Keiです。

今回は、フリーのコピーライターである宇崎恵吾さんが販売している、

「The Million Writing」

というウェブコピーライティング教材の詳細なレビューをしていきたいと思います。


もし現在あなたが、以下のいずれかに該当しているのであれば、是非参考にして頂ければ幸いです。

・これからネットビジネスで生計を立てていきたいと思っている
・自社販売の商品やサービスの売上が思うように上がっていない
・現在アフィリエイトで稼げておらず、成約率の低さに悩んでいる


The Million Writing販売者・宇崎恵吾さんについて


東京都出身、都内在住のフリーのコピーライター。

年間数億円(最高年収:約5億8000万円)もの金額を匿名で稼ぐコピーライターを「師匠」として仰いでおり、その師匠のコピーライティングスキルの全てを受け継ぐ。


自身もまた億単位の資産を構築している。


自身がその師匠と共同で運営するブログ「コピーライティング至上主義者の会」は、その論理的で分かりやすい語り口から、多くのアフィリエイターやネット起業家から支持を集めている。


コピーライティング至上主義者の会:
http://copyrighting-supremeprinciple.net/


ブログ記事からは非常に真面目な人柄が滲み出ているが、実は元バンドマンだったり、ブランド品を棚買いしたりと意外にはっちゃけた一面を持つ。趣味は読書と音楽鑑賞。

The Million Writingの教材概要


The Million Writingは「本編マニュアル」と「シークレット特典」、および「業務提携権利」からなります。本編の提供ファイル形式は「PDF」です。

1:The Million Writing本編マニュアル

<PDF198ページ:約110,000文字>


The Million Writingの内容を一言で言うと、

「インターネットでの商品・サービスの売り方を1から学ぶ事ができるコピーライティング教材」

です。


「コピーライティング」と聞くとテレビCMや街中の広告で見かけるような、抽象的な「イメージコピー」を想像する人も多いと思いますが、The Million Writingで学べる内容は

「ネットビジネスでの“売れる文章(ウェブコピー)”の書き方」

に特化しており、基本的にはThe Million Writingのセールスレターを元に、

・読み手の興味と関心を引く文章の書き方
・読み手からの信頼と共感を得る文章の書き方
・読み手に行動を促す(商品の購入を後押しする)文章の書き方

について、心理学等の学術的根拠および、宇崎さんとその師匠のコピーライターとしての実績・経験に基づいた論理的な文章で講義が展開されます。


このように聞くと敷居が高く感じるかもしれませんが、これまでコピーライティングを一度も学んだ事が無いという人でもゼロからコピーライティングを習得できるよう、十分に配慮された分かりやすい内容になっています。

2:シークレット特典


一応内容は「シークレット」になっていますが、The Million Writingのセールスレターを読み込んでいけば普通に内容が紹介されている通り、こちらは

「The Million Writingアフィリエイト講座」

となっています。


アフィリエイト講座の中では、The Million Writing本編の内容を前提として、そこで学んだコピーライティングスキルをアフィリエイトに応用していく方法について、以下の内容が「コピーライター」としての視点から解説されています。

・テーマを決める2つの視点、2つのポイント
・ブログ運営者の人物設定
・ブログ記事・メルマガ記事の目的と考え方
・興味を引く為のブログ記事のポイント
・教育の為の文章の書き方と人間心理
・商品を成約していく文章におけるポイント
・成約率の高いセールスレターの見極め方
・メルマガリストの収集方法

巷に溢れる「楽して簡単に稼ぐ方法」や、一時の流行の稼ぎ方の一切を無視した、「本質的なアフィリエイト手法」を基礎から学ぶ事ができます。

3:コピーの添削および制作依頼によるジョイント提携権利


The Million Writingには、一般には受付窓口を設けていない宇崎恵吾さんの師匠に、直接コピーの添削およびセールスレターの制作を依頼し、「業務提携」ができる権利が1枠用意されています。


もしあなたが既に売りたい商品を持っていたり、ブログを運営してアフィリエイトを行っているのであれば、「億を稼ぐコピーライター」のライティングスキルをそのままあなた自身の売上に活用していく事ができるという事です。


依頼の内容に応じて売上の10%〜60%をインセンティブ報酬を支払う必要がありますが、それに先立つ添削やレターの作成は「0円(タダ)」となっています。


以上が、The Million Writingの教材概要です。


それではここからは、より詳細にThe Million Writing本編マニュアルの内容を見ていきたいと思います。

第一章:成約の原則


第一章では、

「“成約の取れるコピー”とは何なのか?」
「“成約の取れないコピー”とは何なのか?」


というコピーライティングにおける根本的な問いからスタートし、その問いに答える形で“成約の取れるコピー”の三大原則について解説されています。


三大原則は基本的なものでありながら、これらの原則をしっかりと頭に叩き込んでコピーを書いていくだけでも、これまで書いてきたコピーの数倍の反応と成約を取っていける事は間違いありません。

第二章:人間心理の原則


第二章では、「成約の取れるコピーの3つの要因」について解説されています。


第一章で解説された「成約の取れるコピーの三大原則」は文字通り“成約の為の原則”だったのに対し、「成約の取れるコピーの3つの要因」は“人を行動させる為の原則”とでも言うべきものです。


人が成約(商品の購入、サービスの申し込み)に至るまでには3つの“心理の壁”が存在し、成約の取れるコピーは「1つの広告」の中で全ての“心理の壁”を越えていく必要があります。


この章では、The Million Writingのセールスレターを題材に、そんな心理の壁を越えていく為の“人間心理の原則”について解説されていると同時に、


・人は何に対して興味や関心を引かれるのか?
・人から共感を得て、信用を勝ち取るにはどうすれば良いのか?
・人はどうやったら行動を起こしてくれるのか?



こういった問題をクリアする為の詳細な心理テクニックも習得していく事ができます。

第三章:成約を決定付ける2つの前提要因


第三章では、「成約を決定付ける2つの前提要因」である“リサーチ”と“ターゲティング”について解説されています。


The Million Writingでは、

リサーチ:ターゲット(見込み客)を知る事
ターゲティング:ターゲットにとっての商品やサービスの最大のメリットを見定める事

と定義されていますが、この章ではリサーチとターゲティングの重要性、およびその具体的な方法を学ぶ事ができます。


多くの人が実際のコピーを書く際に抱くと思われる、

・どのようにコピーを書き始めれば良いのか?
・どのようなコピーを展開していくのが最も効果的なのか?


といった疑問に対する答えである、「切り口の2つの決定要因」および「6つの展開の構成パターン」についても具体的に解説されています。


もしかしたら若干ピンと来ない部分もあるかもしれませんが、以下のように宇崎さんが教材の中で強調して書かれているように、極めて重要な内容となっています。

私の主観ではこの一節だけでも、1つのノウハウとして計り知れない価値があると思います。


第四章:コピーライティング


第四章では、第三章までの内容を総括すると同時に、コピーライターとしてのマインドセットやライティング力を向上させる為の方法について解説されています。


また、一流のコピーライターが実際にコピーを書き始める際のイメージとして取り入れている、「自己投影」と「客観視」および「マインドキャンバス」の具体的ステップについても解説されています。


この章で紹介されている「コピーライティング力を向上させる3つの方法」を着実に実践していく事ができれば、間違いなくあなたのライティングスキルは劇的に向上し、それに比例して収入も増加していく事になるはずです。

Special contents


本編マニュアルの最後に付属しているのが、スペシャルコンテンツである「44項目のチェックシート」です。


チェックシートの内容は第一章から第四章までで解説されたポイントを網羅する内容となっていますので、出来上がったコピーをチェック項目に従って確認していけば、自然と「成約が取れるコピー」が完成する事になります。


具体的には以下のようなチェック項目が用意されており、コピーの内容をチェックすると同時に、知識・テクニックの再確認をしていく事も可能です。

・感覚的な言葉で論理的な文章が構成されているか
・7つのキーワードコンセプトが多く含まれているか
・全ての発言と主張には理由が添えられているか
・ワンパーソンの原理に沿っているか

以上が、The Million Writing本編マニュアルの内容です。


ここからは、私独自の基準でThe Million Writingの気になる点についてチェックしていきたいと思います。

1:販売価格とマニュアル内容のバランス


The Million Writingの販売価格は3,980円ですので、一般のコピーライティング書籍の2冊分程度の価格設定です。


しかし、The Million Writingの内容は非常にシンプルながら、宇崎恵吾さんの師匠が過去何十億円以上を稼いだ「実績」の中から学ばれた内容がエッセンスとして凝縮されていますので、

「ネットビジネスで稼ぐ為のライティング知識を学ぶ」

という目的から見れば、一般のコピーライティング書籍よりも遥かに有用な内容になっています。


そういう意味で、非常に良心的な価格設定だと言えます。

2:365日間の無条件返金保証について


The Million Writingには、購入後365日以内であればいつでも返金申請を受け付けるという、「無条件返金保証」が付いています。


販売ページ下部にある「特定商取引法」に記載のある通り、

・購入時ASPより発行される決済番号
・購入者氏名
・返金先の口座情報

これらの必要事項に加えて「内容に不満があった」という旨をメールで連絡すれば、無条件で返金してもらう事ができます。


The Million Writing本編の冒頭にも以下のように明記されていますので、返金に関して特に心配する必要はありません。

まずはこの教材を通じ、私の持っているライティングノウハウの全てを公開していきたいと思います。
そして実際に私が頂いたお金以上の「価値」をあなたへ提供する事に全力を尽くさせて頂きます。
ただ、もしも私がそれを叶える事さえも出来なかったなら、あなたはどうぞこの教材を提供させ て頂く際にお約束させて頂いた「返金保証」の方を私の方へ申請して頂ければと思います。
その際の連絡先もここに明記しておきます。

info@copyrighting-supremeprinciple.net

お約束した通り、本日(購入日)より365日間、私はいつでもそのお約束を守る所存です。


ちなみに宇崎さんによると、この条件にも関わらず、実際に返金申請を受ける割合は「300人に1人程度」だそうです。

3:サポート体制について


教材に対するサポートはありませんが、「コピーライティングの解説」に対するサポートは特に必要ない程度には噛み砕かれた簡潔な内容になっています。

The Million Writingのデメリット


The Million Writingのデメリットは以下の通りです。

・試行錯誤を前提としているので、ライティングスキルの習得には時間がかかる
・文章の読み手の思考・感情を洞察するスキルも磨いていく必要がある
・マニュアルの内容を実践しても、すぐに結果(稼ぎ)が出るとは限らない

The Million Writingは「ネットビジネスに特化したコピーライティング教材」ですが、ライティングスキルは決して一朝一夕で身に付くものでは無く、ある程度の「努力・継続」は必須です。


また、例えばコピーライティングスキルを活かしてアフィリエイトで稼ぎたいという人の場合、The Million Writingアフィリエイト講座の中で語られる内容は、

「ユーザー(利用者)目線に立った、価値のある情報の提供」

を1つの前提としていますので、「価値のある情報」を発信する為の勉強も継続的にしていく必要が出てきます。


したがって、例えば以下のような人にはThe Million Writingの購入は決してお勧めできません。

・大した勉強や努力もせず、楽して稼ぎたいと思っている人
・「自動化」「ツール」といった言葉に魅力を感じる人
・自分さえ稼げればそれで良いと思っている人

The Million Writingのメリット


対して、The Million Writingのメリットは以下の通りです。

・一生涯に渡って通用する「稼ぐスキル」を習得できる
・小手先のテクニックに頼らない、本質的な稼ぎ方が身に付く
・学んだスキルをビジネスだけでなく、日常生活のあらゆる場面においても活用できる

The Million Writingの本編マニュアルでは「高成約率のセールスレターの書き方」、アフィリエイト講座では言葉通り「コピーライティングスキルをアフィリエイトに活用する方法」を一から学ぶ事ができます。


ですので、あなたが以下のいずれかに該当するのであれば、The Million Writingを大いに活用していく事ができるはずです。

・情報起業家としてセールスレターやLPにライティングスキルを活用したい
・アフィリエイターとしてブログやメルマガにライティングスキルを活用したい
・コピーライターとして商品販売者と業務提携する形でスキルを活用したい

総評


もしあなたが「ネットビジネスで稼ぎたい」と本気で考えているなら。


まず学んで頂きたいのが「コピーライティングのスキル」であり、私はそのコピーライティングを習得するのに現時点で最も適した教材が、この「The Million Writing」だと考えています。


一般的な「コピーライティング」の認識は単なる「文章を書くスキル」だと思いますが、その本質は「人間心理に対する深い洞察と理解」にあります。


わずか数年で通用する技術や知識が大きく変化するIT技術とは異なり、人間の基本的な「感情」や「心の動き」は紀元前から辿ってもほとんど変化していません。


したがって、「技術に頼った一時の流行の稼ぎ方」は技術の進歩によってすぐに通用しなくなる可能性がありますが、「コピーライティングスキル(人間心理の理解)を前提とした稼ぎ方」においては、そもそも「通用しなくなる」という事自体があり得ないわけです。


極端な話、The Million Writingで学んだ知識を活かして真剣にコピーライティングスキルの向上に努めさえすれば、ネットビジネスに限らず今後あらゆるビジネスにおいて

「思ったような売上が上がらない・・・」
「頑張っているのに何故か結果が出ない・・・」


という概念が存在しなくなると思います。


何故なら結局のところ、どんなビジネスであってもその根底にあるのは、

・この人は何を望んでいるのか?
・この人は何に対して恐怖を感じているのか?

といった質問に対する答え、つまりは「他人の感情・思考の理解」にあると思うからです。


ですので、

「一生食いっぱぐれない本質的な“稼ぐスキル”を身に付けたい」

と考えているのであれば、今すぐコピーライティングを学び始める事をお勧めしたいと思います。


この「The Million Writing」が、その為の最良の手段になるはずです。



もしThe Million Writingの購入に際してその他の疑問や不安等がありましたら、以下のメールフォームからお気軽にご相談ください。

>問い合わせフォームはこちら