Keiです。

アフィリエイトで稼ごうと思った場合、アフィリエイト商品を販売する為の方法は様々で、それによって“アフィリエイト手法の名称”も色々と変わってきます。


例えば、以下のようなものが挙げられます。


・ブログアフィリエイト
・メルマガアフィリエイト
・Twitterアフィリエイト



それぞれ、「ブログ」「メールマガジン」「Twitter」を商品を販売する為のメディアとして活用するアフィリエイト手法になるわけですが、これらの中で最もスタンダードなのがブログを活用した“ブログアフィリエイト”だと思います。


ただしこのブログアフィリエイトの手法には、大きく分けて

・ブログのみを利用するアフィリエイト
・ブログとメールマガジンを利用するアフィリエイト


の2種類の手法が存在し、アフィリエイターによって利用するメディアは異なります。


もちろん中には、

「月収100万円を稼ごうと思うのならブログだけで十分」

とか、

「稼ぐのにメールマガジンなんて不要」

と言っている人もいるわけですが、私や師匠は“ブログとメールマガジンの両方を活用するアフィリエイト手法”を推奨しています。


端的にその理由を述べれば、もちろん“その方が稼ぎやすいから”という事ですが、より具体的には“ブログとメールマガジンではメディアの持つ性質や役割が全く異なるから”、というのがその理由の根底にあります。


大雑把に見ればブログもメールマガジンも

「文字情報を伝える」

という点で同じような役割を持ってはいるものの、本質的にはこれらのメディアは全く別物だと考えています。


というわけで今回は、そんな

「メールマガジンとブログの違い」

について解説していきたいと思います。

あえて「メールマガジン」を利用する理由


まず初めに、“ブログのみを利用するアフィリエイト”と、“ブログとメールマガジンを利用するアフィリエイト”の明確な違いについてお伝えしましょう。


ブログのみを利用するアフィリエイト手法で商品を販売する場合、一般的には以下の経路で商品をアフィリエイトする事になります。


[検索エンジン]→[ブログ]→[商品販売ページ]


言うまでもありませんね(笑)


これに対して、ブログとメールマガジンを利用するアフィリエイトの場合は以下になります。


[検索エンジン]→[ブログ]→[メールマガジン]→[商品販売ページ]


こう見ると、メールマガジンを間に挟んでいる分“余計な事”をしているように見えなくもありません。


中には、

「メルマガなんて経由せずにブログから直接商品をアフィリエイトした方が手っ取り早いんじゃないの?」

と思う人もいるかもしれません。


しかし、あくまでもそれは“購入者の心理”を無視した表面的な見方に過ぎません。


アフィリエイトにおける“ブログ”と“メールマガジン”の役割は大きく分けて、

ブログ=集客(見込み客を集める)
メールマガジン=教育(見込み客との信頼関係を構築する)


という風に捉える事ができます。


つまりは、ブログのみで行うアフィリエイトとメールマガジンも活用するアフィリエイトでは、

「“教育”を意図して行うかどうか」

という違いがあるのだという事です。


ここで言う“教育”の目的は、分かりやすく言えば「商品の成約率を上げる事」にあります。


教育を行わずにブログから直接アフィリエイト商品を販売する際の成約率が1%、教育を介した場合の成約率が10%になるのだとすれば、


[検索エンジン]→[ブログ]→[メールマガジン]→[商品販売ページ]


のように一見すると“余計なステップ”を間に挟んでいるように見えても、トータルで考えればブログ単体でアフィリエイトを行うよりも大きな利益を上げられる可能性があるわけです。

「メールマガジン」と「ブログ」の違い


このように言うと、

「何故メールマガジンを利用すれば商品の成約率が上がるのか」

が気になるのではないかと思うわけですが、それには“ブログと比較した時のメールマガジンの利点”が関係してきます。


メールマガジンもブログも本質的には“情報を伝達する手段”に過ぎませんが、メールマガジンはブログには無い以下のような特徴を持っています。


・コンテンツを読み手に見せる順序をコントロールできる
・コンテンツを読み手に見せるタイミングをコントロールできる
・リスト(メールアドレス)を保存し再利用する事ができる



こういった特徴があるからこそ、メールマガジンを利用する事によって見込み客との信頼関係を構築し、ブログ単体からでは考えられないほどの“高い成約率”を叩き出す事ができるわけです。

1:コンテンツを読み手に見せる「順序」をコントロールできる


ブログもメールマガジンもそのコンテンツを読み手に届けるという意味では共通した役割がありますが、ブログの1つ1つの記事は基本的には“検索エンジンから直接アクセスされるもの”です。


例えば、“初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法”というタイトルのブログ記事なら、Googleなどの検索エンジンで

「アフィリエイト 稼ぐ」
「初心者 アフィリエイト」
「アフィリエイト 方法」


といったキーワードで検索してきた人(見込み客)が直接アクセスしてくる場合がほとんどだと思います。


この事はブログの全ての記事に対しても同様に言えますので、ブログでは基本的に「どの記事をどの順番で読ませるか」をコントロールする事ができません。


それに対して、メールマガジンはコンテンツを届ける順番が“一本道”ですので、シナリオ化されたステップメールさえ組んでおけば、作成した記事(コンテンツ)をコンテンツ意図した順序で見込み客に配信する事ができるわけです。


何故これが役に立つのかというと・・・


例えば、コピーライティングに興味を持っていない人に対していきなり“コピーライティングスキルを向上させる方法”なんてコンテンツを見せたところで、当然ながらその人の興味を引く事はできません。


しかし、コピーライティングに興味を持っていなくても、その人は“アフィリエイト”には興味を持っているかもしれません。


そうすると、その人に対する効果的なコンテンツの見せ方としては、


1. アフィリエイトで稼ぐ方法を伝える
2. アフィリエイトで稼ぐ上でコピーライティングが必要である事を伝える
3. コピーライティングスキルを向上させる方法を伝える



といった流れが考えられます。(上記は大分雑ですが)


ブログの場合は1~3のそれぞれのコンテンツを“意図した順序で”読ませる事はできませんが、メールマガジンであれば“1通目~3通目”のように順番にメールを配信する事ができます。


そうすると、本来ならコピーライティングに興味が無かった人であっても興味を持ってもらえる可能性が出てきますので、“見込み客のパイ”を大きくする事ができ、したがって得られる利益も増加する可能性があるわけです。

2:コンテンツを読み手に見せるタイミングをコントロールできる


メールマガジンは、“メールを送信するタイミング”を自由に設定する事ができます。


・メルマガの登録直後
・メルマガ登録1日後の○○時
・メルマガ登録2日後の○○時

・・・

といった感じですね。


そしてそれと同時に、先に述べたように“どのコンテンツをどの順で配信するか”も自由に決定する事ができますので、

「コンテンツをどんな順序で、どんなタイミングで読ませるか」

をある程度の範囲でコントロールする事ができるわけです。


もちろん、人によっては朝にメールを確認する人もいるでしょうし、夜にしかメールを確認しない人もいると思いますので、読み手がコンテンツを確認するタイミングを完全にコントロールする事はできません。


ただし、特定の条件を満たせば“意図したタイミング”で“意図したコンテンツ”を読ませる事は十分に可能です。


コンテンツの内容によっては、

・あるコンテンツの直後に届けた方が良いコンテンツ
・配信間隔を空けた方が良いコンテンツ


がありますので、読ませたいコンテンツに応じて適切なタイミングでメールを配信する事にはメリットが存在します。


ちょっとこの辺りの話はピンと来ないかもしれませんので、とりあえずは「そういうもんなんだ」と思っておいてください。


極端な言い方をすれば(語弊があるかもしれませんが)、

「一気に読ませようとしたらウザがられる可能性のある複数のコンテンツ」

なら当然、配信の間隔を空けた方が良いという事です(笑)


またついでに言えば、メールマガジンには“リアルタイム性”があり、何か新しく商品が販売される場合などに

「リアルタイムにメルマガ読者に対して情報を発信する事ができる」

というのも大きなメリットと言えます。

3:リスト(メールアドレス)を保存し再利用する事ができる


これはメールマガジン“特有”のメリットというわけではありませんが、ブログと比較した場合は決して無視する事ができないメリットだと思います。


ブログのみでアフィリエイトを行う場合、アフィリエイターは通常その“購入者のリスト(メールアドレスなど)”を入手する事ができません。

(※情報商材をアフィリエイトする場合はその限りではありません)


しかし、メールマガジンに登録してもらう事さえできれば、そのリストは配信解除されない限りは継続的に活用できる“資産”となります。


メールマガジンでの情報提供を通じて読者との強固な信頼関係を構築する事ができれば、それこそ同じ人に対して何度でも商品を売り込んでいく事もできるわけです。


ブログのみでアフィリエイトを行っていた場合は、商品の購入者が継続的にあなたのブログにアクセスしてくれるとは限りませんので、1回商品を購入すれば基本的に関係は“それっきり”です。


しかし、メールマガジンを活用してアフィリエイトを行えば、商品を購入してくれた人に対して

「こんな商品もいかがですか?」

と、また別のセールスを仕掛けていく事が可能になります。


したがって、ブログ単体でアフィリエイトを行うよりも“顧客の一人当たりから得られる利益”を高められる可能性があるわけです。


また、メルマガの活用はリスク回避的な意味合いでも役立ちます。


簡単に言えば、何かハプニングが起こってある日突然運営していたブログが検索圏外に吹っ飛ばされた場合でも、リストさえ残っていればすぐにやり直す事ができるという事です。


1つのブログだけに依存していた場合、そのブログが圏外に飛ばされて集客ができなくなれば、その時点で得られる収益はほとんどゼロになります。


いわゆる“トレンドアフィリエイト”の実践者によく見られる話です。


※参考:
>私がトレンドアフィリエイトを初心者にお勧めしない理由。



それに対して、メールマガジンを使って見込み客のリストさえ集めていれば、そのリストに対して商品のアフィリエイトを継続して行っていく事ができますし、メールマガジンから新規に立ち上げたブログへアクセスを誘導する事によって、そのブログのSEO対策も効果的に行っていく事もできます。


よって、こういった“リスク回避”的な側面から見ても、メールマガジンの活用にはメリットがあるのだという事です。

メールマガジンとブログの違い:総括


以上、ブログに対するメールマガジンのメリットとして、


・コンテンツを読み手に見せる順序をコントロールできる
・コンテンツを読み手に見せるタイミングをコントロールできる
・リスト(メールアドレス)を保存し再利用する事ができる



といったポイントについて簡単に解説させて頂きました。


もちろんブログにはブログ特有のメリットも存在しますが、私自身は“それぞれのメディアに向いた役割”に応じて適切に活用していくのがベストだと考えています。


つまりは、

ブログ=集客(見込み客を集める)
メールマガジン=教育(見込み客との信頼関係を構築する)


といった役割分担ですね。


もちろんアフィリエイトする商品によってはメールマガジンを使うメリットが薄い(あるいは“無い”)場合もありますし、そもそも商品によっては教育のステップが不要な場合も存在します。


しかし、もしあなたがより効率的に大きく稼ぎたいと思うのであれば、やはりメールマガジンの活用を是非推奨したいと思います。


それこそ私の師匠のように1つのブログから「1日数百PVで月収200万円」といったレベルで稼ごうと思えば、“メディアの役割分担”が必須になってくるからです。


参考にして頂ければ幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ