Keiです。

アフィリエイト目的、あるいはその他のビジネス目的で「ブログ記事」を作成する際、通常は検索エンジンにおける「上位表示」を意識すると思います。


そこでアフィリエイト初心者が特に気にするのが、

「ブログ記事は何文字ぐらいを目安にすれば良いのか?」

という事。


私自身、以前はトレンドアフィリエイトに取り組んでいて「ブログ記事の量産」の必要性に迫られていたので、

「どれぐらいの文字数の記事を量産すれば、最も効率的に上位表示させていく事ができるだろうか」

と迷っていた経験があります。


そもそも「記事の文字数」を気にする時点で、

・可能な限り労力をかけずに記事を作成したい
・記事を量産する必要に迫られている


といった気持ちがそこにはあったわけで、あなたもそういった思いから“記事の文字数”を気にされているのではないかと思います。


そこで今回は、

「アフィリエイトにおける“記事の文字数”と上位表示の関連性」

と題して、今後あなたがアフィリエイトに取り組んでいく際の“1記事の文字数”とその文字数による検索エンジンにおける“上位表示”との関連性についてお話ししていきたいと思います。

アフィリエイトにおける「記事の文字数」について


アフィリエイトでブログ記事を作成していく際、最低何文字書くのが最適なのか。

これには人それぞれ違った答えがあると思います。


人によっては「1000文字以上」かもしれませんし、「2000文字以上」と答える人もいるかもしれません。

あるいは人によっては「800文字程度の記事を量産すれば良い」と答える場合もあるでしょう。


そもそも、何故「記事の文字数」を気にする必要があるのか。

表面的に捉えれば単純に「その方が上位表示されやすいから」という事になるわけですが、当然ながらこの事は「文字数さえ増やせば上位表示される」という事を意味しているわけでは決してありません。


記事の文字数さえ増やせば上位表示されるのなら、例えば「ああああああああ」のように無意味な文字列を延々書き連ねていくだけで良いわけですから。


つまり、単に文字数さえ増やせば上位表示されるという事ではなく、あくまでもGoogleの言う「良質(高品質)なコンテンツ」を作成していく必要があるわけです。


“良質なコンテンツ”を作成していければ、それによって“良質なサイト”を構築していく事ができ、それによってあなたのサイト(あるいはブログ)が検索エンジンで上位表示されるようになるからです。


では、“良質なサイト”とは一体何なのか。


Googleはウェブマスター向け公式ブログの中で、“良質なサイトを作るためのアドバイス”として、以下の項目を挙げています。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

・あなたはこのサイトにクレジットカード情報を安心して提供できるか?

・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

・コンテンツはきちんと品質管理されているか?

・この記事は物事の両面をとらえているか?

・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

・コンテンツが外注などにより量産されている

・多くのサイトにコンテンツが分散されている

・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

引用元:良質なサイトを作るためのアドバイス


このように多くの項目が挙げられているわけですが、この中に「記事の文字数」に関する項目があるかどうかを確認してみると、

「記事が短い、内容が薄い」

これぐらいしか書いてありません。


つまり、上記を見ても分かる通り“上位表示”という結果に対して“記事の文字数”が占める要素は全体のごく一部に過ぎず、結局のところ

「閲覧者にとって“価値のある”コンテンツかどうか」

がその結果を決定するという事です。


どれだけ記事の文字数が多くても、それが「ただ文字が書いてあるだけ」なら上位表示には何の貢献ももたらしません。


もちろん、

「文字数の多い記事を書いた方がユーザーのサイトの滞在時間が延びるから、上位表示される確率も上がる」

という意見もあると思いますが、それだって“ユーザーが最後まで読んでくれる記事内容になっている事”が前提条件です。


ユーザーがサイトを開いた瞬間に一目見てページを閉じてしまったり、記事の途中で「価値が無い」と判断してページを閉じてしまえば、いくら文字数の多い記事を書いたとしても“ユーザーの滞在時間”は延びませんし、結果としてその記事が上位表示される事も無いでしょう。


そうなれば、せっかくアフィリエイト目的で頑張って長い記事を書いたとしても、ブログへの集客が上手くいかず、高い収益を上げる事も困難になってしまいます。


よって、ただ単に“文字数の多い記事”を作成するのではなく、“ユーザーに読まれる記事”を意識して作成していく必要があるわけです。

「トレンドアフィリエイト」における記事の文字数


ここで、“記事の文字数”に関連して少し話題に上げておきます。


あなたは“トレンドアフィリエイト”というノウハウをご存知でしょうか。

これは簡単に言えば、

「時流に乗ったキーワードで記事を書き、ブログに膨大なアクセスを集めてアフィリエイトする」

というノウハウです。

(ただ最近では“アフィリエイト”というよりはGoogleアドセンスで収益を得る形がほとんどだと思いますので、“トレンドアドセンス”でも良い気がしますが)


トレンドアフィリエイトはそのノウハウの性格上、“記事の質”よりも“キーワード”の方が特に重視される傾向にあります。


これから話題になるキーワードで誰よりも早く記事を書く事さえできれば、その記事内容が薄かったとしても“上位表示”を狙う事ができるからです。


その為、とりわけ“トレンドアフィリエイト”を教えるブログでは「記事の内容」よりも「記事の文字数」を意識して指導している傾向にあります。

「上位表示する為には最低何文字書けば良いか?」

といった感じですね。

これは運営者によって方針は異なりますが、以前は「800文字」が多かったのが、最近では「1000文字」とか「1200文字」と指示されている事が多いように思います。


いずれにせよ“トレンドアフィリエイト”においては

「キーワード選定さえ上手くできれば大量のアクセスを集められる」

という側面がある為、記事内容よりも記事の文字数の方が重視される傾向にあるわけです。


もちろんこの手法はこの手法でアリだと思います。

トレンドアフィリエイトで扱うキーワードは基本的に“一時的にしか大きなアクセスが集められない”ものが多いので、時間をかけて質の高い記事を書いても無駄になってしまう場合が多いですからね。

話題になったニュースの記事をすぐに作成する為には、文字数を区切ってしまった方が効率的です。

なんなら、キーワードだけ自分で選定し、後は全部外注任せにしてしまった方がより効率も上がるでしょう。


しかし、この方法で記事を作成していても決して“良質なサイト”を構築できないのもまた事実です。

何故なら、恐らくそうやって作成した記事は先に挙げた「アドバイス」の中の、

・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

・コンテンツが外注などにより量産されている

・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?


こういった内容に引っかかってくる場合が多いと思うからです。


それ故、トレンドアフィリエイトは一時的に稼ぐ事こそできるかもしれませんが、“長期的に稼ぐ事が困難”というデメリットを抱えています。


私が実際に聞いた話でも、

「やっと月10万円稼げたと思ったら、ペナルティを受けて次の月にゼロになった」
「徐々に収益が増えて50万を超えたと思ったら、次の月にゼロになった」

といった、「ある日突然収入が無くなった」という経験談は多くあります。


こういった手法は一見すると

「少ない文字数で記事を量産すれば簡単に稼げる」

といった風に見えるかもしれませんが、実際は“低品質なコンテンツ”を作成する事によるリスクを常に抱えているという事です。


よって、あなたがアフィリエイトで長期的に安定して稼いでいきたいという場合は、“良質なコンテンツ”の作成が必要不可欠になってくるわけです。


(一応実体験から言っておくと、“良質なコンテンツ”を意識すれば、トレンドアフィリエイトであっても数年に渡って収益を上げ続ける事は可能です・・・が、お勧めはしません)

「上位表示」に対する「記事の文字数」の捉え方


というわけで、アフィリエイトに限らず、記事を作成していく際には“その文字数”よりも“コンテンツの質”を意識していく必要があります。


その際に意識するポイントは先の“良質なサイトを作るためのアドバイス”の通りですが、私自身が特に意識している点をいくつか挙げておきます。


・可能な限り客観的な意見を述べる
・主張に対して理由を述べる
・具体的なデータや統計などはできるだけ情報の出典を明確にする
・“物事の両面”を捉える



結局のところ、記事の文字数を特別意識しなくても、主張に対して理由を付け加えていったり、あるいは読み手への理解を促す為に必要な主張を繰り返す事などに注意すれば、記事の文字数は勝手に増えていきます。


つまりは、

「文字数を増やす為に無理やり記事を書く」

のではなく、

「良質なコンテンツを目指せば勝手に文字数が増える」

という事です。


もちろんその上で「最低2000文字以上」などは意識した方が良いかもしれませんが、あくまでも“文字数ありき”ではなく“記事の質ありき”で考えていく必要があるわけです。


あなたが現在アフィリエイトブログを運営されている、またはこれから運営しようと思っているのであれば、是非“良質なコンテンツ”を意識して“内容を妥協しない”事を心掛けて頂ければと思います。


「これだけ書いたんだから、面倒だしそろそろ記事を終わらせよう」

と考えるのではなく、

「まだ読者の為に書ける事は無いだろうか」

という風に考えていってみてください。


そうすれば自然と上位表示される記事も増え、“長期的に稼ぎ続けられるブログ”を自然と構築する事ができるはずです。


というわけで以上、参考になれば幸いです。


Kei


>コンテンツ一覧へ