Keiです。

今回は、

「アフィリエイトにおける“稼げるテーマ”の選定法」

についてお伝えすると同時に、

「アフィリエイト初心者が稼ぎやすい3つのジャンル」

についても具体的に解説していきたいと思います。

・・・

まず最初に、この“テーマ”という言葉の意味を明確にしておきましょう。


ここで私が“テーマ”と言っているのは、

「これから情報発信をしていく上で軸にする分野(ジャンル)」

の事を意味します。


例えば旅行ブログだったら“旅行”がテーマ。

健康ブログだったら“健康”がテーマ。

株式投資関連のブログだったら“株式投資”がテーマになります。


そしてそれぞれのブログでは、予め決めておいたテーマに沿って“ユーザーの役に立つ情報”を発信していく事になります。


そのまんまですね(笑)


アフィリエイトにおいて“長期的に稼ぎ続ける仕組み”を構築するには、「ユーザーにとって役に立つ情報」の発信は必要不可欠です。


何故なら、この“情報”によって見込み客との信頼関係を構築し、商品を販売を目指す上での“質の高い見込み客”の集客を行っていく事になるからです。

(“質の高い見込み客”というのは、簡単に言えば“あなたが売りたい商品を購入してもらいやすい見込み客”を指します)


つまり、ここで言う“情報発信におけるテーマ”はアフィリエイトを実践していく上で、


・集客(見込み客を集める)
・教育(見込み客との信頼関係を構築する)
・販売(見込み客に商品を販売する)



といった全てのステップに密接に関わってくる事になります。


したがって、まずは

「これからどんなジャンルの情報を発信していくのか」

を明確にしておく必要があるわけです。


凄くサラッと話していますが、この“テーマ”の選定は極めて重要な作業です。


仮にあなたがアフィリエイトを現在行っている、またはこれから行っていこうと思っているのであれば、ここで選定したテーマに基づいて、


・販売していく商品の選定
・情報の発信
・今後の販売戦略の策定



などを行っていく事になります。


要するにこの“テーマ”は、あなたが今後アフィリエイトに取り組んでいく際、集客から販売、更にはその後のマーケティング戦略も含めた全ての基礎になる重要な要素である、という事です。

アフィリエイトで「テーマ」を選定すべき理由


ところで、単純にブログへの集客“のみ”を考えた場合、実はテーマなんて全く決めずに

「現在世の中で話題になっているニュース」

を元にした情報発信を行うだけでも、膨大なアクセスを稼ぐ事は十分に可能です。


例えば何らかの衝撃的な事件・事故が起これば、その出来事に関する情報や自分なりの意見を発信する。


話題になった人物(芸能人など)がいれば、その人物に関する情報を整理して発信する。


そんな風に、

「その時話題になったニュースやそれに関係する人物」

に関する情報を記事にしてブログへ投稿していくだけでも、1日に数万、上手くいけば数十万もの膨大なアクセスを集めていく事ができるわけです。


実際、そういう風にただアクセス“だけ”をひたすら集める事でお金を稼ぐ方法も存在します。


参考:
>私がトレンドアフィリエイトを初心者にお勧めしない理由。


ただ、そうして集まったアクセス(人)に対して何らかの商品を勧めていったとしても、基本的にはほとんど成約に至る事はありません。


もちろん、例えば芸能人の記事であれば“その芸能人に関連した商品”を自然に勧めていけばある程度の金額を稼ぐ事はできるでしょうが、あなたが効率的に稼いでいきたいと思うなら、こういった方法は非常に“非効率的”な面も存在する事を認識しておく必要があります。


そもそも、実のところ短期間で膨大なアクセスを集めると、Googleに目を付けられるリスクも高くなってきます。


ネットビジネス初心者がそうした膨大なアクセスを集められる記事を書く場合、どうしても「ニュース記事の焼き直し」や「他のブログ記事の焼き直し」になってしまうケースが多くなります。


そしてそんな記事はGoogleにとっても、またブログの訪問者にとっても、

「価値の無い(あるいは低い)情報」

だとみなされる可能性が高くなります。


Googleは基本的に情報の発信者に対して“良質なコンテンツ”の提供を求めていますので、当然ながら“質の高いコンテンツ”を提供しているサイトの方が上位表示される可能性は高くなります。


Googleが公式に公開している「Google検索エンジン最適化スターターガイド」の中では、その「質の高いコンテンツ」の例として、


・読みやすい文章
・トピックごとに整理されたコンテンツ
・独自で新鮮なコンテンツ
・ユーザーのニーズに応えるコンテンツ



といったものが具体的に挙げられています。


そしてこれらの内、“独自で新鮮なコンテンツ”の解説の中で、

『既存コンテンツの焼き直しやコピーなど、ユーザーにとってほとんど価値がないコンテンツは作らない』

という注意事項がハッキリ書かれているわけです。


だからこそ、ひたすらアクセスを集めるだけの“焼き直し記事”などは特にGoogleから目を付けられやすく、

「(手動あるいは自動の)ペナルティ」

の対象になりやすくなります。


これらの“ペナルティ”を受けたサイトは著しくGoogleでの検索順位が下げられてしまう為、一時的に膨大なアクセスを集める事ができたとしても、すぐにアクセス数が激減してしまう事になります。


基本的にはアクセス数がほとんどゼロになる、と考えて差し支えありません。


そうなると、それまでにあなたが費やした時間と労力が全て無駄になってしまうわけです。


ちなみこの話、実際に以前私が参加していた“高額塾”の参加者から聞いたものでもあります。


やっと月に50万円稼げるようになったかと思ったら、次の月にはペナルティを受けて収入がゼロになった。


そんな“最悪の事態”が発生した体験も聞いた事があります。


だからこそ、単純にアクセス数だけを追い求めるのではなく予め明確に情報発信における“テーマ”を決定しておく事で、

「必要なアクセスを必要なだけ集める」

という事を最初から意識しておく必要がある、と私は考えています。


また、テーマを決める事でその分野に特化した“専門的なブログ”を構築する事ができますので、

「質の高い情報を発信しているブログ」

であるとGoogleにみなされやすくなるメリットも存在します。


商品を販売(紹介)してお金を稼ぐのに、“膨大なアクセス”なんて全く必要ありません。


“その商品を求めている見込み客”だけをピンポイントで集めた方が、良質なコンテンツも提供しやすくなりますし、それと同時に極めて効率的に収益化を図っていく事も可能になります。


それこそ私の師匠の運営するブログの1つは“1日200PV前後”しかありませんが、それでもそのブログから得られている収入は

「月に200万円」

という莫大なものです。


必要な見込み客だけをピンポイントで集め、その見込み客が求める情報だけを提供していく。


その方法を突き詰めていくだけでも、師匠のような常識外れの成果を生んでいく事ができるようになってくるわけです。

アフィリエイトにおける「稼ぐテーマ」の選定法


それではここから、“テーマ”を選定する方法について具体的にお伝えしていきたいと思います。


もちろん、既にあなたが

「こんなブログを作って、こんな商品を売っていきたい」

というイメージを持っている場合はそのままその方向で情報発信していって頂ければ問題ありません。


ただ、特に「こんな商品を売っていきたい」というイメージが無い場合もあるかと思いますので、その場合はここからの話が大いに参考になるはずです。

「テーマ」を決定する2つの視点


さて、テーマを選定していくには、大きく分けて2通りの考え方があります。


・「売りたい商品」を視点にテーマを決める
・「自分自身」を視点にテーマを決める



“あなたが売っていきたい商品”を軸に据えるか、それとも“自分自身”を軸に据えるか。


あなた自身が既に自分の商品を持っていてその商品を販売していきたいとか、その他「どうしても売りたい商品がある」という場合は、その商品を元にテーマを決めて頂ければ問題ありません。


この場合は、最初から目的を

「その商品を販売する事」

とした上で、その商品のテーマに応じた見込み客を集め、信頼関係を構築し、最終的に商品を売り込んでいく形になります。


一方、あなたが現時点では特に「売りたい商品が思いつかない」というのであれば、“自分自身”を視点にテーマを選んで頂ければと思います。


もちろん“自分自身”を軸に据えてテーマを選定する前に「これから売っていきたい商品」を探しても良いとは思いますが、私としては

「行動へのモチベーションが保ちやすい」

という理由から、

「自分自身を視点にテーマを決める」

事を推奨させて頂きます。


結局はどれだけ稼げるテーマを選んだとしても、モチベーションを維持できなければ稼げるようにはならないからです。


さて、自分自身を視点に情報発信におけるテーマを決める場合は、


・自分の得意な分野
・自分の興味がある分野
・自分がこれから学んでいきたい分野



など、“自分が取り組みやすい分野”をテーマとして選定していく形になります。


最初からあなたに得意な分野(あるいは、好きでいつの間にか知識が増えていった分野)がある場合は、その得意分野を“テーマ”としてブログで情報発信していけばOKです。


そんな得意分野が存在するなら、正直あなたの“成功”はほぼ約束されたようなもので、情報発信もあまり苦にならず自然と“良質なコンテンツ”を作成していく事もできると思います。


ただ、あなた自身に「得意分野なんて存在しない」という場合。


もしくは、得意分野はあるけどとても稼げるような分野では無い場合。


もちろん、他でもない私自身、アフィリエイトを開始した当初はまともな得意分野を持っていなかったわけですが・・・。


その際は、必然的に

・自分の興味のある分野
・自分がこれから学んでいきたい分野


をテーマとして選んで頂く事になります。


この場合は、あなたが興味を持って学んだ事をブログなどに“記事”という形でアウトプットしていく事になります。


学んで理解した知識をあなたなりの形に分かりやすくアウトプットしていく事で、あなたさん自身のオリジナルなコンテンツ(記事)を作成していくわけです。


そうしてインプットとアウトプットを繰り返していけば、次第にその分野こそがあなたの“得意分野”になっていく。


そして“得意分野”になりさえすれば(実は得意分野になる途中でも問題ないわけですが)、先にお話しした“最初から得意分野に取り組んでいくケース”と同じように集客から販売までのプロセスを踏んでいく事ができます。


結局のところ、

「得意分野をテーマにするかしないか」

というのは、

「必要な知識を新たにインプットするかしないか」

の違いしかありませんので、最終的に行き着く先は変わりません。


更に言えば、どんな得意分野であっても「今持っている知識だけで永遠に情報発信できる」という事はあり得ませんから、どこかの時点で必ず新たな知識を学ぶ必要は出てきます。


ちなみにですが、あなたが既に得意分野を持っている場合でも、そのテーマに特にこだわらずに

・自分の興味のある分野
・自分がこれから学んでいきたい分野


へと敢えて挑戦していくのも大いにアリだと思います。


新たな分野の知識をインプットしていけば更に自身の得意分野を増やす事ができますし、そうなればアウトプットの“幅と深み”も増し、より魅力的なコンテンツを作成していく事も可能になります。


何より、ビジネスそのものを“自己成長”へと繋げていけるのも大きいですね。


というわけで、“テーマ”を選定していく際は、

・自分の得意な分野
・自分の興味がある分野
・自分がこれから学んでいきたい分野


から決定して頂ければと思います。


ところで、

「別に興味がある分野も学びたい分野も無いんですが・・・」

という場合。


正直言えば私もこんな風に考えるタイプだったので、この場合についても一応お話しておきます(笑)


こんな時はそれこそ、あなたが今から学ぼうとしている

「アフィリエイト(あるいはネットビジネス)」

をそのままテーマにしてしまっても良いと思います。


もちろんその際は意識して情報発信する際に“独自色”を出していく必要があります。


独自色(オリジナリティ)の出し方は色々あると思いますが、例えば様々な分野の書籍からも情報をインプットし、それを自分なりに整理して、初心者でも理解しやすい形でアウトプットするなど。


1つの情報源のみからインプットとアウトプットをすると必然的に“どこかで見た事があるようなコンテンツ”になってしまいますので、意識して複数の情報源からインプットし、その上で分かりやすくアウトプットしていくわけです。


そんな風に多角的に情報を収集して意識的にインプットとアウトプットをしていく事ができれば、それはあなた自身の立派な“オリジナルコンテンツ”になります。


ネットビジネスやアフィリエイト、あるいは販売戦略をより全般的に捉えた“マーケティング”に関する教材や書籍などは世の中に多数販売されていますので、その分情報収集も、コンテンツの作成もしやすいと思います。


更には、この分野をテーマとして選んだ場合、販売されている商品の数も多く、その需要も高い為、“収益化しやすい(稼ぎやすい)”というメリットも存在します。


というわけで、もしあなたが現在

「どのテーマを選ぶべきか」

に悩んでいるのであれば、まずは“ネットビジネス”や“アフィリエイト”をテーマとして選んでみてはいかがでしょうか。

「稼げるテーマ」と「稼げないテーマ」


先ほど私はテーマを選定していく際、“自分自身”を軸に選んでいくのであれば

・自分の得意な分野
・自分の興味がある分野
・自分がこれから学んでいきたい分野


から決めていくのが良い、とお話ししました。


しかしここで一点、注意すべきポイントがあります。


それは、

「選定したテーマが“稼ぎやすいかどうか”」

という点です。


当たり前の話ではありますが、テーマによっては

・収益化しやすいテーマ
・収益化しにくいテーマ


というものが存在します。


例えば先に提案させて頂いた

・ネットビジネス
・アフィリエイト
・マーケティング


といったテーマ。


これらは率直に“収益化しやすいテーマ”に当たります。


逆に、“稼ぎにくいテーマ”。


これは例えば、私の得意分野である“タイピング”が挙げられます。


タイピングは要するに「キーボードを常人より早く打てる」という単純な事なんですが、この分野で収益化しようと考えても大きな金額は稼げない可能性が高いです。


タイピングの分野での販売商品について考えると、キーボードやゲームソフトなどが挙げられますが、そもそも基本的にはタイピングなんて無料ソフトだけで十分、それこそ国内トップクラスまで上達する事が可能です。


キーボードだってそんなに高価ではない上に、基本的には1台あれば十分です。


そもそも結構マニアックな趣味だとも思いますので、需要だってそんなに無いと思います(笑)


というわけで、仮にあなたが既に得意分野を持っていたとしても、私のようにそのテーマが“収益化しにくい”場合があるかもしれません。


ですので、ここで一般的にもよく言われる“稼ぎやすい”テーマについてお伝えしたいと思います。

稼ぎやすい3つのテーマ


私が初心者が最初に選ぶべきだと考える、3つの“稼ぎやすいテーマ”がこちらになります。


1. 「稼ぐ」系
2. 「恋愛」系
3. コンプレックス系


「稼ぐ系」テーマ


1つ目の「稼ぐ」系は、その名の通り“お金を稼ぐ”事に関連するテーマになります。

例えば、具体的には先に挙げたような

・アフィリエイト
・ネットビジネス
・マーケティング


といったテーマがそうですね。


更に言えば上記のテーマの1つである“アフィリエイト”をより細分化した、

・ブログアフィリエイト
・メルマガアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト
・物販アフィリエイト


といった各アフィリエイト分野も「お金稼ぎ系」のテーマとしていく事ができますし、“ネットビジネス”というテーマであれば、

・せどり
・輸入・輸出系ビジネス
・YouTube系ビジネス
・Twitter系ビジネス
・その他SNS関連のネットビジネス


といった感じで細分化したものも「お金稼ぎ系」のテーマになります。


こんな風に具体的に挙げればキリがない程、「お金稼ぎ系」のテーマは世の中に溢れています。


何にせよ、社会で生活しているほとんどの人にとって

「お金が今よりもあったら便利」

だと考えるのは極自然な事だと思いますので、その分需要も高く“稼ぎやすい”テーマである、と言えるわけです。

「恋愛系」テーマ


2つ目の「恋愛」系は、文字通り“恋愛”に関するテーマになります。


このテーマも非常に色々な商品が販売されていて、多くの人が関心を持つジャンルである事から需要も非常に大きいです。


具体的にはこのテーマでは、

・ナンパする方法
・女性を落とす方法
・恋愛会話テクニック
・復縁(離縁)する方法
・恋愛メールテクニック


といったジャンルの商品が販売されています。


一口に“恋愛”テーマと言っても、その中には例えば“心理誘導テクニック”も含まれますし、“セックステクニック”のようなものも含まれます。


男女の関係(男女に限らないかもしれませんが)は多くの人が興味を持っている分野ですので、先の「稼ぐ系」と同じく、「恋愛系」も収益化しやすいテーマであると言えるわけです。


またこのテーマには他にも、

「比較的強力なライバルが少ない」

というメリットも存在します。


ですので、もしあなたが“恋愛分野に強い関心を持っている”という場合はこのテーマを選ぶのもオススメです。

「コンプレックス系」テーマ


さて3つ目の「コンプレックス系」ですが、こちらは具体的には

・美容
・ダイエット
・その他の健康系
・身長を伸ばす方法
・どもり
・あがり症
・ED(勃起不全)
・視力回復


といったテーマが挙げられます。


つまりは、このテーマも文字通り“コンプレックスに関するテーマ”になります。


コンプレックス系のテーマで最も代表的なものは、やはり“ダイエット”でしょう。


“ダイエット市場”の市場規模は2兆円とも言われており、ダイエット方法そのものも非常に細分化されていますし、世の中の需要も非常に大きいテーマになります。


と言ってもダイエット分野は市場規模が大きい分だけ競合も強力な傾向にありますので、”需要の大きさ”がそのまま“収益化のしやすさ”に直結するわけでもありませんが・・・。


もちろん、

「収益化しやすいテーマの1つである」

というのは変わりませんから、興味があれば挑戦してみるのも良いと思います。


ちなみにコンプレックス系テーマには、その“コンプレックスの内容”によっては

「需要が少なくても大きな金額が稼げる」

といったものも多く存在します。


要するに、需要が少ない場合でもその“悩み”が非常に深いケースも多くあり、その分見込み客の悩みや恐怖を理解できていれば、

「商品の成約率自体が非常に高くなる」

という場合もあるわけです。


この辺りはコンプレックス系テーマならではの「面白い特徴」だと思います。


多くの人が気付いていないような“隠れた悩み”に気付く事ができれば、人知れずこっそりと大金を稼ぐ事もできる。


そんなある意味“夢のあるメリット”も存在するわけです。


よって、もしあなたが現在何らかのコンプレックスを抱えていて、その問題を解決したいと思っているのであれば、コンプレックス系のテーマを選んでも良いと思います。


見込み客の気持ちを深く理解できればできる程、“コンプレックス系”のテーマは結果を出しやすくなります。

アフィリエイトにおける「稼げるテーマ」の選定法:総括


というわけで以上、

「アフィリエイトにおける“稼げるテーマ”の選定法」

を具体的にお伝えすると同時に、“稼ぎやすい3つのテーマ”として、

1. 「稼ぐ」系
2. 「恋愛」系
3. コンプレックス系


について解説させて頂きました。


もちろんこの他にも稼ぎやすいテーマはあるとは思いますが、基本的にはこれらの中から選んでいくのが、

「ネットビジネス初心者でもなるべく早く結果を出す」

という意味において効率的だと思います。


あなたが「どうしても売りたい商品がある」というのであれば、その商品を軸にしたテーマを。


そういった商品が特に無いのであれば“自分自身”を軸にして、

・自分の得意な分野
・自分の興味がある分野
・自分がこれから学んでいきたい分野


をよく見定めた上で、そういった分野を元に情報発信していく際のテーマを決定して頂ければと思います。


参考にして頂ければ幸いです。


Kei


>「無趣味・得意な事が無い」という人の場合のテーマ選定。

>コンテンツ一覧へ