Keiです。

今回は、片桐和子さんという方が提唱している、

「カシャカシャビジネス」

という、いかにもネットビジネス初心者をターゲットにしていそうな無料オファーについて調べてみました。


先に結論を言ってしまえば、カシャカシャビジネスの登録ページの方で言われている「スタートから3日間で3万円」は稼ごうと思えば本当に稼げるようです。


しかし、少なくとも“カシャカシャビジネス”そのものでは高確率で稼ぐ事ができないと思いますので、もしマニュアルの購入を考えているようであれば止めておく事をお勧めします。


以下、ビジネスの全貌も含め、その根拠を具体的にお伝えします。

※私はカシャカシャビジネスのマニュアルを購入したわけでも、今後するつもりもありませんので、その点はあらかじめご了承ください。

カシャカシャビジネス(片桐和子)の登録ページについて


まずはカシャカシャビジネスそのものの全貌についてお伝えする前に、“登録ページ”に書かれている内容を元に、

・登録ページで論理的におかしな事を言っていないか?
・稼ぐ為の手段は現実的なものかどうか?
・販売会社および販売者は信頼できるかどうか?


について客観的な視点で確認していきたいと思います。


何故なら、仮にノウハウの実態が分からない場合でも、これらの情報を詳しく調べるだけで、

「“本当に稼げるノウハウ”が提供されているかどうか」

については概ね判断する事ができるからです。


というわけでまずは、カシャカシャビジネスの登録ページのURLにアクセスしてみます。


カシャカシャビジネス:
http://n-idea-instagram.net/cyan/

一言で言えばカシャカシャビジネスは、

「スマホで写真を撮って、それが売れればお金が稼げる」

という非常にシンプルなビジネスです。


「素人が撮った写真に誰がお金を払ってくれるの?」
「素人が撮った写真にそんな稼げるような高値がつくの?」


という疑問が湧いてくるかもしれませんが、カシャカシャビジネスの開発者である片桐和子さんは、

「スタートから3日間で3万円!日給5万円(月収150万円)を現実的に目指せる」

と主張しています。

その主張の根拠として挙げられているのは、以下のような何を基準にしたのか分からない写真の販売価格と、

ご飯の写真:1,700円~
洋服の写真:1,500円~
旅行先の写真:2,300円~
風景の写真:2,600円~
ペットや動物の写真:3,800円~
お弁当の写真:4,100円~

こちらに掲げられている説明がほぼ全てです。

写真やイラストは、ホームページの素材に使われたり、カレンダーや年賀状などいろいろな用途で使用されるので、とっても大事なものだし、需要があります。

もちろん企業をはじめとして、多くのウェブサイトオーナーが、これらの無料素材サイトを利用します。

しかしサイトにマッチした絵というのは、無料素材の範囲だと大雑把となり、限られてきてしまいます。

自サイトにマッチした、クオリティーの高い絵を徹底的に探す場合は、有料の素材を利用したり、個別にオーダーしたりするのが基本です。

なにが正しいとかはありませんので平凡な写真しかとれない方でも「この写真ほしい!素敵!」と思われることが日常茶飯事なのです。

ですから、プロでない個人であっても「ほしい!」と思われる写真をつくることができ、それをお金に変えるということができるわけです。


要するに、企業やウェブサイトオーナーが有料で“素人の撮った日常の写真”を高額で買い取ってくれるという事らしいです。


一見すると、わざわざ素人が撮影した写真を有料で買い取るなんて事は無さそうに見えますし、どうせ有料で写真を買うならプロの方が撮影した写真の方が良いのではないか、と思えます。


私自身、「素人が取った写真を高額で買い取ってくれる」という主張には疑問を感じましたので、少しその辺りの事情を調べてみました。


すると、確かに場合によってはそんなケースも存在するようです。


例えばこちらの「インスタグラマーブツ撮り出張サービス」


ネット広告においては、プロが撮影した“広告っぽい写真”よりも素人が撮影した写真の方が商品購入率が高い場合があるらしく、

「素人が撮った写真だからこそ広告としてより高い効果が得られる」

という事もあるんだとか。

しかし、こういった事例はあくまでも“広告に使う写真”の話ですから、単なる風景や弁当などの写真が高額で売れるという理由はよく分かりません。


また、上記の事例は「既に多くのフォロワーが存在するInstagram利用者(インスタグラマー)の写真」のケースですので、“その辺にいる素人の写真”とは事情が異なります。


そもそもの話、仮にその辺にいる素人の写真がプロ並みの高額で売れるというのなら、“競合の数”という観点で考えると、

「多くの人にその手法を広める」

という事にはデメリットしか存在しないようにも思えます。


つまりは、本当に「カシャカシャビジネスの手法で稼げる状況にある」のであれば、そのビジネスモデルが多くの人に広まれば広まるほど逆に「稼ぎにくくなる」はずです。


片桐和子さんは特に根拠も無く「月収150万円を現実的に稼げる」と主張していますが、もしもそれが本当なら間違っても迷惑メールで無為作為に広めるべき手法ではありません。


それこそ片桐さんの息子さんや娘さんと一緒に、身内だけでこっそり大金を稼ぎ続ければ良い話だからです。


そうすれば、1人当たり年収1800万円を稼げますから、3人でビジネスを行うだけでも現実的に「年収5400万円」を稼ぐ事ができますしね。

株式会社アイデアと片桐和子について


以上から、一部のケースにおいては素人の写真の方がプロの写真よりも効果が高い事は分かりましたが、

「カシャカシャビジネスを多くの人に広めるべき理由」

は依然として判然としない部分がある事も同時に分かりました。


ですので、次に“販売者そのものの信頼性”について確認すべく、運営会社である株式会社アイデアと片桐和子さんについて言及したいと思います。


まず最初にカシャカシャビジネスの登録ページにおける「特定商取引法に基づく表記」を確認すると、株式会社アイデアの代表取締役は「片桐尚登」、所在地は「ラフィネ麻布十番701」となっている事が分かります。

この内所在地に関しては、調べた結果「バーチャルオフィス」だという事が判明しました。


実際、「ラフィネ麻布十番701」で検索すると、検索結果のトップに出てきたのがバーチャルオフィスなどを提供しているサイトで、2番目が株式会社アイデアと全く同じ住所の「ウェリナレイ株式会社」という会社。


「ウェリナレイ株式会社」は、片桐さんとは全く別の人物が経営している会社ですから、

「全く違う人物が、全く同じ住所で違う会社を運営している」

という事になるわけです。


しかし調べて判明したのは結局この程度の事で、片桐和子さん本人については、一体どんな人物なのか、どうやって稼いでいるのかは全く手がかりが掴めませんでした。


まあ、片桐和子さんについて調べたところで、関連キーワードで「詐欺」とかしか出てこない辺り、恐らく「片桐和子」というのはビジネスネームのようなものだと思います。

(株式会社アイデアの代表者名が「片桐尚登」ですから、それに関連した名前を付けている可能性もあります)


また、仮に登録ページで謳っている“月収300万円”が嘘ではないのだとすれば、

「カシャカシャビジネスを販売して稼いだ金額」

だと考えるのが最も妥当なのではないでしょうか。

カシャカシャビジネスの「全貌」について


さて次に、カシャカシャビジネスの「全貌」についてお伝えします。


LP(ランディングページ)では、

【写真を撮影して稼ぐ】の全てを無料で配信します。
- まもなく公開終了の為、登録をお急ぎください -


となっていますが、当然ながらスタートから3日間で3万円を稼げるような上手い話が無料で配信される事はありません。


調べてみると、実際にカシャカシャビジネスをやってみた人が見つかりましたので、その中で明らかになった“全貌”を簡潔にお伝えしましょう。


参考:
>カシャカシャビジネスという怪しいネット商材について調査してみた!

1. カシャカシャビジネスの無料オファーに登録すると次々にメールが届く。

2. 入会金2万円を支払うとカシャカシャビジネスの詳細を教えてもらえる。

3. 購入せず放置すると、突然キャンペーンで入会金が1万円になる。

4. 入会すると「Instagramでインフルエンサー(世間に与える影響力の大きい人物)になれば稼げる」という薄めたカルピスのような稼ぎ方を教えてもらえる。

5. インフルエンサーになるには「インスタアップ」というツールが必要だと言われる。
インスタアップは自動的にInstagramのフォロワーを集めてくれるツールで、レンタル料は1ヶ月当たり7万円~と高額。

6. Instagramの新規アカウントを作って3日間以内にフォロワー50人を集めて150人をフォローしたら3万円振り込まれる。

もう少し詳しい内容を説明します。


まず、カシャカシャビジネスの入会金1万円(特別キャンペーン価格)を支払うと、ノウハウの詳細を解説したPDFマニュアルが手に入ります。


そして、そのPDFマニュアルの中には

・「インスタアップ」という自動フォローツールを1ヶ月数万円~の利用料でレンタルできます
・「3日間で3万円」の詳細については電話をかけて確認してください

といった内容が書かれています。


実際に「詳細」を確認する為に電話をかけると、「5万円~158万円」という“高額塾の勧誘”を受けると同時に、インスタアップの購入も猛烈な勢いで勧められる事になります。

(2時間以上電話をする羽目になった人もいたそうです)


改めて結論を言えば、カシャカシャビジネスの「3日間で3万円」の真相というのは、

「3日間以内にフォロワー50人以上、フォロー150人以上を達成すれば3万円が振り込まれる」

というものだったという事です。


ちなみに先にご紹介したサイトの人はSNSの知識があって口も上手かったようなので、トータルで“2万円の稼ぎ”を獲得していますが、普通の人が挑戦するにはリスクが高過ぎます。


現時点では3万円が振り込まれる条件として新たに

「インスタアップを契約する事」

が追加されている可能性もありますので、上記の情報を知ったからと言って「ノーリスクで2万円稼げる」と安易に考えるのは止めた方が良いでしょう。


したがって、本当にカシャカシャビジネスで現実的に月収150万円を稼げるかどうか、そしてあなた自身が大金を支払うだけの価値があるかどうかは極めて微妙だと言わざるを得ません。

フォロワーが増えればInstagramで稼げるのか?


ところで、カシャカシャビジネスでは

「Instagramでインフルエンサーになれば稼げる」

と主張しているわけですが、フォロワーが増えるだけで本当に「稼ぐ」事はできるのでしょうか。


私としては、カシャカシャビジネスのビジネスモデルは、

「素人が撮影した日常のありふれた写真を、企業やウェブサイトオーナーに高額で販売して稼ぐ」

というものですから、いくらInstagramのフォロワーが増えようが、「魅力的な写真」を撮影する技術が無ければ大金を稼ぐ事は難しいのではないかと考えています。


結局のところ、重要なのは

「ツールによって水増しされたフォロワー」

ではなく、

「あなた自身の投稿に魅力を感じてくれたフォロワー」

なのではないかと思うからです。


Instagramのフォロワー数だけを水増したようなアカウントには何の価値もありませんし、お金を払う側の企業だって当然魅力を感じないと思います。


先に挙げた「インスタグラマーブツ撮り出張サービス」で稼いでいる“素人”にしても、別にツールを使って頑張ってフォロワーを増やしたわけではなく、

「日常的に写真を撮って投稿していたら自然とフォロワーが1万人を超えていた」

という人がほとんど(むしろほぼ全員)だと思います。


素人であっても、“自然とフォロワーが増えるほどの写真を撮影できる人”だからこそ価値があるのであって、

「ツールを使ってフォロワーを増やした素人の写真」

とは全く話が違うわけです。


私はカシャカシャビジネスのマニュアルを自分で確認したわけではありませんが、片桐和子さんがそこまで考えてノウハウを販売しているとは到底思えません。


少なくとも、

「ツール(インスタアップ)を使ってフォロワーを増やせば稼げます」

とアピールしている時点で、本当にノウハウ購入者の事を考えているのかどうか、私としては疑問に感じます。

「インスタアップ」の販売価格の妥当性について


最後に、カシャカシャビジネスで提供されるツールである“インスタアップ”の販売価格についても言及しておきたいと思います。


インスタアップのレンタル料は1ヶ月7万円で、判明した範囲では

・自動フォロー
・自動いいね


などの割と基本的な機能を備えているようです。


この機能でこの価格って、ツールの相場について全く知らなかったとしても「異常に高い」と思いませんか?


1ヶ月で7万円という事は、1年利用するだけで84万円にもなるわけですから。


例えば比較として、私がちょっと検索して発見した「Instabooost(インスタブースト)」というツールを見てみます。


このツールが備えている機能は、以下の説明を見る限りでは、多分インスタアップと似たようなものです。(実際にはインスタアップよりも高機能なツールだと思います)

Instabooost(インスタブースト)はあなたのInstagramアカウントへより多くの注目を集めるためのツールです。 インスタブーストを利用すればより多くのコメント、いいね、フォロワーを集めることができます。 注目されるメディアを持つ事のメリットは誰もが知っています!

インスタブーストはもともと私達がビジネスのプロモーションに必要としていたため開発をしました。 毎日の巡回作業を手作業でやるのではなく、システム化する事により効率よく宣伝をする事を可能にしました


しかし、その料金体系は全く違います。

なんと300日使っても「1万円」しか掛かりません。


インスタアップを300日(10ヶ月)使えば70万円の利用料金が掛かりますので、わずか70分の1の料金で同じようなInstagramツールを利用できる計算になるわけです。


このように考えれば、インスタアップの価格設定がどれだけ高額になっているか、そしてカシャカシャビジネスがどれだけ「情報弱者」からボッタクっているかも理解できるのではないでしょうか。


ですので、どうせInstagramのツールを使うのならこちらのツールを利用した方が良いと思いますし、そもそも先に述べたようにInstagramで稼ぐのは決して誰にでもできるような簡単な事でもありません。


カシャカシャビジネスのセールスレターでは

「誰でも月収150万円を現実的に稼げる」

と主張していますが、少なくとも“素人が簡単に稼げるビジネス”とは言えないと思います。


ですので、私としては

「少なくとも“カシャカシャビジネス”そのものでは高確率で稼ぐ事ができないと思いますので、もしマニュアルの購入を考えているようであれば止めておく事をお勧めします」

という事を改めて強調しておきたいと思います。


ここまでお読み頂きありがとうございました。


もしよろしければ、こちらの記事も併せて参考にしてください。

>「優良商材」と「詐欺商材」の見分け方。


Kei


>コンテンツ一覧へ