Keiです。


今回は、「無料ブログと有料ブログの違い」について具体的に解説します。


と言っても、単純に趣味でブログを運営する場合と、アフィリエイトなどのようにビジネス目的で利用する場合とで当然その「ブログ」の持つ目的も異なってきますので、この記事では

「アフィリエイトに向いているのは無料ブログか、それとも有料ブログか」

という点に絞ってその「違い」に言及していきたいと思います。


あなたがもしこれからアフィリエイトなどの“ビジネス目的”でブログを活用していきたい、と考えている場合は是非参考にして頂ければと思います。

無料ブログのメリット・デメリット


「無料ブログ」のメリットで真っ先に思いつくものと言えば、文字通り「無料である事」でしょう。


「無料ブログ」は様々な運営会社が「無料」で提供するブログサービスで、例えば

・アメーバブログ(サイバーエージェント)
・FC2ブログ(FC2)
・Seesaaブログ(シーサー)
・Blogger(Google)
・livedoorブログ(LINE)


※括弧内は運営会社


といったサービスがあります。


ほとんどのサービスで(一部制限はあるものの)アフィリエイトが可能ですし、ブログサービスにユーザー登録さえしてしまえばすぐにブログを開設し、ブログ記事を投稿する事ができます。


無料ブログは全くブログを触った事も無い初心者であっても簡単に利用していく事ができますし、また膨大な数のテンプレート(ブログデザイン)も用意されていますので、デザイン性(見た目)に関しても簡単にそれなりのものを作成する事ができます。


またその他にも、

「運営初期は有料ブログより上位表示されやすい」

というメリットも存在します。

これは無料ブログの「ドメインパワー」によるところも大きく、例えばアメブロであれば「ameblo.jp」、Seesaaブログであれば「xxxx.seesaa.net」(「xxxx」は正確にはホスト名)といったドメイン名になります。


こういったドメインは同サービスを利用する他の無料ブログ運営者も共通して使用しているドメインですから、ドメインの年齢(ドメインエイジ)が長く、ブログを開設したばかりの頃からGoogleやYahoo!に比較的「評価」されやすい傾向があります。


だからこそ、特に運営初期は有料ブログと比較して“上位表示”もされやすくなるわけですね。


少し分かりにくく感じるかもしれませんが、要するに

「既に運用実績のあるドメインに“相乗り”できるから、最初から検索エンジンに評価されやすい」

という事です。


また同様の理由から、投稿した記事が検索エンジン(GoogleやYahoo!)にインデックスされやすい為、運営初期からすぐに検索エンジンからのアクセス流入が見込める、というメリットも存在します。


ただし、そういったメリットが存在する一方で、


・長期的な運営を考えると有料ブログより上位表示されにくい
・サービス運営会社にブログを削除される可能性がある
・余計な広告がブログに表示される



といった様々な“デメリット”も存在します。


よって個人的にはニュース記事を利用した「トレンドアフィリエイト」のように、短期的に稼いで「後はブログが削除されようが構わない」といった利用法であれば無料ブログを使っても問題ないと思います。


しかし、サイトアフィリエイトのように長期的に運営して「安定的に」利益を上げていこうという場合は無料ブログの利用はお勧めしません。


ちなみに私個人の考えとしては「ブログが突然削除されるリスクが存在する」という時点で、“ビジネス目的での無料ブログの利用”という選択肢は存在しません。


もちろん個人的な趣味でブログを運営しようと考えるのなら、無料ブログだけで必要十分な機能を備えていると思いますが、あくまでも「ビジネス目的」で活用していく場合は「有料ブログ一択」だと考えています。


ただし、師匠いわく無料ブログの「有料プラン」は比較的安価で安定した(問答無用でブログを削除されるリスクが低い)サービスを受けられるそうですので、特に細かい事を気にしない場合はそちらを利用しても良いかもしれません。


しかし、私の師匠は無料ブログサービスを利用していて「月収100万円以上を稼ぐブログ」をある日突然削除された経験があるそうなので、私自身はアフィリエイトでブログを活用する場合は「有料ブログ」をお勧めしたいと思います。

有料ブログのメリット・デメリット


「有料ブログ」は、“レンタルサーバー”を契約した上で“独自ドメイン”を取得し、そのレンタルサーバー上でCMS(コンテンツマネジメントシステム)を動作させるタイプのブログです。


CMSは、Wikipediaから引用すると

ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称


とありますが、この記事では特に“ブログ”を公開する為のCMSである「WordPress」や「MovableType」を意味します。


厳密に言うと小難しくなるので、ここでは「ブログを公開する為のプログラム」と捉えて頂いて構いません。


無料ブログに対する有料ブログのメリットとしては、


・長期的な運営を考えると無料ブログより上位表示されやすい
・ある日突然ブログが削除されるリスクが無い
・デザイン性などのカスタマイズ性が高い



といったものが挙げられます。


つまり、基本的には無料ブログのデメリットに対比する点がメリットして考えられるわけですね。


ただし、特に運営初期は無料ブログと比較してドメインエイジも短い上に運営実績も当然ながらありませんので、“ドメインパワー”も弱く狙ったキーワードで上位表示させるのは困難です。


また、同様の理由から検索エンジンにインデックスされにくく、仮に短期的なキーワード(ショートレンジキーワード)を狙った場合でもGoogleなどの「検索結果」に表示されるまでに時間がかかり、特に初期はアクセスを集めるのも難しい傾向にあります。


例えば私が初めて運営した有料ブログでは、最初の記事がインデックスされるまでに1週間以上はかかっていました。

(もちろん、それを問題を解消する為の手段もいくつか考えられますが)


しかし先に挙げた通り「長期的」にブログを運営する事を考える場合は“安定的”に利用する事ができますので、サイトアフィリエイトなど長期運用を前提とした「ビジネス目的」でブログを活用していく際は、圧倒的に「有料ブログ」の利用をお勧めします。

無料ブログと有料ブログの違い:総括


以上の理由から、もしあなたが長期運用を前提とした“ビジネス目的”でブログの活用を考えている場合は「有料ブログ」、それ以外の目的でブログを利用したい場合は「無料ブログ」を選択する事をお勧めします。


ただし、「有料ブログ」へのアクセス流入および初期SEO(検索エンジン最適化)対策を目的として、例えば「サテライトブログ」を構築する際などは「無料ブログ」であっても十分に有効的に活用していく事ができます。


が、あくまでも「メインで稼ぐ為のブログ」という意味では「WordPress」などのCMSを活用して有料ブログを運営する事をお勧めしたいと思います。


私自身が実際に様々なブログでWordPressを活用していますし、月収1000万円以上を稼いでいる私の師匠も「有料ブログ」を活用して実績を積み重ねているからです。


また同様に、多くのアフィリエイトブログを見て「無料ブログで稼ぎ続けている」というケースがほぼ見受けられない事からも、有料ブログの有効性を確認する事ができるかと思います。


Googleの検索エンジン開発の責任者であるマット・カッツ氏も、WordPressのSEO効果についてこんな風に言っています。

ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。
なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEOの手法の80%~90%に対応するように作られているからです。


もちろん無料ブログがSEOの手法に対応していないとは決して言いませんが、有料ブログには無料ブログには無い大きなメリットが存在する、というのも1つの事実です。


ちなみに有料ブログを運営する際、

「どのレンタルサーバーを利用すれば良いのか」

という点については、私は「エックスサーバー」を利用していますので、あなたにもそちらの利用をお勧めしたいと思います。

>「エックスサーバー」のHPはこちら


というわけで、是非あなたの参考材料の1つにして頂ければ幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ