Keiです。

今回は、ネットビジネスに取り組む上での“メンター”の見つけ方について、私なりの見解を示したいと思います。


メンターの意味を辞書で引くと、このように書いてあります。

優れた指導者。助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。

出典:デジタル大辞泉


もしあなたがこれからネットビジネスに取り組もうと考えていて、


・ネットビジネスなら簡単に稼げそう
・今の環境が嫌で、とにかく抜け出したい
・楽して自由気ままな人生を送りたい



と思っているなら、“メンター”を探した方が良いと思います。


ネットビジネス業界、特に情報商材を扱う業界においては、やたらと


「初心者でも楽して稼げます!」
「楽しい仲間と楽しい生活!」
「パソコン1台で仕事しながら世界一周!」



みたいに“誰でも楽して簡単に稼げます”的なイメージを初心者に植え付けようとする傾向があるんですが、夢を壊すようで申し訳ありませんが、そんな美味い話は存在しません。


結局はネットビジネスも、真面目にコツコツ作業ができる人だけが安定して長期的に稼げる世界です。


じゃあなんで情報商材を販売している情報起業家(インフォプレナー)がそんな風に初心者に対して「簡単に稼げるアピール」をしているのかというと、

「その方が情報商材が売りやすいから」

に他なりません。


言ってみれば、

「初心者に嘘ついて“簡単に稼げるアピール”をした方が、自分が儲かるから」

です。

A:堅実にコツコツ作業して半年で10万円稼ぎましょう!
B:コピペで簡単!3ヶ月で100万円稼ぐノウハウ!

こうして並べてみれば分かると思うんですが、こんな感じの情報商材AとBがあったとしたら、どちらが気になりますか?って話ですね。


これからネットビジネスに取り組もうと考えている人を大雑把に分類すれば、


1. 楽して簡単に稼げそうだから興味を持った人
2. ネットビジネスで稼ぐ必要性に迫られている人
3. 純粋にネットビジネスに“可能性”を感じている人



といった感じに分けられます。


ビジネス意識の高い人と低い人、稼ぐ必要性に迫られている人とそうでもない人って分け方です。


これらの内、あなたがもし「3」のタイプだったら、メンターは特に必要ありません。


あなたが思うままにネットビジネスに取り組んでいけば、遠からず自然と良い成果を生む事ができるはずです。


また「2」のタイプであっても、メンターの必要性はそれほど高くありません。


「ネットビジネスで稼げないと生活できない」
「家族を食わせる為にも稼がなければいけない」
「会社でサラリーマン生活を送るなんて死んでも嫌だ」



このように“本気”で切羽詰まっている人であれば、ちょっとした壁や失敗でネットビジネスに挫折するとは考えにくいからです。


しかし、もしもあなたが「1」のタイプに当てはまるなら、メンターの存在はほとんど“必須”と言っても良いと思います。


何故ならあなたが想像する以上に、ネットビジネスは“楽して簡単に稼げる”という実態からは程遠いからです。


「楽して簡単に稼げる」というセールスレターの甘言に乗せられて情報商材を購入すると、ほとんどの人は全く稼げずに終わります。


中には本当に“楽して簡単に稼げる”人もいますが、そんなのは“運が良いだけ”です。


「YouTube動画を投稿して1ヶ月で30万円稼げました!」
「ブログ運営3ヶ月で10万円稼げました!」



こんな風に、全くのネットビジネス初心者の状態から短期間で大きな結果を出す人も確かに存在します。


そこは私も否定しません。


が、そんなのは結局は“運が良いだけ”なのです。


“運”はたまに“センス”と言い換えられる事もありますが、誤解を恐れずに言えば

「初めて買った宝くじが大当たりました!」

と言っているのと大して変わりません。


宝くじを買うような人は、宝くじに当たった人を見て

「もしかしたら自分にも当たるかも・・・いや、当たる!」

と謎のポジティブさを発揮してしまうケースもありますが、言ってみればネットビジネスの世界もこれと似たようなものです。

(理論的な話をすると長くなるので割愛します)


ですので、楽して簡単に稼いでいる人を見て

「俺もこんな風に簡単に稼げるかも!」

と思ったところで、極めて高い確率で“そんな風”には稼げません。


また、

「俺はそんな甘い世界は存在しない事を知ってるぜ!
大量行動すれば稼げるんだろ!」


と考えている場合も同じようなものです。


結局は“稼げるノウハウ”を購入して稼ごうと思っても、

・自分の頭で考える
・小さな失敗と改善を繰り返す
・少しずつ成功する


というある種のビジネスに対する“堅実さ”と“誠実さ”を持たない限りは、悪賢い情報起業家たちの食い物にされて終わりです。


私のように「次こそは稼げるかも」って思いながら、何百万円も大切なお金をドブに捨てる羽目になりかねません。


というわけで、ここまで話をしてきて

「こんな夢の無い現実的な話を書いて誰が喜ぶんだ」

って私自身思ってますが、要するに“ネットビジネスだってちゃんとした1つのビジネスなんですよ”って事を言いたかったわけです。


ただ、そんな風に過大な夢を持たずに現実的な認識を持っていれば、自然と諦めずにネットビジネスに取り組む意識が生まれますので、それだけ成功の確率も高くなります。


しかし、残念ながら“意識的”には

「ネットビジネスだからって簡単に稼げるわけじゃない」

と思っていたとしても、“無意識的”な部分でそれまで抱いていたネットビジネスに対する認識を変えるのはそう簡単な話ではありません。

メンターは私たちの「無意識」を導いてくれる存在である


そこで、そんな人達(私も含めて)のネットビジネスに対する“甘えた認識”を本当の意味で改善する助けになってくれるのが、

「メンター」

です。


ようやくメンターの話に戻ってきました。


ネットビジネスにおけるメンターというと、

「ネットビジネスでの稼ぎ方を教えてくれる先生」

という認識を持っている人が多いとは思いますが、私自身はメンターを

「無意識的な思考パターンを変えてくれる存在」

という風に捉えています。


言ってみれば、メンターは私達の“無意識”を導いてくれる存在だという事です。


なんか宗教みたいで胡散臭い言い方ですが(笑)


ともあれ、だからこそメンターを選ぶ際にはあなた自身の目指す方向に合った“明確な基準”を持っておく必要があります。


特に最近では、

「トレンドアフィリエイトで稼ぐ方法を教えます!」

といった類のコンサルティング(?)も流行っています。


もちろんトレンドアフィリエイト自体が悪いわけではありませんが、その取り組み方によっては“努力の割に全く稼げない”とか、“短期的には稼げるけどすぐ稼げなくなる”といった可能性もあります。


参考:
>トレンドアフィリエイトを初心者にお勧めしない理由。


「すぐに稼げる」のと、「稼ぎ続けられる」というのは全く話が違いますので、その点は特に注意して頂ければと思います。

メンターを見つける際の4つのポイント


といったところで、私自身がメンターを選ぶ際の基準についてお伝えしたいと思います。


私がメンターを選ぶ際に特に意識しているポイントは以下の4点です。


1. 結果を出し続けている
2. 本質的である
3. 顔出しブランディングをしていない
4. ビジネスに真剣に取り組んでいる


1:結果を出し続けている


1つ目は言うまでもありませんが、現在進行形でビジネスにおいて結果を出し続けている、という点です。


「一時的には稼げてたんだけど、今じゃ全然稼げてない」

とか、

「以前はその手法で稼いでたんだけど、今はコンサルメインで稼いでる」


といった人は私はさほど信用していません。


その人が以前稼げていたのが事実だったとしても、「その時稼げていた手法が現在も通用するか?」が分からないからです。


例えばアフィリエイトの手法だったら、一昔前はブログを量産して、自分のサイトに自作自演リンクを大量に張る方法で上位表示できていましたが、現在ではその手法は通用しなくなっています。


しかし、一昔前にその方法で稼いでいた人が

「アフィリエイトで稼ぐ方法を教えます!」

と言ってその“現在では通用しない手法”を教えていたとしたら、まさに私達にとっては百害あって一利なしです。


ここまで極端な例はそれほどないとは思いますが、自分自身では稼げる方法を教えているつもりでも、その人が知らない内にそれが“稼げない手法”になっている事は十分にあり得ます。


ですから、メンター選びの1つの基準として

「現在進行形で“その方法”で結果を出し続けている」

という点は重視した方が良いと思います。

2:本質的である


また私は、メンターが教えてくれる内容が「本質的であるかどうか」も重要だと考えています。


簡単に言えば、

「その手法(考え方)はこれから先もずっと通用する方法ですか?」

という事ですね。


私は面倒くさい事が嫌いなので、なるべく余計な事は学びたくないと思っています。


アフィリエイトだったら例えばSEO(検索エンジン最適化)の話で、


・リンクの色はこうしたら良いよ
・テンプレートはこうカスタマイズしたら良いよ
・バナーのイメージはこうするのがベストだよ
・プラグインの設定はこうすべきだよ
・インデックスの設定はこうしたら良いよ
・SNSはこのサービスをこう利用すれば良いよ



といった事でしょうか。


確かにこういった内容も理解しておくと有利ですし、役立つ話ではあるんですが、これってアフィリエイトで稼ぐ上では決して“本質的な話”ではありません。


ブログを運営するんだったらブログを検索エンジン(Google)で上位表示させる必要があるんですが、結局は上位表示に必要な要素って

「ユーザーにとって役立つコンテンツを提供できるかどうか」

しかありません。


その他の要素はあくまでもこの事を補強するものであって、決して“メイン”ではあり得ないわけです。


SEOの技術的な話とか、今すぐ使えるテクニック的な話って聞いていて面白いしタメになるように思えるんですが、そっちばっかりに走ると結果を出し続ける事は難しくなると思います。


ビジネスの相手って結局は人間ですから、情報発信するにしてもブログをカスタマイズするにしても

「ネットの先にいる人」

に向けてやってるんだという意識を忘れてはいけません。


だからこそ、私としては

「ビジネスの相手は人間である」

というごく当たり前の事を意識した上で本質的な知識やノウハウを教えてくれる人をメンターとして選んだ方が良いと思っています。


短期的に稼ぐテクニックを教えてくれる人より成果を出すのに時間はかかるかもしれませんが、その方が最終的には良い結果をもたらしてくれるはずです。

3:顔出しブランディングをしていない


これは単なる私の好みです(笑)


“顔を出す事”自体が悪いと言っているわけではなく、“自分自身”でブランディングしている人は好きじゃないってだけです。


情報商材のセールスレターなんかでよくありますよね、なんかスーツ着て腕を組んでドヤ顔してる人。


あれは確かに自信を持っている事を一目でアピールできるので、ハロー効果でコピー(文章)の信頼性を高められる可能性はあるかもしれません。


が、実際には外見とかライフスタイルでブランディングされたところで、その人が信頼できる人かどうかは全くの別問題です。


南国のビーチでハンモックに揺られてエメラルドグリーンの海を眺めながらカクテル片手にノートパソコンのキーボードをカタカタやっていたとしても、そんな事は私には関係ありません。


「自分もそんな生活を送ってみたい!」


と思う人は確かに大勢いるでしょうが、冷静に考えればそういったブランディングでビジネスで結果を出されたところで、私としては“再現性”に非常に疑問が残ります。


ですので、私は“顔出しして自分自身をブランディングしている人”よりは、“名前なんて出してないけど結果だけはしっかり出している人”の方が好きですし、信用できると思っています。


要するにビジネスの場合(ビジネスに限らず?)、“外見”よりも“中身”が大事だという事です。

4:ビジネスに真剣に取り組んでいる


4つ目は「ビジネスに対して真剣に取り組んでいるかどうか」です。


例えばネットビジネスのコンサルティングをやっている人の中には、

「24時間365日いつでも相談を受け付けます!」

と言っている人もたまにいるんですが、それを見て私が思ったのは、


「自分だったらやりたくないな」


でした。


そもそも“楽して簡単に稼げる”世界を目指してネットビジネスに参入する人だったら、

「時間と場所に縛られたくない」

と思っている人も相当数いると思います。


それなのに、自ら自由な時間を削って「あなたの為に奉仕します」というスタンスでネットビジネスに取り組んでいる。


しかし、その一方でブログでは「時間と場所に縛られない自由な生活を送りましょう!」と謳ったりしているわけです。


ちなみに24時間365日相談を受け付けますって言っている人が、実際にそんな時間相談を受け付けているかというと・・・当然ですがそんな事は物理的に不可能です。


私はそんな謳い文句のコンサルを過去に受けた事がありますが、結局は「いつ返信があるのか分からない」という無用な心配を抱いていた覚えがあります。


どうせ嘘をつくなら、最初から正直に

「この時間からこの時間まではリアルタイムで相談を受け付けます。
でもそれ以外の時間は難しいです」


とか言ってくれていた方がよほど信頼できます。


・・・というわけでメンターを選ぶ際には、初心者にとって耳障りの良いリップサービスをするような人よりは「正直・誠実」な人を探すべきだと思います。


そういう意味では、

「楽して簡単に稼げます!」

という人よりは、

「稼ぐには努力が必要です!」

と言っている人を選んだ方が良い結果が得られるのではないかと思っています。


仮に“楽して簡単に稼げる”のが事実だったとしても、購入者の目線に立って

「あなたは“楽して簡単に稼ぎたい”と思っている人にお金を払いたいですか?」

という質問を考えれば、極めて微妙な気持ちになりますよね。


ビジネスは人に対して価値を提供して、その対価をお金という形で頂くわけですから、私だったらどうせなら真剣にビジネスに取り組んでいる人に対してお金を払いたいと考えます。


まあ今の私がこんな風に考えられるのも、以前はビジネスに対して甘い考えを持っていて数々の甘言に騙されてきたからではありますが(笑)

総括


以上、私がメンターを選ぶ際の4つのポイントとして、


1. 結果を出し続けている
2. 本質的である
3. 顔出しブランディングをしていない
4. ビジネスに真剣に取り組んでいる



について簡単に解説しました。


もちろんこれは“現在の私”がメンターを選ぶ際の基準ですので、必ずしも“現在のあなた”に当てはまるとは限りませんが、ある程度は参考になる考え方もあったのではないでしょうか。


もちろん冒頭にも述べたようにメンターの存在は“必須”というわけではありません。


しかし、メンターの助言があれば成功する為の“正しい方法”と“正しい思考”を極めて効率良く習得できますので、正しいメンターを選べさえすればあなたが成功するまでの期間を圧倒的に短縮する事ができるはずです。


というわけで、ここまでの話を聞いて

「メンターなんていらねーよめんどくせー」

と思ったのであればそれはそれで良いと思いますし、

「メンターやべーよ探してみよっかな」

と思ったのであれば、あなたの目指す方向性に合致したメンターを是非探してみてください。


以上、参考になれば幸いです。


ちなみに私のメンターに興味があれば、こちらを参考にしてみてください。

>Copyrighting Affiliate Program


Kei


>コンテンツ一覧へ