴすぎ!Youtube背景いいな…Enjiさんありがとうございます!


・AFFINGER4とmicata2、無事ダウンロード出来ました!ココをこーしたいなー、あーしたいなーなんて思ってた事が全部デフォで出来るようになってる!どっちも凄いことになってますよ! @ENJILOG様、素晴らしすぎる。ありがとうございます!

・お友達の会社のホームページ うん十万かけてダサいの作ってたから ワードプレスとアフィンガーでかっこよく作ってあげたら天才とか言われて嬉しくなっちゃってコーヒーおごりまくってるアカウントはこちらでーす

・affinger 4 背景に動画とかおいてヌルヌルできるから凄い。表向きの見栄えはそんなに代わってないけど管理機能の強化っぷりが相当。これで5000円くらいだもんなぁ。


何故か1人のユーザー様の声が複数に分けて紹介されています。


AFFINGER4Proのユーザー様が大勢いらっしゃるのであれば、それぞれ別のユーザー様の声を紹介した方が良いと思うのですが・・・。


しかも、ユーザー様の声の中のAFFINGERの価格は

・5500円
・5000円


のどちらかしか無いみたいなんですが、実際の販売価格は「8000円」です。


仮に“安さ”をユーザー様の声でアピールしたいのであれば、

・アフィンガー買う買う、今までも使わせていただいたし!5000円なら安いよォー

・レイアウトに1日費やすなら¥5500でアフィンガー購入して記事書くのに集中したい。

・これで5000円くらいだもんなぁ。


このような販売価格に誤解を与えるような声は取り上げない方が良いのではないでしょうか。


いやまあ、購入する時に一応8000円って書いてあるから、良いと言えば良いんですが。

・・・

というわけで以上、AFFINGER4Proのセールスレターをザッと見て色々思った点について私なりの意見をお伝えさせて頂きました。


ちなみに今回の記事の中でお伝えした疑問点(懸念点)なんですが、他の有名なWordPressテーマである「賢威」ではカバーされている部分も多くあります。


例えばAFFINGER4Proの場合は、


・大幅改変時は無料アップデートされない
・サポートは一切無し
・動作保証も一切無し
・実績は・・・?



といったように色々な問題がありますが、賢威であれば


・大幅改変時も無料アップデートされる
・細かいバグ修正は頻繁にされる
・SEOマニュアルも変化に合わせてアップデートされる
・サポートフォーラムが充実
・15,000人以上の利用実績



このようにAFFINGER4Proよりも“ユーザー側の視点”に立って提供されています。


もちろん価格面では賢威は24,800円なので結構な差がありますが、それを補って余りある機能と実績とサポート体制が整っていますので、長期的には賢威の方が安く付くと思います。


というわけで、私としてはAFFINGER4Proよりは賢威の方を圧倒的にお勧めさせて頂きます。


>SEOテンプレート「賢威」


“無料”のWordPressテーマについても併せてご紹介していますので、是非参考にしてください。


Kei


>コンテンツ一覧へ