【SONY】ソニー新型イヤホン「リンクバッズ エス(LinkBuds S)」について

【SONY】ソニー新型イヤホン「リンクバッズ エス(LinkBuds S)」について

ソニー イヤホン新モデル「リンクバッズ エス(WF-LS900N)」は、2月に発表され、6月3日から直販サイトや家電量販店で販売が開始された完全ワイヤレスイヤホンです。あの人気アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」のメンバーが「リンクバッズ エス」の機能を体験しているCMも話題ですよね!

では、さっそく「リンクバッズ エス」がどんな商品か、前モデルとの違いも見てみましょう!

「リンクバッズ エス」のパッケージ内容とデザイン

まずは本体から見ていきましょう。イヤホン本体と充電ケース、イヤーピース(SS・S・M・LLの4サイズ)、充電用USBケーブル、保証書がパッケージの内容となっています。カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・エクリュ(ベージュに近い色)の3色展開。タッチコントロール部分とステム部分をツートンカラーで分け、おしゃれなカラーリングになっています。

注目の本体デザインは、今回の「リンクバッズ エス」には穴がなく、形状的には通常の完全ワイヤレスイヤホンです。完全ワイヤレスイヤホンにも関わらず、穴のあいたリング型デザインを採用し、ヒットした前モデル「リンクバッズ(WF-L900)」ですが、リング型形状による音漏れや、「周囲が騒がしいと音が聴きづらい」といったデメリットがあり、音質的な部分の要望もあったそう。そこで、ユーザーに応えるために形状を普通に戻したのでしょうね。

ソニーの最新技術とノイズキャンセリング機能を採用!

新モデル「リンクバッズ エス」には、LDAC対応、ノイズキャンセリング機能や自然な外音取込機能が搭載されました。ここからは、そのソニー最新技術や機能を見てみましょう!

LDAC対応

「リンクバッズ エス」は、ソニー独自の高品質オーディオ伝送技術「LDAC」に対応する、世界最小かつ最軽量のノイズキャンセリング機能を搭載。「リンクバッズ」の片側でイヤーピース(M)を含めて片側で約4.8gと非常に軽く出来上がっています。専用アプリ「ヘッドホン接続(Headphones Connect)」で、ブルートゥース接続品質を「音質優先」に設定することでLDAC接続が可能となります。

ノイズキャンセリング機能

高品質モデルにも搭載されているソニー独自の内蔵プロセッサー「V1」を採用することで、ノイズキャンセリング機能はソニーの最上位機「WF-1000XM3」と同等の性能を発揮します。「リンクバッズ エス」のノイズキャンセリング性能は非常に強力で、そして左側のケースをタップすることでアンビエントモードを切り替えることができます。アプリでノイズキャンセリング性能もアンビエントモードもオフにすることができます。

アンビエント(外音取込)モード

「リンクバッズ エス」は、最近発表されたばかりのソニーのノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホン「WH1000XM5」と同様、アプリでアンビエントモードを20段階の設定ができます。最大取込量が20の場合、エアコンなどの空調風切り音が強調される傾向があるため、13〜15程度に設定しておいた方がいいかも知れませんね。「リンクバッズ エス」本体は、フェイスプレート部分のタッチコントロールで操作ができ、右側は再生、停止と音声サポート機能、左側はノイズキャンセリング機能とアンビエントモードを切り替えることができます。また、左側をタッチしたままでは「クイックアテンションモード」になり、その間だけ音量を下げ外音取り込みを行います。タッチコントロールに関しては、アプリケーションによって割り当てられた機能を変更することも可能です。

「リンクバッズ エス」の価格

ソニーの最新技術がギュッと詰まった完全ワイヤレスイヤホン「リンクバッズ エス」は、ソニーの直販サイトソニーストアで26,400 円(税込)、アマゾンで24,000円(税込)です。

「リンクバッズ エス(WF-LS900N)」の製品仕様

型式 密閉ダイナミック
ノイズキャンセリング 対応
質量 約4.8g x2
電池持続時間(連続通話時間) 最大3.5時間(NCオン) / 最大3.5時間(NCオフ)
Bluetooth Ver.5.2
ドライバーユニット 5mm
外音取り込み機能 あり
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大6時間(NCオン) / 最大9時間(NCオフ)
電池持続時間(待受時間) 最大8.5時間(NCオン) / 最大16時間(NCオフ)
対応コーデック SBC、AAC、LDAC
販売開始日 2022年6月3日

最後に

小型かつ軽量でありながら、ノイズキャンセリング機能とLDACも搭載されおり、静かに過ごしたい時も外の音が聴きたい時も「リンクバッズ エス」だけでOKの贅沢仕様ですね。あなたもソニーの「ながら聴きも、ハマり聴きも、思うがまま。」ハイレベルイヤホンを試してみてください!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me