Keiです。

今回は、アフィリエイトにおける

「ブランディング」

について、

・そもそも“ブランディング”とはどういう意味なのか
・アフィリエイターは自身のブランドをどのように作り上げていくべきなのか


といった観点から、個人的な見解を含めて解説していきたいと思います。

「ブランド」と「ブランディング」


ネット上の情報を色々調べてみると、割と多くのアフィリエイターが

「ブランディングは稼ぐ上では必要です」
「自分のブランドを構築した方が断然有利です」


といったようにブランディングの重要性を説いているように感じますが、そもそも“ブランド”とか“ブランディング”って何なんでしょうか?


Wikipediaでは「ブランド」について以下のように解説されています。

ブランド(英: brand)とは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。

引用元:ブランド


また、「ブランディング」については以下の通りです。

ブランディング(英: branding)とは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。

引用元:ブランディング


正確な意味を捉えようとすると言葉が抽象的で分かりにくく感じるかもしれませんが、基本的には私たちが普段イメージしている「ブランド」と同じ意味合いです。


例えば車のカテゴリーであれば、

・フェラーリ
・メルセデス・ベンツ
・レクサス

といった名前(ブランド)を聞けば「高級車」をイメージするでしょうし、

・エルメス
・ルイ・ヴィトン
・グッチ

こういった名前を聞けばやはり「高級」といったイメージを感じると思います。


また、より大きな枠で言えば、

・日本製の○○
・中国製の○○
・アメリカ製の○○

といったものも一種の“ブランド”と捉える事ができます。


この場合多くの人は、中国製の製品よりは日本製の製品の方に“信頼感”を感じるのではないかと思いますが、そういったイメージは全て「ブランドに対する共感・信頼などを通じて」作り上げられてきたものだという事ですね。


で、そんな“ブランド”を作り上げていく戦略の事を“ブランディング”と呼んでいるわけです。

アフィリエイターの「ブランド」とは何なのか?


じゃあ、アフィリエイターは「ブランド」をどのように捉えれば良いんでしょうか?


実際調べてみると、アフィリエイターの中には

ブランド=自分のキャラクター設定
ブランディング=自己アピール


といった意味で“ブランド”を捉えている人も多いようです。


ただ正直、私自身はこの考え方は非常に微妙なんじゃないかと思っています。


そもそも、サイトの運営者にどんなキャラクター設定がされていようが、いくら自己アピールしようが、元々のブランドの意味から考えればそれらが

「見込み客からの共感・信頼感」

に繋がっていなければ何の意味も無いのではないでしょうか。


確かに、

「私は元々はドン底の生活を送っていたんですが、今は好きな時に寝て、好きな時に起きる自由な生活を送っています」

「私はこれだけ稼いできた実績を持っています」


といったようにアピールしていけば、見込み客から“表面的な共感・信頼感”は獲得できるかもしれません。


しかし、私はそんな共感や信頼感はあくまでも一時的だと思います。


何故なら、“より共感できるキャラクター”や“より凄い実績”を持ったライバルが現れてしまえば、そんな“キャラ付けで得た共感・信頼”はすぐにそちらに移ってしまう可能性が高いからです。


そもそも「キャラクター」や「自己アピール」で得られるブランドが本当に効果的なのであれば、世の中の“本物のブランド”を持った企業が既に活用しているんじゃないでしょうか。


例えば社長のキャラクターをアピールするとか、社員のキャラクターをアピールするとか(笑)


ただ、既にご存知かもしれませんが、先に挙げた高級ブランドはそんな表面的なブランディングはやっていません。


じゃあ何をやっているのかというと、

「自社が販売している商品そのもの」

に対するイメージの構築に力を注いでいるわけです。


しかし何故かアフィリエイターが自身のブランディングをしていく際には、

「自分自身が扱っているもの」

ではなく、

「自分自身」

の方に意識がフォーカスされている傾向にあるようです。


だからこそ、

「他の人と違う独自のキャラクター」
「他の人と違う言葉遣い」
「他の人と違う独自の経歴の持ち主」


のような“表面的なブランド”を作り上げてしまい、

「独自のブランドを作り上げたはずなのに、全然結果が出ない・・・」

といった極当たり前の結末に陥ってしまっている人も多くいるのではないかと思います。


結局は運営者のキャラクターなんて表面的なブランドに過ぎませんから、本当の意味での“ブランディング”にはなっていないからこその結果だと考えられるわけです。

アフィリエイターの理想的な「ブランディング」


それでは、アフィリエイターの“理想的なブランディング”って何なんだって話になるんですが、これまでの話の流れから大体想像できると思います。


つまりは、

「自分自身(名前、キャラクターなど)」

ではなく、

「自分自身が扱っているもの」

で勝負していきましょうって事ですね。


そしてこれは「アフィリエイト商品で勝負しましょう」という意味ではなく、「発信する情報で勝負しましょう」という意味になります。


アフィリエイター自身が扱っているものは自分のウェブサイトであり、そのサイトの中にある“記事(コンテンツ)”です。


アフィリエイターは自分で商品を作って販売しているわけでは無いですが、基本的な考え方は商品販売をしている企業と何ら変わりありません。


言ってみれば、サイトに投稿する1つ1つの記事が「アフィリエイターの商品」のようなイメージなんだという事です。


もし扱っている商品(コンテンツ)に価値が無いと思われれば、設定したキャラクターに関係なく

この人の情報には価値が無い=共感・信頼できない

と思われるでしょうし、逆に商品(コンテンツ)に価値があると思ってもらえれば、やはり設定したキャラクターに関係なく

この人の情報には価値がある=共感・信頼できる

と思ってもらえるわけです。


ですので、私自身はアフィリエイターにおける“理想的なブランディング”について、

「見込み客に“価値”を与えるコンテンツ(記事)を提供する事」

だという風に考えています。


アフィリエイターは、自身の発信する情報を1つの“商品”として捉えて、その商品によって自身のブランドを作り上げていくべき。


その事を意識してこそ、見込み客からの長期的・安定的な“共感・信頼感”を獲得でき、結果的により大きな利益も上げられるようになるのではないかと思います。


是非1つの“ブランディング”に対する認識として参考にしてください。


Kei


>コンテンツ一覧へ