Keiです。

今回は、完全に前回の続きとして

「アフィリエイトにおけるキーワード選定」

についてもう少し深く解説していきたいと思います。


※前回の記事はこちらです。

>アフィリエイトにおけるキーワード選定の具体的手順。

検索キーワードを更に深掘りする


実のところ、前回の手順に従ってテーマに関連するキーワードを抽出していけば、特に問題なく十分な数のキーワードを選定する事が可能だと思います。


ですのでここからお話する事は、言わば私の自己満足みたいなものです(笑)


今回は、前回抽出した「薄毛」に関するキーワードを元に、これを更に深掘りしていってみたいと思います。

(あらかじめ言っておきますが、私は薄毛の分野に関する知識は何一つ持っていません)

>usuge_keyword_100-1000.txt


ちなみに使用するWedツールは、前回にも活用したGoogleのキーワードプランナーです。


キーワード選定をする際には“必須”と言っても決して過言ではありませんので、もしあなたがアカウントを作成していないのであれば、必ずAdWordsアカウントを登録しておいてください。


キーワードプランナー:
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

「他のサイト」はどんなキーワードで集客しているのか?


今回調査していくのは、

「ある程度検索ボリュームがあるキーワードで上位表示されているサイトは、他にどんなキーワードで集客しているのか?」

という事です。


例えば「薄毛」で上位表示されているサイトであれば、まず間違いなく「薄毛」で上位表示されている以上は、「薄毛」に関連する他のキーワードでも集客しているはずです。


前回抽出したキーワードで言えば、もしかしたら

「薄毛 対策」
「薄毛 女性」
「薄毛 改善」
「薄毛 原因」
「薄毛 坊主」
「薄毛 病院」
「薄毛 予防」
「薄毛 サプリメント」


といったキーワードでも上位表示されているかもしれませんし、薄毛を気にしている“潜在的な見込み客”を集める為のキーワードを活用して集客している可能性もあります。


前回の方法で抽出できるキーワードは、あくまでもQ&Aサイトや商品のセールスレターなどから“機械的に収集したキーワード”ですから、

「あなたがまだ気付いていない、見込み客を集められるキーワード」

が他にも多数存在する可能性があります。


ですので、キーワードプランナーを使って更にキーワードを深掘りする事によって、そういったキーワードを探索しようというわけです。


とりあえず、まず最初にメインキーワードである「薄毛」でGoogle検索してみると、こんな感じで検索結果が表示されました。


次に、赤枠で囲まれた緑色の文字の箇所に注目し、実際に上位表示されているページのURLをメモしていきます。


メモしていく際、

「そのサイトはキーワードに関連したテーマに特化した情報を扱っているか?」

に注意して、雑多なジャンルの記事を扱っているサイトのURLは無視して問題ありません。

(ついでに言えば、広告サイトと2ページ目以降に表示されているサイトも無視してOKです)


というわけで実際に確認したところ、以下のURLを抽出する事ができました。(※URLは最初の「h」を外しています)


ttp://www.biotech.ne.jp/usuge/
ttp://hagelabo.jp/categories/usuge?ab=b&utm_expid=106192599-4.yKpiPTysQc6RTB4Xh6sWkQ.2&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F
ttp://news-taiken.jp/wellness/hair201607
ttp://scalp-d.angfa-store.jp/hair-doctor/ignorance
ttps://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/17_usuge/index1.html
ttp://hage-land.com/usuge_genin_03/
ttps://www.rs-clinic.com/menu/aga_koutai.html
ttp://www.hair-protecter.com/thinning_hair/measures.html



必要な情報が抽出できたので、キーワードプランナーにアクセスします。


ログイン後、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」の箇所に以下のように入力します。

宣伝する商品やサービス:検索キーワード
ランディングページ:抽出URL
商品カテゴリ:ヘアケア
※「商品カテゴリ」は省略可

上記検索条件でのキーワード候補の取得結果がこちらになります。


なんか色々表示されていますが、こうする事によって検索条件に関連するキーワードを抽出する事ができるわけです。

キーワードが大量に見つかったので、前回と同じように「Excel用CSV」をダウンロードします。

実際のダウンロードファイルがこちら。

>Keyword Planner 2017-05-29 at 16-41-58.csv


このCSVファイルをExcelやGoogleスプレッドシートなどで開き、「Avg. Monthly Searches (exact match only)」の大きい順に並べ替え、「100-1000」以上のキーワードを全部取り出していきます。


そして同じ作業を残りのURLに対しても行います。


最終的に得られた薄毛キーワードの一覧が以下になります。大量ですね。

>usuge_keyword_ex.txt


ちなみに私は作業を効率化する為に、


1. 全てのURLに対するCSVファイルを一通りダウンロードする
2. 全CSVファイルの内容をGoogleスプレッドシートにコピペする
3. 検索キーワードの重複データを取り除く
4. キーワードの検索ボリュームを再確認する



といった手順を踏んでいます。(もっと効率の良い方法があるかもしれませんが、参考にという事で)


作業の途中経過はこんな感じです。


最終的には、単一の「薄毛」というキーワードから始まり、月間平均検索ボリュームが100以上のキーワードが「812個」発見できた事になります。


ちなみにこの段階で抽出できたキーワードで満足できなかった場合は・・・もう分かりますね。


別のキーワードを元に、同じようにしてキーワードを深掘りしていけば良いだけです。

発掘したキーワードをある程度の塊にまとめる


後は前回お伝えしたのと同様に、大量に発掘したキーワードを元にコンテンツ(記事)を作成していけば良いだけなんですが、正直ブログにアクセスを集めるのに800記事も必要ありません。


むしろ、これだけ大量のキーワードを元にまともに記事を書こうと思えば途方に暮れる事になると思います(笑)


また、先ほど抽出したキーワードの中には例えば、


「抜け毛 予防 シャンプー 男性」
「抜け毛 予防 シャンプー 女性 市販」
「抜け毛 予防 シャンプー 女性」
「抜け毛 予防 シャンプー 市販」
「抜け毛 予防 シャンプー」
「抜け毛 予防」



といった複合キーワードのように、

「あるキーワードの関連キーワード」

になっているものも多く含まれています。


こういった場合、実際にコンテンツを作成していく際に、

「抜け毛 予防 シャンプー 女性 市販」



「抜け毛 予防 シャンプー 女性」

で別々の記事を作成するのは明らかに不自然ですよね。


ただし男性用と女性用では情報の伝え方を変える必要がある可能性がありますので、「抜け毛 予防 シャンプー 男性」「抜け毛 予防 シャンプー 女性 市販」では記事を分けた方が良い場合もあると思います。


というわけで、そういった辺りを意識しながらキーワードを“コンテンツ単位”になるようにまとめていってください。


ちなみに、先ほどのキーワードリストを文字列順に並べ替えるだけでも大分見やすくなります。

>usuge_keyword_ex2.txt

収益化しやすそうなキーワードを探す


最後のステップです。


いくら検索ボリュームがあるキーワードでコンテンツを作成して自分のサイトに大量のアクセスが集まってきたとしても、それが収益に繋がらなければ何の意味もありません。


コンテンツを読んでくれた見込み客が、

「この情報は凄く役に立った!」

と思ってくれるのはそれはそれで良いんですが、結局アフィリエイトをするのは“お金を稼ぐ為”ですから、集まってきたアクセス(見込み客)を効率的に収益化していく必要があります。


よって、その為に“抽出したキーワード”の中でも“収益化しやすそうなキーワード”だけをあらかじめ選定しておくのが効果的になってくるわけです。


私は薄毛系のアフィリエイト商品(広告)にどんなものがあるか全く把握していないんですが、非常にぼんやりした「シャンプー」というキーワードよりは「薄毛 女性 育毛剤」の方が悩みが深い事ぐらいは分かります。


この辺りは実際にASPに存在するアフィリエイト商品に沿って選定していく必要があると思います。


ただ、サイト運営初期は特に、“検索ボリュームの大小”よりも“見込み客の悩みが深そうなキーワード”を優先してコンテンツを作成していった方が良いでしょう。


検索キーワードの悩みが深ければ深いほど、少ないアクセス数でも収益化できる(商品が売れる)確率は高くなりますからね。


真面目に考えると結構面倒だとは思いますが、最初にこういった作業を真面目にやっておくかどうかで、アフィリエイトにおけるあなたの成功確率・成功速度は大きく変わってくるはずです。


以上、

「アフィリエイトにおけるキーワード選定(発展編)」

について解説しました。


ここまでキーワード選定をやっておけば、

「ブログに何を書けばいいか分からない・・・」

なんて悩みとは無縁になれるのは間違いありませんので、後はもう“良質なコンテンツを作成する”という作業を継続できるかどうかで全てが決まってきます。


こちらの記事も良ければ参考にしてください。

>「コンテンツ作成」におけるSEO対策の前提要素。



それでは。


Kei


>コンテンツ一覧へ