Keiです。

今回は情報商材系のASPである「アドモール」について、“アフィリエイター”という立場から見た

「アドモールでアフィリエイトする際のメリットと活用方法」

について具体的にお伝えしていきます。


※「ASP」の概要と仕組みに関してはこちらの記事で解説していますので、興味があればご覧になってください。

>ASPの概要と仕組み:初心者にオススメのASP3選。


また、大手ASPである「インフォトップ」の活用方法等についてはこちらの記事をご確認ください。
>インフォトップでアフィリエイトする際のメリットと活用方法。


というわけで早速本題に入りましょう。

アフィリエイターの立場から見た「アドモール」のメリット


インフォトップと比較した際のアドモールのメリットを一言で言えば

「初心者にとって稼ぎやすいシステムが用意されている」

という事に尽きます。


アドモール:
https://admall.jp/


アドモールはインフォトップよりも情報商材系のASPとしては“マイナー”ではありますが、その分消費者目線に立った仕組みとして

1. 手法・ビジネスモデルが明確になっている商材のみを審査承認
2. 買い物をすればポイントが貯まる還元ポイントシステム
3. 会員ID1つで全てのサービスが利用可能なワン・アカウントシステム


が用意されています。


ただ、商品の販売者側から見れば、アドモールのシステム利用料(いわゆるASP側が得られる成果報酬)はインフォトップと比較すれば若干高いですので、この辺りは販売者にとっては嬉しくない部分かもしれません。


インフォトップのシステム利用料:

クレジットカード決済:(1決済につき販売額の8.38%+トランザクション手数料96円)+税
コンビニ決済:(1決済につき販売額の8.38%)+税
ビットキャッシュ決済:(1決済につき販売額の10.48%)+税
銀行振込決済:(1決済につき販売額の5.52%)+税
代金引換決済:(1決済につき販売額の5.52%)+税
ちょコムeマネー決済:(1決済につき販売額の10.48%)+税


アドモールのシステム利用料:

クレジットカード決済:税込み販売額の10% (税込)
銀行振込決済:税込み販売額の10% (税込)


しかし、これらを補って余りある“アフィリエイターにとってのメリットになる仕組み”が用意されていますので、最近ではアドモールをアフィリエイトに活用しているアフィリエイターも増加しています。

そしてそれに伴って、アドモールに関心を持つ販売者も増加傾向にあるようです。


私が“アドモールをアフィリエイトで活用していく際のメリット”と考えている機能は以下になります。

・独自の2ティアアフィリエイトシステム
・連動報酬獲得システム


独自の2ティアアフィリエイトシステム


アドモール最大の特徴がこの

「独自の2ティアアフィリエイトシステム」

です。


“ティア”というのは「tier:段、段階、層」といった意味の単語で、ここで言う“2ティアアフィリエイト”とは

「アフィリエイターのアフィリエイト」

を意味します。


要するに、

「アフィリエイターを紹介する事によってアフィリエイト報酬を得られる仕組み」

という事ですね。


例えばトップアフィリエイターのAさんが1万円の商品(成果報酬50%)をアフィリエイトする記事をブログ上で公開しているとします。

当然、その記事から商品が売れればAさんにはアフィリエイト報酬である5000円が入ります。


アドモールの“2ティアアフィリエイトシステム”は、この“Aさんのブログ記事”を紹介する事によってアフィリエイト報酬を得る事ができる仕組みになっています。


これによって、例えば別のアフィリエイターBさんがAさんのブログ記事を紹介し、その記事から商品が売れた場合、Aさんが2ティア報酬を“50%”に設定していたとすると、

Aさんが獲得する成果報酬:2500円
Bさんが獲得する成果報酬:2500円


という風にアフィリエイト報酬が分配されるわけです。


もしかしたらこの例を見て、

「これってお互いにとって何のメリットになるの?」

と思う人もいるかもしれません。

言ってみれば、AさんもBさんも本来得られる報酬が半分になってしまっているわけですから。


しかし少し冷静になって考えてみると、Aさんにとっては

・本来得られなかったアクセスから報酬が獲得できる
・商品購入者の新たなリスト(メールアドレス)を取得できる


といったメリットがある事が分かります。


「本来得られなかったアクセス」というのは、“検索エンジンなどからのブログへの直接的なアクセス”の事で、通常ブログにアクセスを集める際には

(検索エンジン・SNS等)→(Aさんのブログ)

といった流れになるわけですが、この2ティアアフィリエイトシステムを活用する事によって

(検索エンジン・SNS等)→(Bさんのブログ)→(Aさんのブログ)

と、Bさんのブログを経由して“これまで検索エンジン等から得られなかった見込み客”を自分のブログに呼び込んでいく事ができるという事です。

BさんがAさんのブログへのアクセスを代わりに集めてくれている、といったイメージですね。


更にはBさん経由で商品を購入してもらえれば、それによってAさんは新たな“濃い”リストも獲得できますので、そのリストに対して別の商品を勧めていく事でより大きな利益に繋げられる可能性もあるわけです。


またBさんにとっては、“Bさんが初心者の場合”には大きなメリットになる場合があります。


例えばBさんが

「商品の特典も上手く作れないし、レビュー記事も上手く書けないし・・・」

と思っていた場合に、トップアフィリエイターであるAさんの“素晴らしい特典が付いたレビュー記事”に対して、

「この商品の事なら是非こちらのレビューを見てください」

という風に紹介するとしましょう。


この際、

「Aさんが作成したレビュー記事の成約率」

が「Bさん自身が作成するレビュー記事の成約率」を上回っているなら、Bさんが自分自身でアフィリエイトするよりもAさんを紹介した方が獲得できる報酬が大きくなる可能性があるわけです。


仮に、

Bさんのレビュー記事の成約率:1%
Aさんのレビュー記事の成約率:10%


だったとすれば、Bさんが得られる成果報酬が本来の50%になったとしても、Aさんの記事を紹介した方が明らかに得になります。

そしてコピーライティングのスキルの差によっては、この程度の成約率の差は普通にあり得ます。

(もちろん、Bさんの記事からAさんの記事への“見込み客の誘導率”も考慮する必要がありますが)


したがって、“2ティアアフィリエイトシステム”を利用する事によって、紹介する側とされる側が双方ともに利益を得られるわけです。


もしかするとちょっとピンと来ない部分もあるかもしれませんが、上手く活用すればアフィリエイターにとって非常に便利なシステムだと言えます。

連動報酬獲得システム


“連動報酬”というと聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単に言えば

「ある商品に連動する商品から得られるアフィリエイト報酬」

の事を意味しています。


分かりやすいのが、いわゆる“無料オファー”から連動する“高額塾”ではないでしょうか。


無料オファーとはその名の通り“無料”で提供される情報の事を指し、人によっては

「迷惑メールとかでよく見るやつ」

といったイメージを持っている人もいるでしょう。


例えばたった今確認したところ、私の迷惑メールボックスにはこんな内容の無料オファーが届いていました。

初期費用ゼロ、毎月の費用もゼロ!

誰にも会わずに全てネット完結で
始めた初月からいきなり10万円の安定収入を
あなたの口座に毎月入金させ続ける手順を教えます。

こちら↓
<無料オファーのURL>


で、無料オファーに申し込むと次々と無料の情報が提供され、最終的に高額塾などのセールスを受ける事になります。


つまりは、

[無料オファーの申し込み]→[無料情報の提供]→[高額塾の売り込み]

といった流れです。


“連動報酬”というのはこの内の“高額塾”に設定される成果報酬の事で、アドモールでは

「無料の情報に申し込んだ人が高額塾に申し込めば、“高額塾のアフィリエイト報酬”を獲得する事ができる」

というシステムが用意されているのです。


これはアフィリエイターにとっては非常に魅力的なシステムで、要するに“無料”の情報を紹介するだけでも“数万円”という高額の成果報酬を得られる可能性があるわけです。


アドモールで実際に連動報酬が設定されているアフィリエイト商品を調べてみると、このようになっています。



例えば“NewTuber”という無料オファー(商品種別:無料)のアフィリエイト報酬は0円ですが、この無料オファーにはバックエンド(“後”で売り込まれる商品)として

・パイレーツオブYoutube 6ヶ月コース
・パイレーツオブYoutube 12ヶ月コース
・パイレーツオブYoutube 3ヶ月コース


という3つの商品が用意されています。

そしてそれぞれのアフィリエイト報酬は

パイレーツオブYoutube 6ヶ月コース:54,432円
パイレーツオブYoutube 12ヶ月コース:96,552円
パイレーツオブYoutube 3ヶ月コース:31,752円


と設定されています。


ですので、あなたが無料オファーを紹介してもアフィリエイト報酬は「0円」ですが、そのオファーに申し込んだ人が上記の商品を購入すれば、それに応じて「31,752円~96,552円」という高額のアフィリエイト報酬を獲得できる事になります。


次に“ほったらかしで30万円稼いでいるノウハウを大公開”という無料オファーを見てみると、こちらのアフィリエイト報酬は100円ですが、そのバックエンドのアフィリエイト報酬は「10,488円~29,400円」という設定になっています。

こちらは無料オファーにも報酬が設定されていますので、その紹介だけでも報酬を獲得できますし、更にはバックエンドによる10,000円以上のアフィリエイト報酬を期待する事もできます。


・・・といったように、

「無料の情報を紹介するだけで数万円もの高額報酬を獲得できる」

というのが“連動報酬獲得システム”の大きな魅力です。


大体のASPでは無料オファー“だけ”に成果報酬が設定されていて、その金額もせいぜい数百円、多くて1000円程度。


それがアドモールで無料情報を紹介すれば“数万円”に化ける可能性があるという事ですから、それだけ“アフィリエイターにとって稼ぎやすい仕組み”であると言えるわけです。

アフィリエイトにおける「アドモール」の活用方法


それではアドモールの活用方法として、以下のシステムの利用法を図解で解説していきます。

・2ティアアフィリエイトシステム
・連動報酬獲得システム


2ティアアフィリエイトシステム


まずはアドモールにログインします。

アドモール:
https://admall.jp/

アフィリエイターメニューの「2ティアオファー検索」をクリックすると、オファー検索画面が表示されます。



ここで例えば「2ティア報酬」を70%で検索してみます。

2ティア報酬が70%という事は、アフィリエイターを紹介するだけで、そのアフィリエイターが紹介する商品の成果報酬の70%が受け取れる事というです。

実際に検索すると、2ティア報酬が70%以上のオファーが一覧表示されます。

検索結果の一部が以下になります。



後は「フォーム生成」をクリックしてアフィリエイトリンクを生成するだけでOKです。


ちなみに基本的には“アフィリエイト報酬の大きさ”で紹介するオファーを決めるのではなく、あくまでも

「あなたが紹介しようと思っている商品」

を元に決定する事をお勧めします。


2ティアオファーは確かに便利なのですが、それだけに頼っているとあなた自身の“稼ぐ力”を向上させる事ができません。

最終的には2ティアオファーは可能な限り使わず、むしろあなた自身が2ティアオファーで紹介してもらえる立場を目指すべきだと思います。


そうすれば先に挙げたように

・ブログへのアクセス数の増加
・濃いリストの獲得


という非常に大きなメリット“だけ”を享受する事ができるからです。


ですので、2ティアオファーは利用するよりされる側を目指す、という事を念頭に置いて頂ければと思います。


もちろん初心者のうちは“高成約率のレビュー記事”の作成は難しいですから、まずはキャッシュポイントを作るという意味で2ティアオファーを活用するのは大いにアリです。


ちなみに自分の2ティアオファーの登録方法も至ってシンプルです。

2ティア管理メニューの「2ティアオファー管理」をクリックし、必要事項を入力するだけです。


※入力必須項目の“サイト名”に関しては、「情報商材名」が入力されている事が多いようです。

連動報酬獲得システム


次は連動報酬獲得システムについて。

バックエンドに対して報酬が設定されている報酬を検索する際は、まずは商品検索メニューから商品区分を「無料のみ」で検索するのが手っ取り早いです。

(ほとんどは無料オファーに対してバックエンドが設定されているからです)



場合によっては有料商品に対してバックエンドが設定されている事もありますが、その際は「アフィリエイト報酬が設定されているか」をよく確認してください。


例えばこちらの商品の場合、有料商品に対してバックエンドが設定されていますが、そのアフィリエイト報酬は0円になっています。



バックエンド商品に報酬が設定されているオファーの数は多くはありませんが、その辺に転がっている無料オファーを紹介するよりも遥かに効率的ですので、適切な形で活用して頂ければと思います。

アドモールでアフィリエイトする際のメリットと活用方法:総括


以上、

「アドモールでアフィリエイトする際のメリットと活用方法」

として、アフィリエイターという立場から見たアドモールというASPメリットと、独自のシステムである

・2ティアアフィリエイトシステム
・連動報酬獲得システム


について具体的に解説させて頂きました。


アドモールはインフォトップよりも情報商材系のASPとしてはマイナーですので、登録されている情報商材の数自体がインフォトップと比較して少ないという欠点も存在します。

よって、扱う商品によってはインフォトップを利用せざるを得ない、というケースも存在します。


ですが、アドモールにはインフォトップには無い「アフィリエイターにとって稼ぎやすい仕組み」が用意されていますので、活用できる場面では積極的にアドモールを活用して頂ければと思います。


というわけで、ちょっとしたPRも兼ねてご紹介させて頂きました(笑)

あなたがまだアドモールに登録していないという場合は、是非登録しておいてください。


それでは。


Kei


>ASPの概要と仕組み:初心者にオススメのASP3選。


>コンテンツ一覧へ