Keiです。

今回は、社団法人「全日本中高年再生支援協会」の河合利宗さんという方が主催する、

「中高年再生支援プロジェクト」

という怪しいプロジェクトについて具体的に考察してみました。


中高年再生支援プロジェクト(河合利宗):
http://www.amra-jp.com/2uqtd/


先に結論を言ってしまえば、私はこの中高年再生支援プロジェクトへの参加は全くお勧めしません。


もしあなたが現在こちらのプロジェクトに興味を持っているのであれば、その根拠も含めて1つの参考材料にして頂ければと思います。

中高年再生支援プロジェクト(河合利宗)


まず冒頭に記載したURLにアクセスしてみると、以下のようなページが表示されます。

40~80歳の中高年層の応募者「全員」に最低1800万円以上の現金をお渡しする社団法人ができました。

この時点で物凄く胡散臭いんですが、なんと全日本中高年再生支援協会の代表である河合さんは募集ページの中で「最低でも年収ベースで1800万円の現金をお渡しすることをお約束します。」とはっきり書いています。

具体的な稼ぎ方についてはよく分かりませんが、河合さんが主張するには

「完全放置で自動的に現金を発生させる装置が完成した」

との事。

世界最先端の人工知能AI技術、最新のマーケティング手法に加え、アメリカのシリコンバレー研究所からの情報などを高次元で融合させた結果、

「完全放置型自動現金発生装置」が誕生しました。

・開発期間5年6ヶ月
・検証期間2年2ヶ月

5年以上の開発期間を掛けて創り上げたこのシステムは、2年間もの濃密な検証期間を経て、想定されるあらゆるエラーをシラミ潰しに全て排除した一切の隙のない完全体のシステムとなっています。


「世界最先端の人工知能AI技術」とか、「最新のマーケティング手法」とか、「アメリカのシリコンバレー研究所」とか色々書いていますが、ただ言っているだけで現時点では何の根拠もありません。

(そして恐らくは、今後もその根拠が示される事は無いと思います)


また冷静に考えれば、2年以上も検証期間があるのなら、確実にその“世界最先端のAI技術”や“最新のマーケティング手法”は最早古い技術・手法になっているはずです。


河合さんは、

「これだけ開発機関と検証期間を盛っておけば、最新技術に疎い情報弱者は信用するだろう」

とでも考えているのかもしれません。

中高年再生支援プロジェクトは言っている事が色々とおかしい



中高年再生支援プロジェクトは、名前の通り「中高年」だけに参加権利があるらしく、募集ページでも注意事項として

・2017年12月31日時点で満40歳未満の方はご応募できません。

という風に書いてあります。


この理由について、プロジェクトの主催者である河合さんは以下のように述べています。

そのため、今回のプロジェクトは、今のこの豊かな日本を創り上げ、築き上げてきてくださった中高年のみなさんのために恩返しの気持ちで設立したものです。

なので、若者には一切参加してもらいたいとは考えていません。
これまで日本を支えて下さった中高年の皆さま”だけ”が成功してくれればいいのです。


また、「何故無料で最低1800万円もの年収を稼がせてくれるのか」という理由についてはこんな風に言ってます。

今回皆さまに提供するシステムは、仲間同士の助け合い、弱者救済システムのメカニズム上、仲間が増えれば増えるほどあなたの報酬額が大きなものになります。

ですので、まずは無償で提供し、実際に収益を得てもらうことであなたの成功が私の成功にも繋がるのです。

ですので、

キレイごとは抜きです。

あなたに大金を稼いでもらえないと、私もタダ働きになってしまいます。
ですので、あなたに何が何でも成功していだたきます。


真面目にこの文章の意味を考えてみたんですが、私には河合さんが何を主張したいのかがよく分かりませんでした。


何故、仲間が増えれば増えるほど報酬額が大きくなるのか?

何故、“まずは”無償で提供するのか? 今後有料になるのか?

何故、私たちが稼ぐ事で河合さんの成功に繋がるのか?


河合さんは、「何も考えずにノーリスクで最低でも1800万円の現金を受け取れる」と主張していますが、“まずは”とはどういう事でしょうか。

また、「不得意なインターネットビジネスはもうやめにしましょう」と言っていますが、「完全放置型自動現金発生装置」はどう考えてもインターネット上で動作するはずです。


募集ページから判断する限り、中高年再生支援プロジェクトは“インターネットビジネス”だと思うんですが、違うんでしょうか。


河合さんは「あなたに大金を稼いでもらえないと、私もタダ働きになってしまいます」と言っているものの、そもそもこのプロジェクト自体が“完全無料”のはずですので、放っといても河合さんはタダ働きになるのでは?


もしや、「完全放置型自動現金発生装置」で稼いだ利益の一部が河合さんに還元される仕組みになっているんでしょうか。


ただそうなると、完全放置型自動現金発生装置はFXや株式投資のような“投資”で稼ぐのではなく、河合さんの関わる商品・サービスを何らかの手段で販売する事によって稼ぐ仕組みになってるんじゃないかと思えてきます。


だとすれば私としては、

「一体どこが“想定されるあらゆるエラーをシラミ潰しに全て排除した一切の隙のない完全体のシステム”なんだ」

と言わざるを得ません。


それって結局、

「SNSに自動で記事投稿して稼ぐシステム」
「ブログに自動で記事投稿して稼ぐシステム」


といったものと大した違いがありませんからね。


まあもちろん、最新のAI技術を駆使した完全放置型自動現金発生装置がそんな幼稚なものであるはずは無いでしょうが・・・。


それにしても、この装置には他にもおかしな点が存在します。

何故システムを「提供」する必要があるのか?


私が最もよく分からないのは、

「完全放置型自動現金発生装置を何故“提供”する必要があるのか」

という点です。


最新技術を高次元で融合したシステムは、一体どんな形で“提供”されるのでしょうか?


まさかダウンロードして自分のパソコンで実行するアプリケーションソフトの形で提供されるはずがありませんから、それならWebアプリケーションの形で提供されると考えるのが妥当でしょう。


そうだとすれば、プロジェクト参加者に提供されるのは、完全放置型自動現金発生装置の利用(ログイン)に必要な“ID”と“パスワード”という事になりそうです。


となると、完全放置で自動的に現金を稼いでくれる仕組みをプロジェクト参加者が利用しなければならない理由が分かりません。


まさか“完全放置”とか“自動現金発生”と名付けているにも関わらず、

「プロジェクト参加者が自分たちで何かをしなければ稼げない」

なんて事は無いはずです。


そもそもの話、そんな完全無欠な“装置”があるんだったら、河合さん自身がその装置を自分動かせば、動かした数に応じて

1800万円 × 動かした装置数

という莫大な金額を1年で稼ぎ出せるんじゃないでしょうか。


例えば装置1つ動かせば最低1800万円ですし、10個動かせばそれだけで最低1億8000万円が“約束”されますよね。


もし本当に河合さんが中高年の方々を完全にノーリスクで稼がせたいというのなら、まずは河合さん自身が完全放置型自動現金発生装置を活用してノーリスクで大金を稼ぎ、その利益を“分配”すれば良い話だと思います。


私は別に、中高年再生支援プロジェクトにメールアドレスの登録をしたわけでも何でもありません。


しかし、募集ページをちょっと確認しただけでも以上のように“矛盾点”を色々と発見できてしまいます。


結局のところ、世の中に“美味い話”なんてまずありません。


ですので、今回のプロジェクトも「ノーリスクで最低年収1800万円稼げる」なんて事は高確率であり得ないと思います。


本当に稼ぎたいと思うのなら、必ず相応の“努力”が必要です。


私の経験上、「楽して稼ごう」と考えれば考えるほど逆に稼げなくなる可能性がありますので、その点は注意した方が良いと思います。


以上の理由から、私は河合利宗さんの“中高年再生支援プロジェクト”への参加は止めておく事をお勧めします。


参考になれば幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ