Keiです。

今回は、

「お客さんの5パターン」

について解説したいと思います。


アフィリエイトに限らず、どんなビジネスを行う上でも意識しなければならないのが、

「見込み客を集める」

という事です。


まあ、そんな事は自分でビジネスをやっている人であれば当たり前の話だと思いますが、

「一見見込み客に見えるけど、実は見込み客じゃない人」

も実は大勢います。


そんな“見込み客じゃない人”に労力と時間を注ぎ込んでしまうと、「いくら働いても全然稼げない」という事にもなり兼ねません。


ですので、今回しっかりとその辺りを理解し、“見込み客だけ”にフォーカスを絞る事によって、より効果的にご自身のビジネスを発展させて頂ければと思います。

5種類の「お客さん」


ところで、私は当たり前のように“見込み客”という言葉を使っているわけですが、

「そもそも見込み客って何なんだ?」

という人もいるかと思いますので、まずは私が参考にしている“お客さん”のカテゴリ分類をシェアしたいと思います。


それがこちら。

<お客さんの5パターン>
1. 容疑者
2. 見込み客
3. お客様
4. リピーター
5. 推薦者


以下、それぞれについて簡単にご説明します。

1:容疑者

私が「一見見込み客に見えるけど、実は見込み客じゃない人」と言っているのが、この“容疑者”になります。


容疑者とは要するに、

「商品に興味を持っているフリをしている人」

の事を意味します。


容疑者は商品に興味を持っている“フリ”をしているだけで、実際に興味を持っているわけではないので、商品を購入してくれる事はありません。


ただし容疑者は無料サンプルや無料情報などには興味を持っているので、例えばテレビショッピングの無料サンプルを請求をしてみたり、情報商材だったら無料オファーにだけは申し込んでみたり・・・といった事はします。


商品を販売する側からしてみれば無料商品を提供するのはあくまでも“商品を購入してもらう為”ですので、容疑者の存在は非常に厄介です。


本当なら見込み客を集めているつもりだったのに、現実には“容疑者”ばかりを集めてしまっていたとしたら、それこそ「骨折り損のくたびれ儲け」になってしまいます。


ですので、何のビジネスを行っていく場合であっても、私たちは“容疑者”を意識的に排除していく必要があります。


その方法については後で触れますので、この段階では「そういうものなんだ」という事を覚えておいて頂ければOKです。

2:見込み客

見込み客とは、

「商品に興味を持っていて、購入してくれる見込みのある人」

を意味します。


容疑者との最大の違いは“商品を購入してくれる可能性があるかどうか”という点です。


繰り返しになりますが、私たちは容疑者を可能な限り排除し、意識的に見込み客を集客していく必要があります。


容疑者に対して“教育(信頼関係の構築)”を行っても何の効果も得られませんが、見込み客に対して効果的な教育を行えば、最終的には推薦者になってくれる可能性もあります。


いずれにしても見込み客を集めない限りはビジネスではなく“ボランティア”になってしまいますから、見込み客を集めないと何も始まりません。

3:お客様

“お客様”は、

「あなたから商品を1つでも買ってくれた人」

を意味します。


この段階のお客さんは、既に一度あなたから直接商品を購入してくれている事から、“信頼関係の構築が完了した状態”とも言えます。


要するに、非常に簡略化すると以下のようなイメージですね。

[見込み客]→(教育)→[お客様]

4:リピーター

リピーターは、その名の通り

「あなたから商品を2つ以上購入してくれた人」

の事を指します。


見込み客に対して粗悪な商品を販売した場合、一応“お客様”にはなってくれるものの、それ以降に別の商品を購入してくれる事はありません。


ですので、リピーターになってくれた人は、“お客様”の段階から更に一歩進んで、より強固な信頼関係が構築できた状態であると言えます。


この段階まで来れば、

「あなたの紹介してくれる商品なら何でも買います!」

という人も現れてきます。

5:推薦者

“推薦者”は、

「あなたの商品(もしくはあなた自身)を他の人にも勧めてくれる人」

を意味します。


「紹介してくれたらこんな良い事がありますよ!」


といった事をわざわざ言わなくても、見返りを求めずに勝手に口コミで周りに商品を紹介してくれる人、といったイメージです。


アフィリエイトで言うところの“アフィリエイター”もこの推薦者に近いところがありますが、

・商品のアフィリエイト報酬がある
・商品を購入しなくても紹介できる


といった点を考慮すると若干意味合いがズレるかもしれません。

(「商品の購入者限定でアフィリエイト報酬を設定します」といったタイプの商品の場合は“推薦者”に近くなりますね)

どの「お客さん」にフォーカスするべきか?


以上、5種類の「お客さん」について簡単に解説しました。


再掲しておきます。

<お客さんの5パターン>
1. 容疑者(無料商品だけ集める人)
2. 見込み客(商品を購入してくれる見込みのある人)
3. お客様(1つでも商品を買ってくれた人)
4. リピーター(2つ以上商品を買ってくれた人)
5. 推薦者(商品を他に人に紹介してくれる人)

で、この中で最もフォーカスするべきなのが、2番目の“見込み客”になります。


ビジネスをやっていると、お客様・リピーター・推薦者は「実際に商品を購入してくれている」事からそちらに意識を割きたくのが普通なんですが、新規の“見込み客”を意識的に集めない限りは利益は頭打ちになってしまいます。


いくら商品を購入してくれる人であっても、永遠にお金を払い続けてくれる事は無いからです。


また“お客様”以降の段階のお客さんは、潜在的な“見込み客”の数と比較すれば割合としては圧倒的に小さい事も想像できるかと思います。


ですので、獲得できる利益を最大化していく為には、

「まだ商品を買ってくれてはいないけど、買ってくれる可能性のある人」

を意識的に集めていく必要があるわけです。

どうやって「容疑者」を排除するか?


ただし、見込み客を集めているつもりでも、知らず知らずの内に全く商品を購入してくれる見込みのない“容疑者”を集めてしまっている場合もあります。


繰り返しになりますが、容疑者にいくら無料の情報や商品を提供しても全く利益になりません。


したがって、可能な限り容疑者を排除して“見込み客”だけを狙って集めていく必要があります。


じゃあどうやったらなるべく多くの容疑者を排除できるかって話なんですが、私としては

「自分の主義・主張を前面に出す」

という方法をお勧めしたいと思います。


この方法は

「容疑者の意見を否定する」

という事にも繋がってきますので、それによって「自分の求める見込み客」を集客できる確率を引き上げる事ができます。


ビジネスをやっている人であれば、大抵の場合

「嫌われたくない」
「なるべく多くの人を集客したい」


といった思いから、ついつい自分の主義・主張を抑えて“当たり障りのない意見”を言ってしまう事も多いと思います。


例えばネットビジネス系のノウハウを販売するのであれば、自分の主張としては「ネットビジネスには継続的な努力が必要」と考えているにも関わらず、

「この方法ならスキマ時間に作業すれば稼げますよ!」

と言ってみたり・・・といったケースが当てはまります。


こういったやり方も稼げない事も無いとは思うんですが、“当たり障りのない意見”は主張の一貫性がブレる可能性もあり、長期的に見ればデメリットも大きいと思います。


参考:
>コピーライティング講座:主張の一貫性。


ですので、こんな時は

「ネットビジネスで楽して簡単に稼ぐ方法なんてあり得ません。
本当に稼ぎたいと思うのなら、継続的な努力が絶対に必要になってきます」


といったように、自分の思っている事を正直に伝えていった方が良いです。


もちろんこうやって正直に主張する事に対して、

「正直に言ったら見込み客が減ってしまうんじゃないか」
「嫌われてしまうんじゃないか」


という不安を感じる事もあるかもしれませんが、人によってはむしろ逆に

「この人は正直だな」
「勇気があるな」


と感じてくれる可能性も十分あります。


したがって、当たり障りのない意見を言い続けるよりも、正直な主張をする事によって“あなたの意見に同意してくれる人”を増やす事ができます。


イメージとしてはこんな感じです。(数字は適当です)

<当たり障りのない意見を言う場合>
[否定派]:[中立派]:[肯定派]=2:6:2

<正直な意見を言う場合>
[否定派]:[中立派]:[肯定派]=4:2:4

[否定派]:あなたの意見に否定的な人。商品を買わない。
[中立派]:傍観者的な立場を取る人。容疑者。
[同意派]:あなたの意見に肯定的な人。見込み客。


ちょっと分かりにくいかもしれませんが、率直な意見を言う事によって結果的には「あなたの事を嫌う人」は確実に増えます。


しかしそれと同時に、「あなたの事を好きになってくれる人」も増え、“どっちつかず”の傍観者的な立場を取っていた人も“こちら側”に付いてくれる可能性が生まれてきます。


何も、容疑者を含めた「お客さん」の全員に好かれる必要はありません。


むしろ、容疑者に嫌われれば嫌われるほど逆にファンになってくれる人も増加して、それによって更に利益も上げる事ができるんだという事です。


だからと言って

「積極的に嫌われましょう!」

とは流石に言いませんが(笑)、あなたに譲れない主義・主張があるのであれば、それは積極的に表に出していくべきだと私は考えています。


というわけで以上、“5種類のお客さん”の概要および、容疑者を排除して見込み客を増やす方法について解説しました。


参考にして頂ければ幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ