Keiです。

今回はアフィリエイトを実践する上で意識すべき、

「本質的なSEO対策」

についてお話しします。


前回の記事の中でご説明した通り、アフィリエイトにおいて効率的に集客を行っていく為には“SEO対策”が非常に重要になってきます。


参考:
>ブログ集客における「入口」と基礎的な考え方。


そしてSEO対策を考える上では、特に“Googleを対象としたSEO対策”を意識していく必要がある、という事をお伝えしました。


そこで今回は、“Googleがウェブサイトを評価する仕組み”の概要と併せて、あなたのサイトの評価を上げる為の「これだけ意識しておけば良い」という本質的なSEO対策についてお伝えしたいと思います。


あなたが現在アフィリエイトを行っている、またはアフィリエイトに関心を持っているという場合は、是非参考にして頂ければと思います。

初代Googleがウェブサイトを評価する仕組み


世界的に見れば検索エンジンとしてのGoogleはまさに圧倒的で、そのシェアは単独で90%を超えています。


日本国内においても、検索エンジンのシェアはGoogleとYahoo!だけで90%を超えている、という状況にあります。


参考:
>日本国内における検索エンジン・SNSのシェア


“Google”は1998年にスタンフォード大学の2人の学生によって開発された検索エンジンです。


Googleが誕生する以前の一般的な検索エンジンは、

「いかに短時間で検索結果を返すか」
「いかに多くのウェブページを検索できるか」


といった事に注力している傾向がありました。


それに対してGoogleは、今では検索エンジンとしては“当たり前”の考え方となっている、

「いかにユーザーの役に立つ情報を表示するか」

を重視した事によって爆発的な人気を集める事になりました。


検索結果に優先的に表示するウェブページを決定する為に、それぞれのウェブページを順位付けする事を“ランキング”と呼びます。


初代Googleが目指していたのは、“ユーザーの役に立つ情報を表示する為の新たなランキング方法”を実現する事だったわけです。


そしてその“新たなランキング方法”を考え出したのが、先に挙げた当時スタンフォード大学の学生だった「ラリー・ペイジ」と「セルゲイ・ブリン」です。


初代Googleは、以下の3つの情報を利用してランキングを行っていました。

(現在のGoogleでは100を超える情報を元にランキングしていると言われています)

1. PageRank
2. アンカーテキスト
3. 単語



これらの3つの情報を元にそれぞれのウェブページに点数を付け、その点数の高いページを検索結果の上位に表示させていたわけです。

PageRank(ページランク)


まずは有名なPageRank。


PageRankは、

「役に立つウェブページは多くのページからリンクされているはずだ」

という考えに基づいて計算される点数で、大まかに言えば以下のような仕組みになっています。


・各ウェブページは固有の点数を持つ

・他のページにリンクすると自分の点数を分配する

・自分の点数は他のページから受けたリンクの点数の合計で決定される


「自分の点数=他ページに分配した点数の合計」であり、これが“PageRank”になります。


要するに、ページが多くのリンクを受ければ受けるほどPageRankは上がり、PageRankの高いページからリンクを受けたページは高い評価を受ける、という事になります。


ただし多くのリンクを受けたとしても、そのリンク元がPageRankの低いページだと大して評価されず、相応にPageRankの高いページからのリンクでない限りはさほど重視されません。


要するに、適当なリンクを闇雲に集めても大して意味が無い、という事です。


これによってPageRankの高いページは“ユーザーにとって役に立つページ”とみなされ、検索結果の上位に表示される事になります。


PageRankはページに固有の点数ですので、「検索キーワード」に関係なくあらゆる検索結果において高いランキングを獲得しやすくなります。


いわゆる

「サイトが強くなってきて、どんなキーワードでも上位表示できるようになってきた」

という現象は、このPageRankによって説明する事ができると思います。

アンカーテキスト


アンカーテキスト(anchor text)は“リンクしている部分の文字列”の事で、HTMLで言えば「aタグ」で囲まれた文字列の事を意味します。


例えば以下のリンクのアンカーテキストは“Google”になります。

Google


このアンカーテキストは、

「リンク先のページが何に関する内容を含んでいるのか」

を表します。

例えば先に挙げた“Google”というアンカーテキストであれば、リンク先のページがGoogleに関するページだという事が分かりますし、アンカーテキストが“アフィリエイト”なら、リンク先のページがアフィリエイトに関するページだという事が分かります。


故に、あるページが複数のページから同じアンカーテキストでリンクされていたとすれば、それだけ「そのアンカーテキストに関係のあるページである可能性が高い」と言えるわけです。


アンカーテキストはPageRankのようにあらゆる検索結果のランキングを高めるのではなく、あくまでも“アンカーテキストに関連した検索結果”のランキングにのみ影響します。


例えば先の“Google”というアンカーテキストであれば、「Google」というキーワードで検索された際の検索結果にのみ影響する、という事です。


よって、外部リンクを自分のサイト(ページ)へ張る際には、アンカーテキストも意識した上でリンクを張っていく事によって、よりそのリンクの効果を高める事ができます。


ちなみに面白いアンカーテキストの例として、試しに「いいえ」で検索してみてください。


知らない人が見ればわけの分からない検索結果ですが、この結果からもGoogleにおけるアンカーテキストの効果を理解する事ができます。

要するに、Yahoo!のホームページがそれだけ「いいえ」というアンカーテキストで大量のリンクが張られているわけです。


ちなみにこの効果は、「18歳未満はこちら」と検索した際にも同様に確認する事ができます。


残念ながらこちらは1位ではありませんが、つまり「いいえ」の検索結果も“そういう事”ですね(笑)

単語


最も多くの人に馴染みがあるのがこの“単語”だと思います。


簡単に言えば単語は、

「ウェブページにどんな単語が含まれているか」

という判断指標であり、

・単語の出現頻度
・単語の順序
・単語の大きさや属性


などによって、そのページのランキングに影響を与えます。


初代Googleではウェブページに含まれる全ての単語を記録し、それらの単語を(特に複合キーワードでの)ランキングに反映させていました。


実際に検索してみれば分かるのですが、複合キーワードでの検索結果は“単語の順番”によって変化します。

これは例えば、京都の観光情報を検索しようと思って「京都 観光」というキーワードで検索した結果と「観光 京都」と検索した結果が異なるという事を意味します。


「京都 観光」のキーワードで検索した際は、ページに含まれる単語が「京都 観光」という順序で出現するページが優先され、「観光 京都」というキーワードで検索した際は、「観光 京都」という順序で単語が出現するページが優先される、という事です。


もちろん、ページの中に「京都」もしくは「観光」の単語のいずれかのみが含まれている場合には、「京都」および「観光」の両方が含まれる“複合的なキーワード検索”における優先度は当然下がります。


また、ページの中に1度だけ「京都 観光」という単語が出現するページよりは、記事タイトルに「京都 観光」という文字列が含まれるページの方が検索結果における優先度は上がります。


この辺りの話は恐らく多くの人に馴染みがあるのではないかと思うのですが、要するに

・タイトルに検索キーワードを含めた方が良い
・記事の中にも適度にキーワードを含めた方が良い
・できれば見出しにもキーワードを含めた方が良い


といった話は、この“単語”がランキングに与える効果から来ているわけです。


初代Googleにおいては“単語”よりはPageRankやアンカーテキストの方が遥かにランキングに対する影響力を持っていたようですが、Googleのランキング方法も様々な改良を続けられており、現在では“コンテンツ(記事内容)”がランキングに与える影響も非常に大きくなっています。

Googleにおける「本質的」SEO対策


というわけで以上、簡単に初代Googleのランキング方法について解説してきたわけですが、現在のGoogleでは当然その頃とはページの評価方法も変化してきています。


初代Googleはそのアルゴリズムからも“リンク”を非常に重視していた事が窺えますが、現在では先にも述べた通り“コンテンツ(記事内容)”も同程度に重視し、ランキングを行っています。

(Googleアイルランド上級ストラテジスト、アンドレ・リパセフ氏の発言より)


要するにGoogleにおけるSEO対策では、

・リンク
・コンテンツ


の2種類の対策を並行して意識していく必要があるわけです。


・・・と言いたいところですが、実際の”本質的”なSEO対策としては、これらの内

「コンテンツの質」

のみを徹底して追求していけばそれで十分だと私は考えています。


確かにGoogleが言うにはリンクとコンテンツはページの評価を高める上でいずれも同程度に重要ですが、コンテンツは能動的に改善する事が可能であるのに対して、リンクは基本的には受動的なものです。


つまり、意図的にリンクを増やそうと思えば“自作自演”のリンクにならざるを得ないという事です。


そして更に言えば、その外部リンクの効果を高めようと思えば、そのリンク元のページのランキングもある程度は高いものである必要があります。


よって、あるページのランキングを外部リンクによって高めようと思えば、そのリンク元のページのランキングも予め高めておかなければなりません。


それでは、そのリンク元のページのランキングを高める為にはどうすれば良いか・・・?


という風に考えていくと、“自作自演リンク”を利用する事はどうしても非効率に思えてきます。


もちろん、無料ブログなど最初からある程度評価されているドメインを活用すれば“それなり”の効果は得られるかもしれませんが、それなら私としては最初から1つのサイトに絞って“コンテンツの質”を追求していった方が良いのではないか、と思うわけです。


結局のところ、Googleの言う“良質なコンテンツ”を量産していけば必然的に「ユーザーの役に立つ情報」を作成していく事ができますし、そうすれば自作自演ではない自然なリンク(ナチュラルリンク)を集めていく事もできるはずだからです。


>Googleウェブマスター向け公式ブログ:良質なサイトを作るためのアドバイス

「コンテンツの質」とコピーライティング


ところで、Googleはどうやって“コンテンツの質”を判断しているのでしょうか。


確かに“記事の内容の良し悪し”は人間が読めば判断できますが、プログラムでは“どんな文字が書いてあるか”は分かっても、“その記事に価値があるかどうか”を人間と同じように判断する事はできません。


現在のGoogleが実際にどのようにコンテンツの内容を判断しているかは不明ですが、1つの目安として「Google Analytics」で確認できる以下の指標がその判断に使用されていると言われています。


直帰率:1ページだけ閲覧してサイトを離脱したユーザーの割合

滞在時間:ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの時間

平均ページビュー数:ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでに閲覧した平均ページ数


つまり、


・直帰率が高ければ、そのページ以外に見る価値が無いとユーザーが判断したと考えられる

・滞在時間が長ければ、それだけユーザーのそのサイトのコンテンツに対する満足度が高いと考えられる

・平均ページビュー数が多ければ、滞在時間と同様にユーザーのそのサイトのコンテンツに対する満足度が高いと考えられる



という事です。


ちなみに一般的には

「良いコンテンツだと思われれば直帰率が下がり、役に立たなかったと思われれば直帰率が上がる」

と言われていますが、直帰率という1つの数値だけでは“コンテンツの質”を判断する事はできません。


例えば、ある1つのページだけを見て「このコンテンツだけでもう十分満足した」という場合でも、そのページだけを見て「役に立たない」と判断された場合と同様に直帰率は高くなるからです。


よって、恐らくは直帰率を判断に含める際には、そのページの滞在時間などの要素を複合的に判断して評価方法を変えているのではないか、と私は考えています。


例えばユーザーが「このコンテンツには価値が無い」と判断すればその時点でページを離脱し、滞在時間も短くなるでしょう。

しかし逆に、「このコンテンツには価値がある」と思えばそのユーザーが最後まで記事を読み進める可能性が高くなる為、その分滞在時間も長くなるだろうと考えられるからです。

(もちろん実際のアルゴリズムがどうなっているかは分かりませんので、単なる“妄想”ではありますが)


したがって、Googleの言う“良質なコンテンツ”の作成を目指す上では、

・記事にユーザーの求める情報が十分に含まれている事

に加えて、

・記事を可能な限り最後まで読んでもらえる事

が重要になってくるわけです。


Google的には文章の上手い下手は関係なく、

・「どんなキーワードに関連するページか」が明確である事
・キーワードに関連する情報が十分に含まれている事


という条件を満たしていればそのページの評価は高くなるそうですが、当然ながらこれに加えて

・読みやすい(分かりやすい)文章である事

という条件も同時に満たしておく必要があるのは言うまでもありません。


「必要な情報がページに十分に含まれている事」は“良質なコンテンツ”を作成する上での大前提になってきますが、いくら十分な情報が含まれていたとしても、その文章が多くの人にとって読みづらいものになっていれば、

・直帰率の上昇
・滞在時間の減少
・平均ページビュー数の減少


といった現象が起こり、それによってページの評価が低くなる・・・という可能性は否定できません。


したがって、私としては質の高いコンテンツの作成を目指す上では

「人に読んでもらえる文章を書くスキル」

を習得する事を優先すべきであり、更に言えば文章によって“読み手に行動してもらう”為のスキルである

「コピーライティングのスキル」

を学んでいくべきだと考えています。


コピーライティングのスキルを習得する事により、

・読み手の興味を引く
・読み手からの信頼を獲得する
・読み手に行動を起こさせる


といった要素を満たした文章を作成していく事ができるようになり、それによって“良質なコンテンツ”を作成する事ができますので、結果的に最低限のSEOさえ意識していれば

「文章を書くだけ」

でウェブサイト(ウェブページ)の上位表示を狙っていく事が可能になるからです。


私の師匠はそうしてコピーライティングのスキルのみを追求していった結果、年間で5億円以上の収入をたった1人で継続的に稼いできた実績もありますので、その威力は折り紙付きです。


今回お伝えした内容は、アフィリエイトのみに限らずあらゆるネットビジネスに適用する事ができますし、“コンテンツ重視”のSEO対策は将来的にも通用し続ける可能性が極めて高い為、コピーライティングを学ぶ事は決して無駄になりません。


というわけで以上、アフィリエイトにおける“本質的なSEO対策”について解説しました。


一言で言えば、「ユーザーの役に立つウェブサイトを構築する事」。


結局はそれを追求していけば良い、という事です。


是非参考にして頂ければと思います。


Kei


>コンテンツ一覧へ


PS:

ブログ構築にWordPressを活用する場合、記事作成以外の部分でのSEO対策については、全て“テンプレート(テーマ)”をインストールするだけで解決する事ができます。

その辺りの話についてはこちらの記事を参考にしてください。

>「無料」と「有料」のWordPressテンプレートについて。