儲かりそうで儲からない投資

儲かりそうで儲からない投資

投資は大事だ、投資をしようとよく耳にしますが、投資はリターンが期待できる反面その分のリスクを背負わなくてはいけません。事前調査や投資分野の知識を付けることは、投資が投機になってしまわないためにも必要なことです。せっかく投資するなら、赤字が出ないものを選びたいですね。儲けを出すのが難しい投資についてお話していきます。

投資信託

株式の投資が注目されるなか、投資信託は儲かりそうで儲からない投資として挙げられます。第一の理由としては何かにつけて高額の手数料を請求されることです。販売手数料、信託報酬、信託財産留保額など手数料が盛り込まれているので、儲けを出すのは難しいと言えます。また、投資先も営業ですので、できるだけ手数料がかかり会社の利益となる商品を紹介してくるので、営業マンの話を鵜吞みにしないことが重要となります。

短期の株式投資

こちらも、なかなか儲けを出すのは難しい投資のひとつです。儲けを出すにはそれなりに情報収集や経験などが必要となります。インデックスファウンドなど、手数料が比較的安く取引できるローリスクローリターンなどが近年注目されていますが、短期間で大きな儲けを出すことは実は難しく、購入タイミングによっても大きく結果が変わってくるので、一度に多額の投資をして一攫千金を達成させるには相当なリスクを背負うこととなります。儲けを出し続けられるのはほんの一握りの著名投資家と言っても過言ではありません。

オンラインカジノ

ギャンブルの中でも還元率の高いと言われているカジノゲームは儲けが出やすいと言われています。確かに、パチンコや宝くじといったギャンブルよりかは儲かる確率ははるかに高いと言えます。特にバカラ カジノゲームでは還元率は95%あたりにもなり、オンラインスロット イベントなどで無料のスピンが貰えるなども受けるチャンスは増えますが、オンラインカジノ 税金がかかり、せっかくの儲けも税金によって減ってしまいます。

FX

FXで損をする人は約9割と言われているほど勝ち続けることは難しく損は増えていく仕組みであると言っても過言ではないようです。得をしても損をしても手数料がかかり、得をしても2割の税金が差し引かれるので利益は小さくなり、損はどんどん増えていきます。さらに、リスクを背負ってレバレッジをかけてロスカットなどになった場合は強制的に取引が終了となり損失が出てしまう可能性も十分あります。

まとめ

ここに挙げたものも、儲からないわけではありませんが、儲けをだすにはそれなりのスキル・経験・知識が必要となります。色々な投資先はありますが、せっかくの投資が水の泡とならないように投資先はよく検討したうえで選択できるとよいですね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me