タメになるYoutubeチャンネル!中田敦彦のYouTube大学

タメになるYoutubeチャンネル!中田敦彦のYouTube大学

2020年末で所属事務所を辞め独立したオリエンタルラジオの中田敦彦さん。ご存知の方も多いと思いますが、現在はYouTuberとして精力的に大活躍されています。YouTubeチャンネルはチャンネル登録者数が432万人を越える『中田敦彦のYouTube大学』を運営。2019年4月から現在では週に4回程動画を上げており、合計700本以上の動画を上げています。そんな中田さんのチャンネルには、興味深いものから、ためになるものまで、とんでもなく幅広いジャンルを取り扱っています。その種類ざっと世界から始まり、世界史、世界の宗教、日本、日本史歴、日本の宗教、中国、中国史、中国古典、世界の偉人伝、文学、絵本、神話、小説、

現代社会、人生、ビジネス書籍、哲学、

政治、お金と投資、コロナ、英語、サイエンス、芸術、アニメーション、マンガ、コミックス(私調べ)などを取り扱っています。

全動画の再生回数のランキング

ここでは全動画700以上の中から、再生回数の多い上位5位をご紹介しますね。どんなタイトルが見られているのか気になりますよね。

  • 第5位 独裁国家『北朝鮮』その驚きの歴史(2019年8月)
  • 第4位 エヴァンゲリオン (2021年1月)
  • 第3位 藤森慎吾が歌ってみたLEMON (2019年7月)
  • 第2位 宗教団体創価学会って何? (2019年11月)
  • 第1位 人は何者にでもなれる、いつからでも。(2020年7月)

こちらがトップ5です。皆さんの気になるタイトルはありますか?ちなみに1位は1,210万人以上の方に見られているんです。スゴいですね。

傾向としては、第5位と第2位については、テレビでは中々扱い辛い題材であるのは一目瞭然なんですが、何がタブーで何がタブーじゃないかという線引きは曖昧なものなので、テレビではタブーにしすぎている側面があるのではないかと中田さん本人は仰っていました。実際上位に入っているんですから、皆さんも知りたい事や気になる事だったということですね。5位の【独裁国家『北朝鮮』その驚きの歴史】は2部構成の②なんですが、①の【朝鮮半島の歴史と反日感情の理由】とセットで、私的にはとても興味深く見させていただきました。中田さんは芸人さんだけあって、お話が上手なんですよね。しかも面白い。学校生活で学んだ歴史などをを思いてみると、担当の先生には申し訳ないんですが、大量の暗記と眠くなる授業という記憶が思い出されてしまいます。もし、中田さんのような先生だったら、食い入るように授業に夢中になっていたかもしれないと思うほどに、内容がちゃんと入ってくるんですよね。その時代の流れと、その行先、そしてそのために時代がどう動いたかと言った感じで、まるで物語のように聞けてしまうのは、とても魅力的で、人気の理由の一つではないかと思います。

私がオススメする、YouTube大学動画

ここからは、私個人がコレ見て興味深かった、面白かったおすすめをご紹介します。

その1『世界を変えた感染症の歴史』(2020年3月)

ちょうどCOVID-19で世の中が混乱し始めた時に出ているこの感染症の歴史はとても興味深かったですね。COVID-19以前に起こった世界的パンデミックの時に世界がどのように動いたのかというアプローチで、「ペスト」「コレラ」「黄熱病」「天然痘」世界史を変えた感染症を、正しく恐れるための知識としてとても分かりやすく説明されています。岡田晴恵氏著書の『怖くて眠れなくなる感染症』という本が参考文献なんですが、この本自体も気になって思わず探してしまいました。

その2 エクストリーム現代社会『【コロナショック①】ウイルスとは何か?』(2020年4)

その1を受けてこの動画が出されたのですが、説明がとてもわかりやすいんです。ウイルスは生物か?というところから始まるんですが、例え話も面白く本当に面白いんです。参考文献は高田礼人氏、菅原正嗣氏著書の『ウイルスは悪者かお侍先生のウイルス学講座』と畠山昌則氏著書の『イラスト図解ウイルス・細菌・カビ』この2冊から中田さんは勉強されているんですが、本を読んだからと言ってわかりやすく説明ができるという訳ではない上に、自分の言葉に置き換えて、ユニークな例えを用いる事ができるのは、中田さん自信が、きちんとこの本を理解できているからでしょう。直接この本を読んだからと言って中田さんと同レベルの理解が得られるというわけでは必ずしもないので、スゴいなと思います。

その3 エクストリーム日本史『【古事記①】日本の神話が面白い~日本の成り立ちを知っていますか~』(2019年9月)

古事記を学んで途中で挫折してしまったことのある方、これ本当にオススメです。古事記がほとんどの人に読まれないことに、歴史が大きく関わっているってご存知でしたか?そんな疑問を解決し、わかりやすく説明してくれるんです。日本史という部分だけでなく、文学的なアプローチもあり3部作になっているんですが、あっという間に続きを見たくなること間違いなしだと思います。

まとめ

さて私イチオシの動画を3本上げてみましたが、気になるものはありましたか?例えこれに全く興味がなくとも、700本以上ある動画のうちのたった3本なので、皆さんの興味があるタイトルの動画もあるかもしれません!忙しさの中で、中々本を読む機会がなかったり、どの本を読んでいいのか迷ったりすることもありますが、中田さんのチャンネルであれば、なにかの傍ら聞くだけでも面白いという方も沢山いらっしゃいます。そんな声を受けて、最近では中田さんVOICYも初められましたね。声だけでもわかりやすいと言うのは、登録者さんたちのコメントでもわかるんですが、ホワイトボードをみっちり使っている図解なんかも面白かったりわかりやすかったりするので、現在勉強されている学生さんはノートやメモの取り方の参考になるかもしれませんね。またその動画もあるんですが、プレゼンの仕方が素晴らしいので、社会人の人達にもオススメです。中田さんの動画からは学べることが沢山あるので、ぜひ気になるタイトルを1本見ていただければ納得していただけるのではないでしょうか。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me