Keiです。

アフィリエイトにおける“集客”の方法の1つとして、“無料レポートスタンド”がよく利用されます。


無料レポートスタンドはそれこそ“自分で作成したレポートを登録するだけ”でリスト(メールアドレス)を収集する事ができますので、メールマガジンの読者を集めたいアフィリエイターにとっては活用しやすい手段の1つだからです。


しかし、実際に無料レポートスタンドを利用した事がある人なら分かる通り、言葉で言うほど無料レポートスタンドは“お手軽”なものではありません。


苦労して作成した無料レポートが全然ダウンロードされない事なんてザラにありますし、場合によっては全くダウンロードされずにリストが1件も手に入らない、なんて事もあり得ます。


運が良ければ数百件程度のリストを集められる事もありますが、そもそも無料レポートスタンドから集めたリストのメルマガ精読率は、その仕組み上“かなり低い”傾向にあります。


ですので、仮に500件のリストを無料レポートで集められたとしても、その精読率が1%であれば、まともにメルマガを読んでくれる人はわずか5人・・・という事も普通にあるわけです。


アフィリエイト報酬が1万円の商品をその5人に対して紹介し、首尾よく1人が購入したとすれば、最終的に500件のリストから得られた収益は1万円という事になります。


一見すると割と酷い結果のように思えるかもしれませんが、実はこれは“まだマシ”な方で、先にも言った通り1つのレポートから獲得できるリスト数が“ほぼゼロ”の場合も存在するわけです。


そう考えれば、普通に無料レポートスタンドを活用したとしても

「儲けが全く労力に見合わない」

という事になる可能性が高いというのは何となくイメージできるのではないでしょうか。


・・・このように、私自身は過去に無料レポートスタンドを利用した経験から、現在では

「無料レポートスタンドを集客に活用するのは割に合わない」

と思っているわけですが、それでも“全く使い物にならない”と言うわけでもありません。


その使い方によっては“効果的な集客”にも十分に活用していく事ができる“優秀な集客経路”にしていく事も十分に可能です。


というわけで以下、

「アフィリエイトにおける無料レポートスタンドの効果的な活用方法」

について解説していきたいと思います。


※もしあなたが無料レポートスタンドの基本的な仕組みについて知識が無い場合は、まずこちらの記事を参考にして頂ければと思います。


>無料レポートスタンドの基本的な「仕組み」とその「目的」。

無料レポートスタンドの2つの活用方法


無料レポートを配布する目的は大きく分けて「集客(リスト収集)」と「教育(信頼関係の構築)」にあるわけですが、“無料レポートスタンドの活用方法”という視点で考えれば、それらに加えて

「情報収集」

も重要な要素の1つになってきます。


“情報収集”は何かと言うと、言ってみれば本来の無料レポートスタンドの利用方法です。

配布されている無料レポートの知識やノウハウを活用しよう、という話ですね。


つまりは、無料レポートスタンドを活用していく上では、

1. 集客(リスト収集)
2. 教育(信頼関係の構築)
3. 情報収集(知識のインプット)


の3つの活用方法が考えられるわけです。


これらの活用方法の内、最も重要なのは言うまでもなく“集客”ですが、特にネットビジネス初心者にとっては“情報収集”も上手く利用すれば効果的に収益化に繋げていく事ができます。


アフィリエイトで稼いでいく上での基本的なステップは、

1. 集客(見込み客を集める)
2. 教育(見込み客との信頼関係を構築する)
3. 販売(見込み客に商品を売り込む)


となるわけですが、知識のインプットは言うまでもなくこの内の“教育”に大いに役立てる事ができます。


特に質の高い無料レポートで提供される知識やノウハウは情報が体系化されている事が多く、例えばアフィリエイト関連の稼ぐ情報であれば

「アフィリエイトで稼ぐノウハウ」

の全体像を大まかに把握する事ができるという大きなメリットが存在します。


もちろんそういった情報はGoogleなどで検索するだけでも見つける事はできますが、“アフィリエイトの知識を全く持っていない初心者”からすれば、それこそ「何から調べれば良いのかがさっぱり分からない」というのが普通ですので、

「体系化されたアフィリエイトのノウハウ」

を知る事ができるのはその後のアフィリエイトの実践や情報発信などの段階において非常に役立つわけです。


もちろん無料レポートの中にも全く役に立たない情報もありますし、学ぶ事で逆に害になるようなノウハウがある事も否定しません。


が、例えば“メルぞう”ならこういった「e-book大賞 受賞作品」などを参考にすれば、変な知識は概ね避ける事ができるはずです。


メルぞう:
http://mailzou.com/

ですので、まず「これから取り組もうとしている分野の知識が不足している」という場合は、こうした無料レポートから“体系化された知識”を学んだ上で、必要な箇所について更に詳細に知識を習得していって頂ければと思います。

・・・

というわけで今回の記事の中では、特に“集客”に絞ってその具体的な活用方法と利用上の注意点などについてお伝えしていきます。

「集客」における無料レポートスタンドの活用


まずは、アフィリエイターにとっては最も代表的な無料レポートスタンドの使い方である“集客(リスト収集)”です。


無料レポートスタンドにおけるリスト収集の方法には、大きく分けて


1. ダウンロード
2. 紹介
3. メルマガ広告



といった3つの方法があり、この内最も効果的かつ効率的にリストが集められるのは“メルマガ広告”になります。


ただ、大半の無料レポートスタンドにはこの“メルマガ広告”というサービスが用意されてはいるものの、その利用金額は比較的高額です。


例えば有名な無料レポートスタンドである“メルぞう”では、作成した無料レポートをサイトとメルマガで1ヶ月間繰り返し紹介してもらうのに「79,800円(または59,800円)」掛かります。


また、別の無料レポートスタンドである“インフォゼロ”では、メルマガ広告を発行するのに「52,500円」の費用が必要になります。


こちらは無料レポートスタンドでは無いのですが、無料メルマガスタンドの1つである“まぐまぐ”の場合、精読率重視で3000件のリストを収集するのに「1,620,000円」も必要になる可能性があります。


ですので、確かに広告の活用によって効率的にリスト収集ができるものの、基本的には“既に資金に余裕のある人向け”の方法になります。


既にアフィリエイト(あるいはメールマガジン)で結果を出している人からすれば、“次のサイト”を構築する時にこういった広告などを活用していけば、短期間で効率的に成果を上げていく事もできるわけです。


ですが当然、これから初めてアフィリエイトを始めようという人からすれば、何万円もの資金をいきなり投資する勇気は持てないと思います。


したがって、

「いかに小資金で効率的にリスト収集するか」

が問題になってくるわけです。

小資金で効率的にリスト収集する方法


そこで私がお勧めしたいのが、無料レポートスタンドの1つである“info-zero(インフォゼロ)”の活用です。


info-zero(インフォゼロ):
http://info-zero.jp/


インフォゼロにはその他の無料レポートスタンドとは異なり、全ての無料レポートに対して“DL(ダウンロード)報酬”が設定されています。


デフォルトでは自分のレポートがダウンロードされた時には「10円」の報酬を獲得でき、他の人の無料レポートを紹介した時には「50円」のアフィリエイト報酬を獲得する事ができるようになっています。


ですので、例えば自分のレポートが100本ダウンロードされれば「10×100=1,000円」、仮に1000本ダウンロードされれば「10,000円」のDL報酬が得られるわけです。

あなたがインフォゼロで発行したE-BOOKが購読されると、
1人の購読につき10円の報酬と、メールマガジンの登録があれば
購読者の氏名とメールアドレスがメールマガジン購読許可を得た状態で提供されます。


そしてインフォゼロでは、自分で好きなようにDL報酬(アフィリエイト報酬)を設定する事もできます。


例えばこちらの「高額報酬ランキング」を確認すると、DL報酬が「251円」や「300円」に設定されている事が分かります。


紹介する側からすれば無料レポートがダウンロードされるだけで300円のDL報酬を獲得できる事から、DL報酬を高額に設定すればするほど“紹介”によるレポートのダウンロード数が増加する事が期待できるわけですね。


この方法であれば、リスト1件あたり多くても数百円程度の費用で済みますし、いきなり数万円もの金額を投資する必要も無い為、比較的初心者にとっても利用しやすいのではないかと思います。


また高額報酬ランキングを見ても分かる通り、“DL報酬を高額に設定するだけ”で作成した無料レポートの露出頻度を上げる事ができますので、それだけでも単純にダウンロードされやすくなるというメリットも存在します。


というわけで、具体的な設定手順について解説します。

DL報酬の設定手順(図解)


まずは以下のページにアクセスし、インフォゼロに会員登録します。


info-zero会員登録ページ:
https://info-zero.jp/kareg.php


必要な情報を入力して送信すると以下のメッセージが表示されますので、


登録メールアドレスに届いた「仮登録完了のお知らせ」メールから本登録を行います。


登録完了後ログインし、My PageにアクセスするとE-book(無料レポート)を発行できるようになっています。


まず最初に、DL報酬の設定に必要な“ポイント”を購入する必要がありますので、メニューの「ポイント管理」からポイントを購入します。

(購入するポイントはあなたの予算に合わせて選択してください)



次にメニューから「E-book管理」を選択し、新規登録ボタンを押下します。


するとE-book登録ページが表示されますので、この中の「アフィリエイト報酬加算」でDL報酬を設定してください。


ちなみに私としては、基本的には“アフィリエイト報酬加算”は、“独占広告”と併せて利用する事をお勧めします。


独占広告は上記を見ても分かる通り

「ダウンロード時に表示されるメルマガが自分のもののみになる」

という機能であり、レポートをダウンロードした人が「自分以外のアフィリエイターのメルマガ」に登録される事を防ぐ事ができます。


独占広告の設定を行わなかった場合には、無料レポートをダウンロードする時に以下のように複数のメルマガへの入会が必須となりますが、



独占広告の設定を行えば、以下のように「E-book発行者のメルマガ」への入会のみが無料レポートの購読条件になります。



よって、他のアフィリエイターのメルマガへ見込み客が流れる割合を減らす事ができますので、取得したリストのメルマガ精読率の向上にも繋がるわけです。


独占広告は無料レポートのダウンロード1件につき100ポイントが余分に必要になりますが、それに見合うだけの価値は十分にありますので、アフィリエイト報酬加算を行う場合は設定しておく事をお勧めします。

「アフィリエイト報酬加算金額」の目安


アフィリエイト報酬加算の設定金額の目安としては、先にも挙げた「高額報酬ランキング」の金額を基準にして頂ければと思います。


例えば私がランキングを確認した時点では、1位と2位が「300円」、15位が「150円」に設定されていましたので、アフィリエイト報酬加算額を「101円」に設定すればデフォルトのアフィリエイト報酬と合わせてDL報酬は

50円+101円=151円

となり、作成したレポートが少なくとも15位以上にランクインする事になります。


また、アフィリエイト報酬加算額を「251円」に設定すればそのDL報酬は

50円+251円=301円

となりますので、高額報酬ランキングの1位に持っていく事ができるわけです。


ランキング上位の方がダウンロードされやすくなりますが、当然ながらそれだけ“お金”も掛かってきますので、具体的な加算額に関してはあなたの予算に合わせて設定して頂ければと思います。

・・・

以上、無料レポートスタンドであるインフォゼロにおけるリスト収集の方法について解説しました。


メルマガ広告やリスト収集サービスを利用すれば数万円単位の金額が平気で掛かりますが、こちらの方法を活用すれば比較的小資金(5000円~)で“質の高いリスト”を獲得する事ができますので、是非あなたの状況に合わせて活用していってください。


こういった方法を上手く活用していく事ができれば、

「お金がお金を生む」

という好循環を効率的に生み出していく事もできるようになります。


参考にして頂ければ幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ