Keiです。

今回は、ブログ量産型アフィリエイト、つまり“ブログをひたすら量産して稼ぐアフィリエイト手法”のメリットとデメリットについて解説したいと思います。


ただし私自身、ブログ量産型のアフィリエイトには数年前に短期間だけ取り組んでいた事があるんですが、結果的にはほとんど稼ぐ事はできませんでした。


今ではたまに楽天ポイントがどこからともなく発生し、数年経ってやっと3000ポイントぐらい貯まっているという程度です。


もはやブログの量産を止めてから相当な期間が経っているので、何故未だに楽天ポイントが獲得できるのか自分でも不思議に思っているぐらいです(笑)


ですので、私の立場としては“量産型アフィリエイトは推奨しない”という事を先に主張させて頂きます。


という事で早速本題に入りましょう。

ブログ量産型アフィリエイトの概要とメリット


ブログ量産型アフィリエイトは先にも述べた通り“ブログの量産”という単純作業に主眼を置いたアフィリエイト手法です。


ブログの量産と一言に言っても、構築するブログは“有料ブログ”と“無料ブログ”の2通りがあります。


無料ブログを量産する場合はメールアドレスさえあれば文字通り“無料”で量産する事もできますが、有料ブログを量産する場合はレンタルサーバーを契約した上でブログの数だけ独自ドメインを取得する必要がありますので、ブログの数が増えれば増えるほど運営費用がかさむ事になります。


ちなみに、ブログを量産するのは単純に“集客”が目的です。


基本的には“1つのブログに対して1つのテーマ”で構築していった方が検索エンジンに評価されやすく、したがって上位表示もされやすくなりますので、ブログを量産して“幅広いテーマをカバーする”事によって、効率的に集客を行える(=ブログにアクセスを集められる)可能性があるわけです。


そして、量産したそれぞれのブログに適したアフィリエイト広告を貼り付ける事によって、集めた大量のアクセスをアフィリエイト報酬へと繋げていくというイメージになります。


言ってみれば、1つのブログだけでアフィリエイトを行う場合は、

「1つのテーマで構築したブログに対して多くの記事を投稿する」

というのに対して、量産型アフィリエイトの場合は

「複数のテーマで構築したブログのそれぞれに対して少数の記事を投稿する」

という事になるわけです。


1人でアフィリエイトを実践する場合は“ブログの量産”と“記事の量産”を両立する事は困難ですからね。


仮に1つのアフィリエイトブログの構築に集中していたとすれば、そのブログが収益化に失敗すれば相当な痛手になりますが、量産型アフィリエイトのように1つ1つの記事が比較的“薄い”ブログを大量に構築する場合は、その内の1つのブログが失敗しても労力的には大してダメージになりません。


また、ブログ量産型アフィリエイトは1つのブログの構築に手間を掛けませんので、“稼ぐ為の特別なスキルは”一切必要ありません。


1つのブログに集中して構築する形のアフィリエイトで最大限効率的に稼ごうと思えば“コピーライティングスキル”は必須ですが、量産型アフィリエイトの場合はある程度決まった“テンプレート”に沿ってブログを構築していきますので、そういったスキルは不要なわけです。


参考:
>アフィリエイト初心者に「必須」のビジネススキル。


私が過去に量産型アフィリエイトに取り組んでいた際は、それこそ記事の作成と投稿を“完全自動化”するツールを利用していました。

(スレッジハンマーって名前だったと思います)


そこに必要な作業は、


・無料メールアドレスの取得
・無料ブログの構築
・ブログタイトルの設定
・簡単なプロフィールの設定



このぐらいで、実際この程度の作業しかやっていませんでしたのでやる事自体は極めて単純でした。


以上から、私は“ブログ量産型アフィリエイト”には以下のようなメリットが存在すると考えています。


・やり方によっては無料で始められる
・稼ぐ為の特別なスキルが基本的に不要である
・よって、初心者でも簡単に実践できる
・1つのブログが失敗した場合のリスク回避ができる



しかし、先にも述べた通り私自身は量産型アフィリエイトで稼げた金額は本当に微々たるものでしたので、いくらこのような表面的なメリットがあったとしても、決して初心者の方の実践はお勧めしません。


もしかしたら上手くいけば短期的には稼げるかもしれませんが、決してこの手法では長期的かつ安定的に稼ぎ続ける事はできないからです。


それには、以下で述べる“デメリット”が関係してきます。

ブログ量産型アフィリエイトのデメリット


“長期的に稼ぐ”という目的を達成する上で障害となる、量産型アフィリエイトの最大のデメリットと言えるのが、


「コンテンツの質を高める事ができない(もしくは困難)」


という点にあります。


ブログ集客における最も基本となるのが“検索エンジンからの集客”なわけですが、基本的には現在では

「検索エンジン=Google」

と考えて差し支えありません。


検索エンジンのシェアは世界的に見ればGoogleのみで9割を超えますし、日本でもGoogleとYahooを合わせるだけでシェアが9割を超えるからです。


参考:
>2017年版:日本の検索エンジン・SNSのシェア


ランキングのアルゴリズムはGoogleもYahooも同じですから、結局は“Googleで上位表示されるやり方”でブログを構築すればそれで十分だという事です。


※“ランキング”の詳細に関してはこちらの記事を参考にしてください。
>Googleの仕組みと「本質的」SEO対策。


したがって、検索エンジンにおけるブログの上位表示を狙おうと思えば、どうしても“良質なコンテンツ”が必須となってきます。


もちろん、ニュース性の高いコンテンツなどの場合は、短期的には“コンテンツの質が低いブログ”であっても上位表示される可能性は十分にあります。


ただし、あくまでも上位表示される可能性があるのは“短期間”でしかありませんので、量産したブログで長期的に稼ぎ続ける事はほとんど不可能です。

(もしかしたら万が一のケースでは長期的に稼げるケースもあるかもしれませんので、一応“ほとんど”と言っておきます)


言ってみれば、“新たなブログを作った端から古いブログが消えていく”というイメージになります。


ですので、ブログ量産型のアフィリエイトで稼ぎ続けようと思えば、“ブログの量産”という単純作業を延々と続けていく意志力と忍耐力が試される事になります。


ブログの量産は本当に単純作業になりますから、作業自体は簡単ですが人によっては恐ろしくつまらないですし、仕事に対する“やりがい”は一切ありません。


辛辣な言い方をすれば、“検索エンジン(=Google)に嫌われるゴミブログ”を延々と生産し続ける作業になるからです。


私自身、過去には1日100個ぐらいブログを量産する作業を続けて10000個のブログ構築を目指していた事もありますが、途中で

「こんな不毛な作業やってられるか!」

と思って投げ出した経験があります(笑)


本当に面白くないですよ。


ExiteメールやYahooメール、Gメールなどの無料メールアドレスをIP偽装しながらひたすら取得し続け、ロボフォームで登録情報を自動入力できるようにして、無心で複数の無料ブログサービスに並行して申し込みながらブログを構築し続ける・・・


上記の具体的な量産方法について詳しくは解説しませんが、今になっても微妙な感情が蘇ってきます。


というわけで、ブログ量産型アフィリエイトは検索エンジンが更に進歩すれば直に稼げなくなる事が目に見えていますし、そもそもやっていて全く面白くありませんので、私としてはお勧めしません。


どうせやるならGoogleの求める“良質なコンテンツ”を作成し、それによって長期的かつ安定的に稼ぎ続けられるアフィリエイト手法に取り組むべきだと私は思います。


その方がやりがいもありますし、実のところ量産するよりも真っ当な手段を突き詰めた方が“大きな金額を稼ぐ事ができる”からです。


この種のアフィリエイト手法は“早く始めれば始めただけ有利”とも言えますので、是非なるべく早い段階から取り組んで頂ければと思います。


というわけで以上、

「ブログ量産型アフィリエイトのメリット・デメリット」

について解説させて頂きました。


参考にして頂ければ幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ