Keiです。

今回は“オプトインアフィリエイト”について、

「そもそもオプトインアフィリエイトとは何か」

といったごく基本的な内容から、その具体的なやり方および有効性について初心者の方向けに解説していきます。


もしあなたが

「オプトインアフィリエイトに興味を持っていて、その実践方法が気になっている」

という場合は是非参考にしてください。

「オプトインアフィリエイト」とは何か


“オプトイン(opt-in)”とは、

「ある特定の活動や団体などに参加・加入する事」

を意味します。


“opt-in”は日本語でも単に“オプトイン”と翻訳される事が多いようですが、「英辞郎 on the web」では以下のように説明されています。

企業などが個人情報を収集・利用しようとする場合、事前に本人の許可が必要であることを意味する。


ただしアフィリエイトの分野で“オプトイン”という言葉が使用される場合は、基本的には

「メールマガジンを送信する際に、事前に消費者に対して許可を得る事(またはその手続き)」

を意味する事が多いです。


例えば、“オプトインページ”は「メールマガジンの登録ページ」を意味しますし、“オプトインメール”は「オプトインした人に対して送信される電子メール」の事を意味します。


したがって、“オプトインアフィリエイト”とは、

「オプトインを利用したアフィリエイト」

の事を指し、更に具体的に言えば“オプトイン”および“アフィリエイト”の意味から判断できる通り、

「他者のメールマガジンに読者を登録させる事によって稼ぐ仕組み」

を意味する事になります。

オプトインアフィリエイトの仕組み


もう少し突っ込んでオプトインアフィリエイトの仕組みについて解説しましょう。


オプトインアフィリエイトは、先にもお話しした通り通常のアフィリエイトとは異なり、有料の商品やサービスではなく“無料のメールマガジン”を紹介する事によってアフィリエイト報酬を獲得するというビジネスモデルです。


“無料のメールマガジン”を紹介する事によってアフィリエイト報酬を得るという関係上、その報酬金額は有料の商品と比較すると少ない傾向にあり、「登録件数1件につき500円」とか「登録件数1件につき1000円」のように設定されます。


オプトインアフィリエイトでは、例えばあなたがあるメルマガを紹介した結果10人に登録してもらえたとすると、その成果報酬が500円であれば

10×500=5,000(円)

が収入として得られる事になります。


逆に“紹介(アフィリエイト)してもらう側”からすれば、1件500円の案件に対して10,000人が登録してくれたとすれば、

10,000×500=5,000,000(円)

をアフィリエイターに対して支払う必要があります。


1件1件は小さい金額でも、積み重なれば相当な金額になる事が分かりますね。


「無料のメルマガ登録に対して報酬を支払っていれば赤字になるんじゃないか」


と思う人もいるかもしれませんが、実際にはそのメールマガジンの中で自分の商品やサービスを販売していく形になりますので、その売上によって利益を確保していくわけです。


例えば先の10,000人が登録したメルマガの中で10万円の商品を100人に販売する事ができたとすれば、アフィリエイト報酬の支払いを含めた収益は

100,000×100-5,000,000=5,000,000(円)

となります。


つまり最終的には500万円の儲けが得られるわけですね。


したがって、商品販売者の立場からすると、メルマガで商品を販売する事によって利益を得られる見込みがあるのであれば、アフィリエイターにお金を支払ってでもリスト(メールアドレス)を集める事に大きなメリットがある事になります。


もちろんアフィリエイター側にとっては“無料のメルマガ”を紹介するだけでアフィリエイト報酬が獲得できますので、そちらにとってもメリットがあるわけです。


ですので、オプトインアフィリエイトはそんな“商品販売者”と“アフィリエイター”の双方にとってのメリットを活かした“稼ぐ仕組み”であると言えます。


さて、多くの場合、オプトインアフィリエイトを実践する上では

「アフィリエイトセンター」

を利用する事になります。


アフィリエイトセンターは“ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ”と似たようなもので、商品・サービスの販売者とアフィリエイターを直接繋ぐ役割を果たします。


参考:
>ASPの概要と仕組み:初心者にオススメのASP3選。


アフィリエイトセンターはASPと違って自分専用のものを構築する事ができる上に、ASPのように商品販売時の“手数料”を取られる事が無いというメリットが存在する事から、オプトインアフィリエイトのような低額案件を扱うには非常に都合が良いわけです。


例えばネットビジネスの世界では割と有名な川島和正さん。


彼は「川島和正アフィリエイトセンター」を独自に運営し、その中で自身のキャンペーン(宣伝活動)を展開しています。


>川島和正アフィリエイトセンター


具体的にはこんな感じですね。



上記の“アフィリエイトリンク”を経由してメルマガに登録してもらう事ができれば、その登録件数に応じて500円や800円といったアフィリエイト報酬を獲得する事ができます。

オプトインアフィリエイトのやり方


オプトインアフィリエイトを実際に始める際には、まずは“アフィリエイトセンター”に登録する必要があります。


アフィリエイトセンターは個人でも簡単に構築する事から多数存在しますので、

「実際にどのアフィリエイトセンターを選択するべきか」

はなかなか難しいところがありますが、「アフィリエイトセンター おすすめ」などのキーワードで検索してあなたなりに色々と探してみてください。


ただし、変なアフィリエイトセンターを選んでしまうと

「紹介したのにアフィリエイト報酬が支払われない」

という事にもなり兼ねませんので、ある程度は“運営実績のあるアフィリエイトセンター”を選んで登録する事をお勧めします。


アフィリエイトセンターに登録すれば後はやるべき事は簡単で、

「キャンペーンを紹介する為に集客を行い、アフィリエイトする(アフィリエイトリンクを踏ませる)」

だけです。


と言っても実際にはそこが一番難しい。


オプトインアフィリエイトの場合は“情報のリアルタイム性”が重要になる場合が多く、キャンペーンの開始時期に合わせてアフィリエイトしていくのが最も効率的かつ効果的な方法になってきます。


したがって、リアルタイム性に向いたメディアである“SNS(Twitterなど)”や“メールマガジン”が非常に有効になってきますので、Twitterならフォロワーを増やしたり、メルマガならメルマガ読者を集めていく必要があります。


メルマガの読者の集め方としては、

・リスト(メールアドレス)を購入する
・ウェブサイトを利用する
・無料レポートスタンドを利用する


などの方法が考えられますが、あなたが「資金を掛けずに読者を集めたい」と言うのであれば、結局は地道に少しずつ集めていくしかありません。


そもそも簡単にリストを集められるのなら、他でもない商品販売者がその方法を採っているはずですからね(笑)


「地道にやるなんて面倒くさい」という場合は、Twitterの自動ツールなどを利用するのが効果的になってくるでしょう。


放ったらかしでとりあえずフォロワーを集めておいて、必要に応じてアフィリエイトリンクをツイートする、といったイメージですね。


Twitterのツールを利用する場合は、例えばこちらのツールが個人的にはお勧めです。

>Twitter Brain-ツイッターブレイン-


(ただ、直後にお話するように私はオプトインアフィリエイトをお勧めしていませんので、どうせTwitterを活用するのなら、オプトインアフィリエイトではなく通常のアフィリエイトに活用した方が良いと思います)

オプトインアフィリエイトのデメリットと有効性


ここまでオプトインアフィリエイトの概要やその取り組み方についてご説明してきたわけですが、個人的にはオプトインアフィリエイトの実践は推奨しません。


オプトインアフィリエイトは無料の情報を紹介するだけで稼げる事から、一見すると初心者にとっても稼ぎやすいように思えるかもしれません。


しかし冷静に考えれば、例えば成果報酬が登録1件当たり500円だったとすると、10万円を稼ぐのに「200件」の紹介が必要になります。


20万円稼ごうと思えば「400件」、100万円を稼ごうと思えば「2000件」です。


通常のアフィリエイトであれば商品1つ当たりのアフィリエイト報酬が10,000円を超える事はザラにありますので、100万円を稼ぐのに100件の紹介だけで済むわけですが、このケースだとその“20倍”もの紹介数が必要になります。


いくら無料と有料という差があったとしても、正直この差を覆す事は容易ではありませんし、そもそも「他者のメルマガを紹介する事」そのものにもデメリットが存在します。


簡単に言えば、

・より実力のある販売者にリスト(見込み客)が流れてしまう
・紹介先の情報を100%把握するのが困難である


といったデメリットですね。


仮に一度はオプトインさせる事ができたとしても、その登録先のメルマガで“価値の無い情報”が提供されていたとすれば、それはあなたに対する信頼を喪失する結果に繋がります。


そして一度失った信頼を取り戻す事は極めて困難です。


「こいつが紹介する情報は何の役にも立たない」


と思われてしまえば、その時点でアウトです。


次に何か紹介したとしても完全に無視されるでしょうし、Twitterならブロックされ、メルマガなら登録解除される可能性も高いでしょう。


また、あなたよりも実力のある人にリスト(見込み客)が流れてしまえば、それこそ“あなたの発信する情報を見る必要が無くなる”可能性も十分にあり得るわけです。


したがって、私としては

・より実力のある販売者にリスト(見込み客)が流れてしまう
・紹介先の情報を100%把握するのが困難である


といった理由、および「そもそも安定的に収益を上げるのが難しい」といった理由からオプトインアフィリエイトの実践は決してお勧めしません。


確かに先にも挙げた通り、オプトインアフィリエイトは販売者とアフィリエイターの双方にとってメリットが存在しますが、踏み込んで考えれば「アフィリエイター側にとってはさほど利益が無い」とも判断できます。


ですので、アフィリエイトに取り組むつもりがあるのなら、私がブログでお伝えしているような「自身の販売力を高めて長期的かつ安定的に稼げる手法」に挑戦して頂ければと思います。


>コンテンツ一覧へ


以上、参考にして頂ければ幸いです。


Kei