Keiです。

今回は、WordPressのトップページに“固定ページ”を表示する方法について簡単に図解解説します。


例えば賢威を利用している場合、デフォルトの設定ではこのように“最新の投稿記事”が一覧表示されていますが、

固定ページを設定する事により、以下のようにサイトのトップページにアクセスした際に常に“同じ記事”が表示されるようになります。

こうする事によって、あなたのサイトに興味を持ってトップページにアクセスしてきてくれた人に対して

・このサイトはどんな目的で運営されているのか?
・このサイトではどんな情報を提供しているのか?


を確実に伝える事ができますので、ただ単に「最新の投稿」を表示するよりもサイトの訪問者に対して効果的に必要な情報を伝える事ができるようになります。


というわけで、早速固定ページの設定手順についてお伝えします。

1:トップページに表示する「固定ページ」を作成する


まず最初に、トップページに表示する固定ページを作成します。


WordPress管理画面の[固定ページ]→[新規追加]をクリックします。

そして次に、トップページで表示したい記事を作成します。ここでは、以下のような「読んでもらいたい記事をまとめたページ」を作成しました。

(実際のページは、当ブログのトップページにアクセスして頂ければ確認する事ができます)


2:固定ページの表示設定を行う


固定ページの作成ができれば、後はトップページの表示設定をするだけです。


メニューの[設定]→[表示設定]をクリックします。


後は、「フロントページの表示」の項目で「固定ページ」を選択し、フロントページに先ほど作成した固定ページを設定してから、「変更を保存」ボタンをクリックするだけです。

実際にトップページに設定した固定ページが表示されている事を確認してみてください。

補足:「投稿ページ」について


フロントページに設定した固定ページはトップページに表示されますが、その下にある「投稿ページ」は、“最新の投稿”のページを残す為に利用する事ができます。


まずは適当な名前で空白の固定ページを作成します。ここでは、記事タイトルを「最新の投稿」、本文は何も書かずに記事を作成しました。


そして次に、先の表示設定画面の“投稿ページ”に「最新の投稿」を設定し、変更を保存します。


こうする事によって、先ほど作成した空白の固定ページにアクセスした際に、以下のように「最新の投稿」の一覧が表示されるようになります。

>実際に作成した「最新の投稿」ページ


「固定ページ表示にしたいけど、最新の投稿ページも残しておきたい」

という場合などに活用してください。


以上、WordPressのトップページに“固定ページ”を表示する方法についての図解解説でした。


参考になれば幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ