Keiです。

「トレンドアフィリエイトは初心者にとって稼ぎやすいノウハウである」

と、巷ではよく言われています。


私自身、初めてまともな金額が稼げた手法はトレンドアフィリエイトですし、それまではグダグダと色々なノウハウに手を出しては失敗を繰り返してきた経験がありますので、

「トレンドアフィリエイトは稼ぎやすい」

というのは確かに事実だと思います。


ただ一方で、この言い方には“語弊”もあります。


より正確には、

「トレンドアフィリエイトは“楽して簡単に”稼ぎたい初心者向けのノウハウである」

と言った方が良いと思います。


確かにトレンドアフィリエイトは稼げますし、仮に初心者であっても始めたその日に報酬が発生する事も十分にあり得ます。


しかし、そんな“メリット”が存在する一方で、当然ながら“デメリット”も存在します。


今回の記事では、そんな“トレンドアフィリエイト”の実態について、私なりの見解を示していきたいと思います。


もしあなたが、

「これからトレンドアフィリエイトを始めようと思っている」
「トレンドアフィリエイトという手法に興味がある」


という場合は参考にして頂ければと思います。

トレンドアフィリエイトの仕組みと概要


まずは“トレンドアフィリエイト”という手法の概要を簡単に説明しておきます。

そこら中で解説されていますので、もしかしたらあなたもとっくにご存知かもしれませんが(笑)


トレンドアフィリエイトは数あるアフィリエイト手法の一種で、

「サイトへのアクセスの集め方」

に大きな特徴があります。


アフィリエイトは通常、大まかに言えば

1. ウェブサイトを構築する
2. ある商品に関連したキーワードで記事を書く
3. そのキーワードで上位表示させ、見込み客を集める
4. 集めた見込み客に記事内で商品を訴求する
5. サイトから商品が売れればアフィリエイト報酬を得られる


といった流れになっている事が多いです。


要するに、

「売りたい商品を決めて、それに関連したキーワードで見込み客を集める」

といった流れになっているわけです。


それに対してトレンドアフィリエイトの場合は、サイトを構築するまでは同じですが、

1. ウェブサイトを構築する
2. アクセスを集められるキーワードで記事を書く
3. そのキーワードで上位表示させ、アクセスを集める
4. 記事内で商品を訴求する
5. サイトから商品が売れればアフィリエイト報酬を得られる


という風に、

「売りたい商品は特に決めず、とにかく大量にアクセスを集められるキーワードで記事を書く」

というところに特徴があります。


“トレンド”は“流行”を意味しますので、トレンドアフィリエイトでは

「流行に沿ったキーワードで記事を作成する」

というのが基本的な流れになるわけです。


とにかくサイトに膨大なアクセスを集めて、その適当に集めたアクセスの中から何個か商品が売れればそれでOK。


通常のアフィリエイト手法のように「その商品を欲しいと思っている見込み客」を狙って集めるのはなく、「作成した記事に関連した商品を選んでアフィリエイトする」という事です。


だからこそ、サイトの訪問者に対して商品をアピールする必要性も薄く(見込み客を狙って集めていない為、成約率がそもそも低い)、商品を売り込む為の“文章力”も特に必要とされません。


更には“売れる商品”を特に選ぶ必要もなく、記事に関連した商品を適当に貼り付けておくだけで良いので、商品やテーマの選定に失敗するリスクも存在しません。


例えば「花粉症」が話題になれば花粉症に関連した記事を作成し、マスクなどのアフィリエイトリンクを適当に記事に貼り付ければいいですし、「台風」が話題になればその関連商品のリンクを記事に貼り付けるだけです。

「その商品が売れるかどうか」は気にしません。


通常のアフィリエイト手法の場合、“売れない商品”を選んでしまえば、頑張って記事を作成して上位表示させたとしても大して稼げません。


また、選定したキーワードが間違っていた場合でも、商品選定をミスった場合と同様に大して稼ぐ事ができません。


なので、通常のアフィリエイトの場合は、特に「売れる商品・キーワードかどうか」を的確に見極めるスキルが必要になってくるわけです。


以上から“トレンドアフィリエイト”は、

・文章力(コピーライティングのスキル)が不要
・アクセスさえ集められれば誰でも稼げる


といったところから「初心者向け」のノウハウと言われ、最近では特に初心者の間で流行っている傾向にあります。

(と言うか、ネット起業家がこぞって“初心者向け”と推奨しています)


ちなみに最近のトレンドアフィリエイトでは“そもそも商品選定すら行わない”事も多く、もはや“アフィリエイト”と呼んで良いのかどうか分からなくなってきています。


いわゆる“Googleアドセンス”を活用した手法です。


Googleアドセンスとは、

広告の内容は、コンテンツに連動したものかユーザーのGoogle検索履歴に関連した広告が自動的に配信される。

所有するコンテンツにコードを貼り付けると広告が表示され、それがクリックされると報酬が得られる仕組みとなっている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/Google_AdSense


という仕組みで、

「自分のブログに広告を貼り付けて、それがクリックされたら報酬が発生する」

というものです。


バラツキはありますが、私の経験上は大体「1クリック20~30円程度」、広告のクリック率は平均して「1%前後」になっています。


ですので、例えば広告1クリック当たり25円、クリック率1%と仮定すると、1ヶ月に10万円稼ぐのに必要な1日当たりのアクセス(PV:ページビュー)数は、

100000 ÷ 25 ÷ 0.01 ÷ 30 = 13333.333…

となります。(1ヶ月30日計算)


毎日「約1万3000PV」を稼ぐ事ができれば、月収10万円の世界です。


約2万6000PVで月収20万円。

約6万7000PVで月収50万円。

約13万3000PVで月収100万円。


トレンドアフィリエイトの世界では“月収10万円”という収益ラインがよく引き合いに出されますが、これは月収10万円が“大抵の人が現実的に達成可能なライン”だからだと思います。


このアクセス数を多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、まあ、トレンドアフィリエイトはこういう手法である、という事です。

私がトレンドアフィリエイトを推奨しない理由


というわけでトレンドアフィリエイトの概要についてご説明した上で、“私がそんなトレンドアフィリエイトを推奨しない理由”についてお伝えします。


先にも述べた通り、現在多くのブログで推奨されているトレンドアフィリエイト手法は、

「Googleアドセンスを活用したトレンドアフィリエイト」

であり、その性質上

「とにかくサイトにアクセスを集めれば稼ぐ事ができる」

という事は理解して頂けたのではないかと思います。


もはや商品をアフィリエイトする必要すら無いので、トレンド(流行)に乗ったキーワードで記事を書き、その記事に広告を貼り付けるだけで稼げる。

商品を売り込む文章力も不要で、商品を選定するスキルも不要。

必要なのは“アクセスを集めるキーワードを選定するスキル”のみ。


まさしく初心者に打ってつけの手法のように見えますし、トレンドアフィリエイトについてちょっと調べれば“成功者の事例”も大量に出てきます。


私自身もトレンドアフィリエイトで月収15万円程度まで稼いだ経験がありますので、やれば稼げるのは間違いありません。


※その頃のアクセス数の画像が残っていましたので、一応貼っておきます。


じゃあ私はそんなトレンドアフィリエイトを初心者に勧めたいか・・・というと、決して推奨したいとは思っていません。


その大きな理由は以下の3点。

・ある日突然収入を失うリスクがある
・本質的な“稼ぐスキル”が身に付かない
・面白くない


というわけで、それぞれについて具体的に解説していきます。

ある日突然収入を失うリスクがある


私がトレンドアフィリエイトを推奨しない最大の理由は、

「長期的に稼げない可能性が高いから」

というものです。


もちろん確実に長期的に稼げないというわけではありませんし、私自身“数年”に渡ってある程度の収益を獲得できています。


しかし、トレンドアフィリエイト実践者のほとんどは残念ながら、

「ある日突然収入を失うリスク」

を常に抱えています。


トレンドアフィリエイトで作成する記事は“トレンドに乗ったもの”に特化していますから、当然その記事内容は

「既に流れているニュース記事を流用したもの」

になってしまいます。


そして同時に、トレンドアフィリエイト自体の実践者も既に多数存在していますので、何か大きな話題になったニュースがあれば、複数の実践者が同じニュースに関する記事を投稿する可能性も高くなります。


そうなると、“似たような記事が検索結果に複数表示される”という結果が生まれてしまうわけです。


“似たような記事”は検索エンジンから“低品質なコンテンツ”とみなされる確率が高くなりますので、検索順位を下げられる確率も上がります。


1つの記事の検索順位が下げられるだけならまだマシですが、酷い場合では“サイト全体”の検索順位が下げられたり、検索結果からサイトそのものが除外される(ペナルティ)可能性もあります。


トレンドアフィリエイトを実践する際はその性質上、こういったリスクと常に闘っていく必要があるのです。


私が知っているケースでは、月収50万円を超えた次の月にペナルティを受け、あっという間に収入がゼロになった人もいました。

また、コツコツブログに記事を投稿し続けて、やっと月収10万円を達成したと思ったら、その次の月には収入がゼロになった人もいます。


トレンドアフィリエイトでペナルティを受けるリスクを減らそうと思えば“良質なコンテンツ”を作成するしかありませんが、それだとトレンドアフィリエイトをやる意味がありません。


結局のところ、効率的にアクセスだけを集めようと思えば“アクセスを集められそうなキーワード”で記事を量産するしかありませんし、記事を量産しようと思えば内容の薄い低品質な記事を作成せざるを得ません。


記事作成を“外注化”すれば、ある程度は記事の品質を向上させる事もできますが、外注は初心者向きではありません。


ですので、かえって文章力の低い初心者の方がペナルティを受けるリスクは高く、生き残った“運の良い実践者”が稼げている、というケースも実際多いと思います。

本質的な“稼ぐスキル”が身に付かない


「トレンドアフィリエイトで稼ぐ為に必要なスキルは何か」

と質問されれば、私は

「キーワード選定スキルである」

と答えます。


先の概要でもお伝えした通り、トレンドアフィリエイトにおいてはサイトにアクセスを集める事さえできれば稼ぐ事が可能です。

1日に約1万3000PVを獲得できれば、月収10万円を達成する事ができます。


最低限の“日本語の文章を書く能力”は必要ですが、そんなのは義務教育を受けていれば普通に身に付く能力です。


というわけで、トレンドアフィリエイトはアクセスを集められるキーワードを自分で探す事さえできれば稼ぐ事ができますので、

「キーワード選定スキル」

こそが最も重要になります。


逆に言えば、キーワード選定スキル以外のスキルはほとんど不要です。


という事はつまり、トレンドアフィリエイトを実践し続けても“キーワード選定スキルしか身に付かない”という事でもあります。


トレンドアフィリエイトは先にも解説した通り、長期的に稼ぐ事が困難なアフィリエイト手法(?)です。


毎日頑張ってキーワード選定をして記事を書くのは良いのですが、仮にペナルティを受けた後で一体何が残るのかというと、

「キーワード選定スキル」

が残るわけです。


つまりブログへアクセスを集める為のスキルは身に付くわけですが、残念ながらその程度しか身に付きません。


私は、ネットビジネスで長期的かつ安定的に稼ぐ為に“必須”のスキルを

「文章力(コピーライティングのスキル)」

だと考えています。


参考:
>アフィリエイト初心者に「必須」のビジネススキル。


コピーライティングスキルは身に付けば一生涯廃れない不変のスキルですし、極めれば非常に大きな“億単位”の金額を稼ぐ事も決して不可能ではありません。


今回の記事の中では詳細は割愛しますが、

「本質的な“稼ぐスキル”とは何か」

という質問に対する1つの答えとして、私は

「コピーライティングスキルである」

と考えているわけです。


そしてこのスキルは、初心者がトレンドアフィリエイトを淡々と実践していくだけでは決して向上させる事のできないスキルでもあります。


「文章を書くのは苦手だから・・・」

とトレンドアフィリエイトに“逃げる”人も多いですし、私もその一人だったわけですが、残念ながらそれでは多くの人が求める“理想の未来”を手に入れる事は一生できないと思います。


目先の利益に囚われず、“本質的なスキル”を身に付ける事が重要だという事です。

面白くない


多くの初心者がトレンドアフィリエイトで挫折する事になる大きな理由。


私はその理由を単純に、

「取り組んでいて面白くないから」

だと考えています。


面白くないからモチベーションが上がらない。

モチベーションが上がらないから、作業が継続できない。

だから稼げない、という事です。


トレンドアフィリエイトは先にも述べた通り、“キーワード選定”さえ上達すれば稼ぐ事ができます。

最低限の文章力(分かりやすい文章や、日本語の文法が正しい文章を書く能力)は必要ですが、それ以外には特に必要なスキルはありません。


ですので、様々なキーワードで記事を継続して書き続ける事さえできれば、月収10万円程度であれば稼げるようになります。


しかし現実には、月収10万円すら稼げずに途中で脱落する初心者が多数存在しています。


トレンドアフィリエイトでは“トレンドに乗ったキーワード”で記事を書かなければならない為、基本的には毎日継続的に記事を書き続ける必要があります。

記事の更新が途絶えてしまえばサイトへのアクセスは減少し、それに伴って収入も減少する事になります。

目安としては1日3記事、1記事当たり1000文字程度と言われる事が多いようですが、それだけの記事を休まず毎日書き続ける必要があるのです。


サイトの記事の上位表示には“記事の更新頻度”もある程度は関係してきますので、基本的には休めば休んだだけ収入は減少していく事になります。


トレンドアフィリエイトに特殊なスキルは何も必要ありませんが、とにかく継続して単純な作業を進める必要があるわけです。


期間的には月収10万円達成まで“3ヶ月”が目安とされていますが、普通にそれ以上の期間が掛かる人も大勢います。


・・・で、実際やってみれば分かるんですが、これが驚くほどつまらない。


私は主に“芸能人”関連の記事を作成していましたが、私自身は芸能人に何の興味もありませんし、そもそもテレビをほとんど見ませんので、毎日記事を書くのが苦痛でした。

芸能人のゴシップが好きな人なら楽しめるかもしれませんが、そもそも興味の無い人間にとっては何の面白味もありません。


トレンドアフィリエイトは“流行に乗ったキーワード”で記事を作成しますので、“実践者自身の興味・関心”は完全に無視します。


例えば「台風」「火山噴火」「地震」といった自然災害のニュース。

「芸能人の熱愛」「結婚」「離婚」といった人物関連のニュース。

あるいは事件や事故に関するニュースなど。(これは危険ですが)


こういったニュースに元々関心があって、こういうニュースを詳しく調べるのが好きな人にはトレンドアフィリエイトは非常に向いています。


が、大して興味が無い人は高い確率で途中で挫折する事になると思います。


私のブログは最終的に「1ヶ月に3記事程度の記事投稿」でもある程度のアクセスを維持できるようになりましたが、それでも記事の作成は苦痛でした。

「面白くないから」

です。


もしあなたがトレンドアフィリエイトを始めようと思っているなら、

「先に挙げたようなニュースに興味があるかどうか」

を1つの判断基準にしてみてください。


もし「大して興味が無い」というのであれば、トレンドアフィリエイトには手を付けない方が良いかもしれません。

私がトレンドアフィリエイトを推奨しない理由:総括


以上、

「トレンドアフィリエイトの概要」

および

「私がトレンドアフィリエイトを推奨しない理由」

についてお伝えしてきました。


私がトレンドアフィリエイトを推奨しない理由は

・ある日突然収入を失うリスクがある
・本質的な“稼ぐスキル”が身に付かない
・面白くない


といったシンプルなものですが、ネットビジネスで“長期的かつ安定的に稼ぐ”事を目指す上では致命的なデメリットでもあります。


確かに初心者にとっての“メリット”も存在するのですが、それはあくまでも“短期的な視点”で見た時の話であって、あなたの将来的な利益を考えればデメリットの方が上回る、と私は考えています。


それなら、最初から“長期的かつ効率的に稼げる手法”に取り組んだ方が良いのではないかと思うわけです。


そしてその為に、私は“コピーライティングのスキル”を学ぶべきだと考えています。


>アフィリエイト初心者に「必須」のビジネススキル。


コピーライティングを学んでいけば、トレンドアフィリエイトのように1日数万PVを集めなくても、1日わずか「数百PV」で月収100万円程度であれば十分に達成していく事も可能になります。


(実際私の師匠は1日当たり200~300PV程度で“月収200万円”を継続的に稼いでいます)


目先の利益を考えればトレンドアフィリエイトは確かに“楽に簡単に”稼げるかもしれませんが、もう少し長期的に見るだけで、それより遥かに“楽に簡単に”稼げる方法は存在します。


もちろんスキルを身に付ける為に努力は必要ですし、それなりに苦労する部分もありますが、そこには“やりがい”も存在します。


あなたがネットビジネスに本気で取り組むつもりなら、是非最初から“効率的”かつ“最善”の手法に挑戦して頂ければと思います。


というわけで以上、トレンドアフィリエイトに対する個人的な見解でした。


参考にして頂ければ幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ